« 壁に耳あり、耳に目あり | トップページ | スペルがややこしいぜ »

2005年6月 7日 (火)

ロディアNO.11が手になじむ理由

rohdia_with_hohner01写真はRHODIA NO.11と愛用のブルースハープHOHNER社「MARINE BAND」を並べて撮ったもの。

偶然気づいたのですが、RHODIAのNO.11と、このブルースハープって、まるで計ったようにぴったり同じサイズなのですね。
なるほど、こんなところにもRHODIA(NO.11)が手になじむ理由がありましたか。って強引ですか(笑)

ブルースハープという楽器は、自分の「息」を使って鳴らす。自分の「声」を使って演奏するボーカリストにとって、まるで歌の延長とも言える楽器のような気がする。さらに音の大小はもちろん、息の「方向」によってベンド(微妙に音程を変えて抑揚をつける技法)ができるのも、自分の「声」に近い存在に感じる。

RHODIAは楽器じゃないけれど、タフな作りと上質な紙が、ふと沸いてくる想いやアイデアを受け止めてくれる、僕にとって体の一部のような存在でもある。

ポケットにブルースハープだけを入れて旅をする。なんていうのは至極ロマンですが、もうひとつのポケットにはRHODIAを入れて行きたい。と思う今日この頃。

おっと危ない、ペンを忘れちゃいけねえぜ。ペンはこれまた計ったようにぴったりサイズのINOXCROMのShort roller gel ね。

|

« 壁に耳あり、耳に目あり | トップページ | スペルがややこしいぜ »

コメント

おはようございます。
luckymarimoと申します。

この組み合わせ最強ですね(笑)
>ROHDIAは楽器じゃないけれど、タフな作
 りと上質な紙~ 受け止めてくれる。
↑これ名言だと思います!

 ブルースハープと一緒のロディアも
カッコイイです。
 

投稿: luckymarimo | 2005年6月 8日 (水) 07:14

>これ名言だと思います!

ありがとうございます!じ、実は、書きながら思いつきました…(笑)

でもホントにロディアは「受け止めてくれる」って感じの信頼感ありますよね。

投稿: ミサイル | 2005年6月 8日 (水) 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/4464036

この記事へのトラックバック一覧です: ロディアNO.11が手になじむ理由:

« 壁に耳あり、耳に目あり | トップページ | スペルがややこしいぜ »