« と | トップページ | 織姫と牽牛 »

2005年7月 6日 (水)

ケータイ

あー失敗した。今、フリスクを食い終わるか食い終わんねーかの内に卵焼き食っちまったぜ。

卵焼きがフリスク味ってゆーか、フリスクが卵焼き味ってゆーか、つまりどっちも好きなのに、どっちも中途半端な味になっちまったぜ。

嘘。

だって「フリスクを食い終わるか食い終わんねーかの内に」なんだから、フリスクは9割方味わってるじゃん。卵焼きも2口目位から徐々にフリスク味が消えて、最後は純粋な卵焼きの味だったし。1口目だけの話だよ~ん。

というわけで、スーパーロックスターのミサイルです。こんばんは。

-----------------------------------------------------

【問1】 「ケータイ」という言葉が浸透した原因を書きなさい。

「ケータイ」って言葉、すごくない?携帯電話の「電話」の方を省略して「ケータイ」だもんね。

牛丼の「牛」を省略して「丼」って言っちゃったら何丼か解んねーよ!っつう話ですよ。

やっぱ、携帯しなかったものを携帯できるようにしたインパクトが大きかった証拠だよね。「携帯できる」っていう機能性が、そのまま代名詞になっちゃってるんだね。

携帯灰皿とか昔からあるし、携帯電話の影で実は色んな「携帯○○」が誕生してたのかも知れないけど「ケータイ」とは呼ばれないわけだな。

いや、インパクトだけでもダメなんだろうなあ。常に使うものじゃないと。メールという機能も付随して四六時中使うものだから、携帯電話って言葉を口にする回数も増えて、ケイタイデンワっていちいち言うのがめんどくさいし「ケータイ」っていう略語にしよーぜっていう気持ちに拍車がかかったっていうのも原因のひとつなんだろうね。

ポータブルヘッドホンステレオに最初に「ウォークマン」ってネーミングしたのがきっかけで、何でもかんでもウォークマンって呼んじゃう風潮があるけど、これも「ウォークマン」がバカ売れした証拠。いちいち「ポータブルヘッドホンステレオがさあ・・・」なんて話してたら日が暮れる。

「ウォークマン」ってネーミングが無きゃ「ポータ」なんて呼ばれてたかも知れない。「ポータブル」じゃちょっと長いんだな。皮膚感覚的に。その点「ケータイ」っていうのは短いくて言いやすいのも原因か。ということは、機能云々よりも「言い易さ」なのかも。

でも「携帯電話」っていうのは別に戦略的に付けられたネーミングじゃないから、まあ色んな偶然が重なって「ケータイ」って言葉が浸透したっつーことね。

---------------------------------------------------

答:偶然です。

|

« と | トップページ | 織姫と牽牛 »

コメント

フリスク+玉子焼き・・・  うそでも、ウッときて
しまいそう(笑)

それにしてもミサイルさんの着眼点はいつもするどいですね。

読んでいて楽しいです~

投稿: luckymarimo | 2005年7月 7日 (木) 07:26

フリスクと卵焼きって、まったく接点の無いあじですもんね(笑)

>着眼点はいつもするどいですね。

着眼点が「変」って言われなくてよかった(笑)
楽しんで頂けて嬉しいです!

投稿: ミサイル | 2005年7月 8日 (金) 00:22

今更のコメントです(^^;

「携帯電話」を持たない人間としては
「ケータイ」という言葉がどうも嫌いです。
もちろん、仕事中に「ケイタイに連絡ください」と言うメモを書くときには「ケイタイ」ですが、
(急いで書くので)
それでも「ケータイ」とは書きません。
どうして、「ケータイ」なのよ??
私の亡くなった祖母なんて
「ケータイ」って言ったら「携帯ラジオ」のこと
だったもんね(^^;
しかも、家の電話の子機が「ケータイ」だと思ってたし。。。


「ウォークマン」もそうですが、「サランラップ」もそうですよね(笑)
他に「化学調味料」」=「味の素」とか。
そういう「代名詞」に私もなりたい。。。(?)

投稿: 聖祥 | 2005年7月12日 (火) 12:41

聖祥さんはケータイを持たないんですね(驚)

確かに正確には「ケイタイ」ですよね。
「ケータイ」はもはや略語ではなく単独の意味を持った単語として成立してしまったのでしょうね。「ケイタイ」と書かれると何か違和感を感じてしまう(笑)

代名詞になりたいですよね。音楽の世界に「かに系ロック」とか「かに系バンド」なんて言葉が出来たら嬉しい(笑)

投稿: ミサイル | 2005年7月13日 (水) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/4861015

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ:

« と | トップページ | 織姫と牽牛 »