« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

LAMY vivo (ENERGY)

vivo01一服してデスクに戻ろうとすると、僕のデスクでエクちゃん(仮名)が何やらせっせと書いている。そしておもむろに僕の方を向いて、

「何これ、何これ?!」


と聞くのです。何これ?って、書類にハナクソでも付いていたのかと思って身構えた次の瞬間、

「すっげえ書きやすいじゃん、これ!」

と言いながら、自分の名前や僕の名前を(笑)交互に書きながら叫んでいるではありませんか(笑)

「何これ?」の「これ」の正体は、ハナクソではなく「LAMY vivo」でした。びっくりさせんなよエクちゃん(仮名)。

「これいくらするの?」と聞くので「ネットで買えば2000円しないっすよ」と教えてあげると、「こういうペンなら少しくらい金出しても惜しくないよなあ」とえらくお気に入りの様子。(ニヤリ)

あんまり興味津々なので、vivoが載ってるサイトを見せてあげると「この青とかすげーいいじゃん!」と「アズーレ」が気に入ったようだ。

「書き味もいいけど(胴軸の)太さとかもすごくいいじゃん」とほめまくり。

----------------------------------------

とまあ、文具に興味の無いエクちゃん(仮名)のハートも掴んでしまうvivoってどうよ?

確かにエクちゃん(仮名)の言うように、リフィルの滑らかさは言うまでもない。そして本体の太さも心地よい。そしてグリップが付いていないにも関わらず、すべりにくいところもいいじゃないですか。

ってゆーか、エクちゃん(仮名)の感想、的を得すぎ(笑)

---------------------------------------------

特徴的な、スイッチを思わせるノック部分。僕は個人的にノックし易いとは思わないが、形状よりも、ノック音が静かなところが僕は好き。

その優れた静けさは、存在感である。

なんて言ってみたりして。

----------------------------------------

「ヴィーヴォ」または「エナジー」と呼ばれているようだが、どちらが正式名称かはともかく、僕は「エナジー」と呼んでいる。

ノック音のしないボールペン。書き始めるまで物言わぬボールペン、なのだ。静けさの中に秘めた「エナジー」を感じさせてくれるのがかっこいい。

僕が選んだのはブラック。静けさを引き立てるにふさわしいカラーだと思う。

--------------------------------------------------

エクちゃん(仮名)はエナジーの他にも、tipoがかっこいいと言ってました。カラーはやっぱり「ブルー」(笑)

tipoのローラーボールなんて使っちゃった日には、完全にはまっちゃうよLAMYに!ってゆーか、

はまってくれ(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

煙草

自由になりたい
自由になりたい

っていうのが
口癖だったわけ

そしたら朝起きたら
翼がついてたわけ

そりゃもう嬉しくてね
飛びましたよ

ぐるぐる
ぐーるぐる


一服しようと思ったら
手が無いの

煙草も吸えないわけ


-------------------------------------------

【今日のかに言葉】

3F、エスカレーター売り場でございます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年8月26日 (金)

マジックカット

インスタントラーメンに入ってるスープの袋などでよく見かける「マジックカット

切り口はないのだが「こちら側のどこからでも切れます」と書かれていて、ホントにどこからでも切れるし、力も要らないというまさにマジックな加工法のことである。

ところが、

たまに切れない のである。

「こちら側のどこからでも切れます」と書かれているのだから、多分誰でも簡単に切れるのだろう。そうきっと、

世界中で俺以外のすべての人は。

子供もお年よりも「アハハハ」と幸せそうな笑みを浮かべながらカットしている平和な世の中で、

俺だけは切れないのだ。

そして俺は、

一生切れないまま死んで行くのだ。

俺をそんなに不安にさせて楽しいのかよ…。マジックカットさんよぉ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

目が離れている

昨日、こんな検索ワードで僕のブログにお越し頂いちゃった方がいます。

目が離れている

果たして彼(彼女)は何を求めていたのでろうか。彼(彼女)の求めていた「目が離れているナニか」とは一体何だったのだろうか。

しかも、彼(彼女)がたどりついた僕のエントリーは「着眼点

目の離れている人に「目の付どころが違いますね!」と言ってみよう!という失礼極まりない内容である。

彼(彼女)が正に「目の付どころが違う」人だったらどうすればよいのだ。

ああ、あなたはここで何を得て行ったのだろう。あるいは、

何を得て行かなかったのだろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

BUILD & DESTROY-ビッグポケット

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

----------------------------------------------------

【思いつき】

暑い日が続きますが、最近クールビズとやらの影響で上着を着てないビジネスマンが増えてきましたね。

涼しいのは良いのですが、上着がないと困ることがひとつあります。上着がないと大切な収納スペースである「ポケット」が不足してしまうわけです。シャツのポケットでは小さくて、タバコ、ライター、メモ帳なんかを入れるともういっぱい。

そこで、思いついたのがビッグポケットです。25cm x 15cmのビッグポケット付きのシャツがあったらどうですか!左右に2個つければもう無敵の収納力!

RHODIAはもちろん、MOLESKINEのラージサイズだって楽々収納。お気に入りのペンだって10本くらい収納できます。雨が降りそうな日は折り畳み傘も!ちまちまハンカチで汗を拭くのともおさらば。今日からビッグタオルが携帯できます!文庫本も入れましょうか。水分補給のためペットボトルのドリンクだって、ほらこのとおり。ケータイなんてセコイこと言わないで、家の電話機を入れちゃいましょう!

さあ、あなたもビッグポケットシャツで、上着とおさらばのクールな夏を!


【破壊】

重くて余計汗かくだろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

兵器

仕事帰りの電車の中、僕はつり革につかまりながら、

「つり革って、革じゃねえよなあ」

などと、いつものように妄想していると、背後でキャッキャとうるさい女子高生4人組の会話の中から突然、

「○※△@□◇♪ミサイル?」
「アハハやだぁ○※△@□◇♪」

という言葉が聞こえて来た。

え?ミサイルって俺?

(やっべ~、バレちゃったよ、スーパーロックバンドのミサイル・クーパーだって。上手くおさめないと車内パニックになっちゃうよなあ…なわけねーだろ。ミサイルなんていっぱい居るし・・・居ねーよ!…じゃあ、やっぱ俺か?…なんつって。でも一応さりげなく振り返って確認してみようか…さりげなくね、違ったらかっこわりーし)

という結論に達し、ものすごくさりげなく振り返ってみると、

誰もこっちを見てませんでした(笑)

そりゃそうだわな。ミサイルっていうのは兵器の方ね。なーんだ。
というわけで一句。


「背後から 兵器で爆笑 僕苦笑」


…ってゆーか、

女子高生4人の話題が「兵器」かよ!



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

BUILD & DESTROY-BLACK CROWS

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

----------------------------------------------------

【思いつき】

カラスにゴミを荒らされるの嫌ですよね。あれこれ工夫して「カラス避け」を作って置いたりするのですが、最近のカラスは頭が良くてその「カラス避け」も効かなくなってきました。

奴らにとって「カラス避け」があるということはむしろ「カラス避けがある=そこに餌がある」と逆に目印にされてしまっているのではないかと思います。

そこで、カラスにだけは見えない特殊素材を使って「カラスに見つからないカラス避け」を作れば、カラスは、

【破壊】

来るだろ。

【思いつき】

じゃ、100歩譲ってそれじゃカラスが来ちゃうとしましょう。ならば視点を変えましょう。

カラスは何故来るのですか?そう、ゴミがあるからですね。その原因を元から断つ画期的な方法があります。そうです、「ゴミ避け」を作るわけです。ゴミが出せなきゃカラスは来ないわけですから。このくらいの大胆な発想がないとカラス問題は解決できない。ね?

【破壊】

ね?じゃねーよ、ゾウリムシ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

重箱の隅-すっけ

「ミサイルさんって仙台出身ですっけ?」

ああ、そうですよ。宮城県出身ですよ。でも、ステージではミサイル・クーパー(Missile Cooper)でカナダ人ってことになってるから、ホントは日本人ってこと内緒ね。

っていう話は置いといて、

「すっけ」っておかしくね?

何か魚の名前みたいだし(そりゃほっけだろ)

--------------------------------------------------

いやとにかく、何かすごく違和感を感じるわけですよ。多分「出身仙台でしたっけ?」と聞かれればシックリ来るんじゃないかと思うのです。

でもそれもよくよく考えると変な気もするのです。「でしたっけ?」って過去形じゃん。僕は仙台出身「だった」んじゃなくて、今も昔も仙台出身なわけですから。

そう考えると「仙台出身ですっけ?」は、正に現在を言い表してるので文法的に正しいような気がする。

…やべえ、納得し始めてしまった。

違うのだ。「仙台出身でしたっけ?」というのは、この場合「過去形」というニュアンスではないのですよ。質問をした人は過去に僕が仙台出身だという事を知って、今それを再確認しているわけです。過去にそれを知ったという事実になので「でした」が来て、それに再確認の意味での質問形である「っけ?」がくっついて「でしたっけ?」なのですよ。

だから、確認のニュアンスを含む質問の場合「です」という現在形を使う方が変なのだ。

「っけ?」は過去の事実や過去に得た知識を再確認してるから過去形。「ですっけ?」は現在形と過去形が複合されて違和感があるのだ。

…って、何だかどーでもいいことを長々書いてる内に、最初は「ふんふん」と聞いていてくれた人たちが、ふと気付くとすっかり自分の生活に戻っていて、

もしかして俺、今ひとりで喋ってる?

って気がしてきた。冷てーじゃねーか、みんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BUILD & DESTROY-すべり台

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

----------------------------------------------------

【思いつき】

すべり台っていうのは昔からずっと、登って→すべって→登って→すべって、のワンパターンじゃないですか。たまには、すべって→登って→すべって→登って、と逆パターンにしてみると新しい世界が見えてくるのではないかと提案します。

【破壊】

じゃあ最初はどうやって登って、最後はどうやって降りるんだ?
本当にお前は馬鹿だし、本当に短足だな。

【思いつき】

…最初と最後だけは、まあ普通に登り降りするっつーことで、
つまりアレですよ、英語で言うとノーカウント。

【破壊】

じゃあ普通のすべり台と変んねーじゃねーか。

【思いつき】

いや待てよ、最初と最後でノーカウントが2つあるわけだから、正しくはノーカウンツかも知れないですね。カウントって、数えられない名詞でしたっけ?数えられる名詞でしたっけ?

【破壊】

そんなとこは重要じゃねーし、質問に答えろよ、ゾウリムシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

すべり台

すべり台で遊ぶだけで
目を輝かせて喜ぶ君

君がどんどん大人になって
すべり台で遊ぶのは
ちょっと恥ずかしくなっても
すべり台をみると
わくわくする気持ちを
忘れずにいてほしい

そのわくわくする気持ちを
いっぱいいっぱいためておいて
君に愛する子が生まれたら
その子と一緒にまた
思いっきりすべりなさい

きっと君は
その子の嬉しい気持ちを
誰よりもわかっている
素敵なママになっているんだろう

そして僕は
近くのベンチに座って
のんびりと
君たちを眺めていよう

君と一緒にすべった
すべり台と
君の近くで

suberidai01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

糸芋

murasakiimo01 今日、コンビニで買ったパンの名前は「紫芋」
やわらかいコッペパンに紫芋を使ったクリームがサンドされたいたってシンプルなもの。

このパンを見つけた時、僕にはこのパンの名前が「糸芋」に見えた。棚においてあった角度のせいで「紫」の「此」の部分が見えずに「糸芋」に見えた。ただそれだけのことだ。

パン生地の茶色を背景に描かれた、一筋の紫色の線。
「糸芋」とは、和菓子のように何と詫び寂びを感じさせる風流なネーミングなのだろうと、心を惹かれたのであった。

でも、見間違い。

------------------------------------------------

風流な見間違いをした夏の午後。そんな一瞬も悪くない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

EXCHANGE

暑くて猛烈にジュースが飲みたくて、自販機の前で財布を覗いたら1万円札しか無いって時、ありませんか。

金は持ってるのに、缶ジュースも買えねえ。

という、世の中の全ての不幸を一気に背負い込んだような不条理感に襲われる瞬間、ありますよね。

--------------------------------------------------------

近所の煙草の自販機が、これまたうんこ自販機で、いまだに新札が使えない。
千円札(新札)しか持ち合わせがない時は、まず横のジュースの自販機でジュースを買って、そのお釣りで煙草を買うという不条理。「+120円商法」かよ、コノヤロ。逆のパターンでジュースを買うために煙草を買わせる「+300円商法」だったら殺すところだ。

なんつって殺さない。どうせ煙草は吸うし。

---------------------------------------------------------

そう、必ず吸う煙草で両替するのはノープロブレムなのです。遅かれ早かれ買うわけだし、うっかり煙草を切らすリスクも回避できる。

ところが今日、困った場面に出くわしました。

とあるショッピングモールの喫煙所で煙草が無いことに気付き、自販機で買おうとしたら財布に1万円と5千円札しかない。

でもあわてる事はありません。煙草でも買って両替すればいいのだ。

ん?

煙草を買うために煙草を買って両替するというのは、免許を取りたいけど教習所は車じゃないと行けない所にあるから、免許取って車で教習所に通おうか、みたいに意味ねーじゃん。

と言ってもショッピングモールという所は、こんな時にさらっと何か買って両替できるような、コンビニとか無いわけです。・・・って、コンビニがありゃコンビニで煙草買えばいいんだけど(笑)

--------------------------------------------------------

というわけで、

RHODIA#11を、一冊。

ひょんな場面でまたもや「NO RHODIA , NO LIFE」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

水彩色鉛筆

suika01まったくもって、ブログでお見せするほどのクオリティではないのですが、水彩色鉛筆を買ったので、ちょっとためしに作品など。いやいや作品なんて言っちゃうのも、これまたこっぱずかしいんですけど。

しかし、ケータイの画像っつーのはダメですね。実際はRollbahnのきれいなクリーム色の紙なのに、これじゃ薄暗い部屋でホワイトボードかなんかに書いたみたいな写真だ(笑)

まあ、作品のクオリティがアレなので、このくらいの不鮮明さの方が助かりますけど(笑)

水彩色鉛筆っていうのは、極めれば深いんでしょうけど、とりあえず色鉛筆と水彩画の中間の微妙なニュアンスが楽しそうです。

って、それが水彩色鉛筆なんだよ。感想になってねーじゃん。

----------------------------------------------

まあ絵のほうは置いといて、「少し いい風が吹いてきた」っていうのは、ふといい風が吹いた夏のひとときの涼しさと、すいかで一休みしてまた頑張ろうかな、みたいなニュアンスをかけてみたりして。

で、その各行の頭の文字が「す」「い」「か」になってるという、

隠しオヤジギャグ も入れてみました。

----------------------------------------------

たまにはいいですね、上手い下手は別として、オヤジギャグも。

じゃなくて絵を書いてみるのも。

----------------------------------------------
【追記】

後日、この絵は切り取ってMOLESKINIEに貼りました。
出来はともかく、第一作として大切に。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

かにセット

kani_set01お陰さまで、かにクラブのオリジナル曲も全12曲となりました。僕はほぼ全曲の歌詞を担当しているのですが、思えば歌詞を書き込んだノートを一冊も所持していないことに、今更ながら気付きました。

まあ歌詞はバンドのサイトやCDの歌詞カードがあるので、見ようと思えば見れるのですが、サイトを見るためにはPCが必要だし、歌詞カードの文字は小さい。やはり程よい大きさの文字でいつでも一覧できるノートがあるほうがいいじゃん、というわけで遅ればせながら歌詞を書き込むためのノートを用意しました。

やっぱり歌詞というのは、ある意味自分の分身のようなものだったりするわけで大切に書き留めておくべきかなと。

というわけで用意したのがRollbahnのLサイズノートと、デルフォニクス製のクリアケース。カラーはどちらも「かに色」にしました。

あえてクリアケースに入れたのは理由があります。

ひとつはバンド用のバッグには色んなものが無造作に詰め込んであるので、大切な歌詞ノートを外敵から守るため。もうひとつは未完成の歌詞を書いた紙を一時的に入れておいたり、いつでも書き込みや修正ができるようにペンもいれておいたりする収納スペースとして。

ちなみに写真では赤いサファリを入れていますが、とりあえず撮影用にかっこつけました(笑)実際にはINOXCROM ショートローラージェルの黒&赤を携帯すると思います。

kani_set02ただ問題がひとつ。こうやってケースに収めると、あまりにも赤過ぎます(笑)

しかも、赤に赤っていうのは保護色になってしまうので、


ノートが入ってんのか、
入ってねーのか解んねーし。



ついでに、この中にカメレオン入れたら、赤くなるのか試してみたいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

とりあえずRollbahn

rollbahan02本当はMOLESKINEが欲しいのだけれど、何を書いたらいいのかわからない。仕事関係のことはシステム手帳があるし、仕事を含むすべての思いつきはRHODIAがカバーしてくれる。

そんな状態だから、このRollbahnも買ったのはいいがずっと使っていなかった。というわけで、MOLESKINEが欲しいというのが単なる物欲で言ってる自分が嫌なので、とりあえずRollbahnを使ってみることにした。自分にとって「ノート」が必要なのかどうかを見極めるために。

rollbahan03
先日、二子玉川の高島屋SCにある「エトランジェ ディ コスタリカ」に行って来た。「koziol」の文具および生活雑貨が目を引いた。STABILOのハイライトマーカー「BIG BOSS」が4本入ったセット。ケースがBIG BOSSの形をしていてクール。STAEDTLERのエルゴノソフト水彩色鉛筆12本入りが携帯しやすくデザインもいい…などなどをさっそくRollbahnに書き込んでみたら、あらま、あっという間に1ページ。


rollbahan04同じく高島屋にある伊東屋でペリカーノジュニア用に赤のカートリッジインクを買ったので、それをセットしたときの所感を書いたら、あらま、また1ページ。
その他、写真には無いが、夕食の蕎麦屋さんのことを書いたら、あらま、またまた1ページ。




その日は昼過ぎまでごろごろ寝ていて夕方近くから行動したのですが、こうして書き込んだ3ページを眺めると、何とも充実した1日のように思えるのである。ノートマジックだな、こりゃ。

今まで、買ったものや、行った場所をちょこちょこメモしてはいたが、そのときの想いをつらつらとちょっと多めにアウトプットしておくのは、なかなか良いものだと実感したのでした。

今回はたまたま日記のような感じになったけれど、週末の計画や、その他自由にアウトプットしておくフィールドとして、「ノート」というのは便利な存在なのかもしれない。なるほどね。

システム手帳じゃ、アイデアを書き込んでても、なんか固い感じがするんだよね。将来役立つ「DATA」じゃなきゃいけないような気がして。もちろん、それはそれでシステム手帳のいいところだけど。家にいても仕事の状況が解るし、すごく重宝している。

でも、ノートの頁が持っている、何ともいえない自由空間はたまらない気がする。何かすごく精神が解放されていい感じ。子供の頃に真っ白な画用紙を目の前にすると嬉しかった、あの感覚に近いのかもしれない。

と、いうわけで改めて自信を持って言いましょう。


モールスキンが欲しい。


Rollbahn(Lサイズ)も、かなり使い心地GOODなんだけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

迎え火

mukaebi01父が亡くなって2度目のお盆を迎える。今日は母の家に集まって家族で迎え火を炊いた。

精霊が迷わずに帰ってくる目印であるという迎え火。

父は、家族にとって大切な行事がある日には、当日家族が迷うことの無いように、いつも前もって徹底的に下調べをして準備万端にしていた人だった。

そんな父のことである。きっとお盆の何日も前から下準備をしていたに違いない。例えば当日が悪天候で深い霧がかかり、迎え火が見えなかったとしても、そんなことは想定範囲内。さまざまなケースを想定して、それでもちゃんと家族の元へたどり着くための下準備をしていたはずだ。

僕たちが火をともす時にはもう、近くで微笑んで見ていたのかもしれない。

「もう大丈夫だから消しなさい。危ないから」

そんな家族思いな小言が聞えてきそうな夜。そしてきっと家族の一番最後に、消火を確認してから部屋に入って来たのかもしれない。

折に触れ僕は、相も変わらず、父の大きさを目の当たりにするのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

教師になるしかねえか。

pelikano_jr01先日購入したPelikano juniorの赤。普段はラミーのサファリを愛用していますが、書く量が多い時や、スピードを要求される場面では、そのサラサラな書き味に助けられるので、最近はまずまずの出番があるようです。

前回も書きましたが、何と言ってもこのペリカーノはブラッディな赤が良いのです。見ちゃうのです、何度も。何かの変態みたいに何度も眺めちゃうのです。

もともとロイヤルブルーのカートリッジが入っていたのでそのまま使用していました。ブルーブラックの重厚な色に見慣れていた僕にとっては、ロイヤルブルーはいささかポップな気がして、綺麗だけど心惹かれるカラーとまでは思わないなあ、という感じでした。

やっぱブルーブラックにしようかなと思ったのですが、ちょっと待てよ、と頭をよぎった事が。赤インクの方が、ブラッディなボディをより引き立てるのではないか、と。
それに、

血みたいで、かっこいいんじゃねーの?

と、ロック魂が叫ぶので、赤インクにしてみることにしました。子供か、俺の発想は。

さっそくペリカンの赤インクを購入したのですが、箱を開けてちょっとがっかり。

この血、薄いじゃん(涙) だから、血じゃねえって。

そうなのだ、なーんか薄いのだ。血というよりも、

かき氷のイチゴシロップみてーな赤じゃん(涙)

でもまあ、ブラッディなレッドボディから目が覚めるようなロイヤルブルーの文字が繰り出されるよりは違和感ないかも。まあ良しとしましょうか。

------------------------------------------------

ところで、僕はめでたく赤インクをセットしましたが、ひとつ懸念があります。

赤なんて頻繁に使わねーだろ。

使うことはまあ使うけど、わざわざ万年筆にしなくてもいいかな、とも思う。会社にあるSARASAでいいかな、みたいな。タダだし。

せっかくだからいっぱい使いたいじゃないですか。でも日常の仕事の場面では、やっぱり黒と青の出番の方が多いんですよね。

赤をいっぱい使うと職業といえば、やっぱアレでしょうね、

教師。

テストの採点とか、はりきって赤ペン使っちゃうだろうな。花丸書いてみたり。花丸もらう生徒って嬉しいんだろうな。「やったー」なんて満面の笑顔見せられたりする瞬間「ああ、俺も教師になってよかったなあ」なんて思うのかもしれない。というわけで、

教師になります。そう来るかよ、馬鹿。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

MOLESKINE

やばい。すごくやばい。おととい位から、

猛烈にモールスキンが欲しい。

でも、

使い道が思いつかねえ。

って、とりあえず買えばいいじゃん、とも思うんだけど、何か嫌なのだ、持ってるだけのノートって。持ってるだけの消しゴムとかあるくせに、ノートは何か嫌なのだ。理由は解んないけど。

システム手帳があってRHODIAがあって、その上ノートは何に使えばいいんだろう?

--------------------------------------------------

みなさんブログのネタを書いたりもしてるようですね。ブログが流行している昨今、とても旬な使い方ですよね。しかし、僕のブログのエントリーは基本的に、

下書き無し。一発勝負。

なのですよ。仕事の事なんかは結構RHODIAには書き込むんですよ。歌詞なんかも書くかな。でも、ブログネタはほとんど書いたことが無い。

何となく「こんなこと書いてみようかなあ」と頭でテキトーに考えたら、テキトーに打ち込む。紙に書くんじゃなくていきなりパソコンに打ち込む。で、何となく起承転結っぽく書けたから、まあいいか、っていうスタイル。

よく言えば「俺のブログはライヴだぜ」と言えないことも無いけど、ちゃんと推敲して書いてる人に比べりゃクオリティが低いっすよ。取り組む姿勢がなってない(笑)

そんなこんなで、ノートを必要と思ったことが無いのですよ。でもね、やっぱり、

猛烈にモールスキンが欲しい。

猛烈の「も」と、モールスキンの「モ」が韻を踏んでていい感じ。偶然だけど。


いや、そうかも知れないけど、そんなこと言ってる場合じゃねーんだって。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

アルミニウム プラント

pilea01これは、学名:ピレア・カディエレイ(Pilea cadierei)というベトナム原産の観葉植物である。

実は僕は観葉植物フリークなんです。そのきっかけとなったのが、このピレアでした。本だったかネットで見かけたのですが、こいつは別名を「アルミニウム・プラント」と言うんですよ。植物のくせに金属の名前が付いてるんですよね。

そのミスマッチが何ともアートなインパクトがあって、さっそく現物を見に花屋を探索。そして対面したピレアは、一瞬にして僕のハートを掴んでしまったのでした。

pilea02名前は金属だけど、そこにあるのはみずみずしくしなやかな葉。つややかなグリーンに浮かぶマットな銀白色の模様は正にアルミニウムを彷彿させる。

神秘的ですよね、植物って。特に観葉植物が持つ色彩とかデザインは神秘的だと思う。

人が創り上げたアートでもなく、生命のある植物とは言えども、人間のように意図的に着飾った結果ではない美しさ。

これを最初に「アルミニウム・プラント」と表現した植物学者の感性にも尊いものがありますね。

例えその学者の風貌が、よれよれの白衣を着て、牛乳ビンの底みたいな眼鏡をかけてて、ハゲ頭で両脇に残った白髪が爆発してたとしてもですよ。

ミサイル君、それは植物学者じゃなくて


科学者だね。


やわらかな葉の美しさを楽しむ観葉植物。その中で、アルミニウムというちょっと異質な個性を持ったピレア。機会があったらぜひ見て触れてみてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

LAMY pico(どざえもん)

以前「LAMY pico」という記事を書いたところ、そのコメントの中に、「pico」をどざえもんにしてしまった方がいるとのタレコミ情報がありました。

確かに「pico」って、水に落としたら最後、鉄の塊と化して

猛スピードで海底まで
沈んでいくデザイン、だよな。

(それも一気にね)

---------------------------------------

そこで!

かにクラブLAMY製品開発部長、ミサイル・クーパーからのご提案。(部長1名、部員0名、注意)

「完全防水ピコ」を作ったら?って誰もが思いますよね。
そりゃ僕も、閃きましたが、却下しました。だってさ、

水没前提かよって思われるじゃん。

そんなに落としやすいのかよって、余計に不安にならないですか。

それに完全防水って、便器に落としたくらいなら効果を発揮するけど、海底に沈めちゃったりした日には、いくら防水で壊れないからって言っても、

海女さんじゃないと拾えねーから。

----------------------------------------

というわけで、開発部長ミサイル・クーパー(非公認)からの究極のご提案を2つ。これであなたも安心して「picoライフ」をエンジョイできるぜベイビー。

発表します。


水辺に持って行かねーよーに。
くれぐれも。


もしくは、


海女さんと一緒に行くよーに。
くれぐれも。


----------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

LAMY pico

Pico01

LAMY picoの本体とケースの写真。
「ケースの方が小さいのに、どうやって入ってたんだよ?」とか

「出したら最後、一生ケースに
戻せないんじゃねーの?」


とか「地下鉄ってどこから入れたんだよ?」とか疑問に思った人、その脳みそナイス。

そう、このpicoは、通常92mmというコンパクトな本体が、ワンノックでびよ~んと123mmに伸びて、理想の筆記サイズになるトリッキーな逸品。ちなみに世界特許取得。

これがトリッキーな仕掛けで奇をてらったものでないことは、実際手にしてみれば一目瞭然。携帯時のコンパクトさと、筆記時の程よいサイズ、その絶妙なさじ加減は、

正にプロの仕事。

これだからLAMYにハマるんだよなあ。

その秀逸な機能の詳細は、やまかつさんのサイトや、柊さんのサイトなどで堪能することが出来る。(自分で説明しないでおんぶにだっこ作戦)

----------------------------------------------

今日、遊びに来ていた母(マミーミサイル)にpicoを見せてみた。その時の会話。

※MC=ミサイル・クーパー、MM=マミー・ミサイル

MC:このペンなんだけどさあ、

MM:何だか失くしそうなペンだね

MC:こうやってノックすると、こうなるんだよね

MM:へえ~、どれどれ

と言ってpicoを興味深そうに何度かノッキングして一言。

MM:…失くしそうだね。

ポイントはそこなのかよ!ってゆーか、そう何度も言われると、

失くしそうな気になってくるじゃねーか。

そうか、失くさないように、常に伸ばした状態にしとけばいいんじゃん(世界特許キラー)

もしくは使わなきゃいいんじゃん(LAMYキラー)

-----------------------------------------------

嘘。普通に使いますって。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

BUILD & DESTROY-タコ

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

------------------------------------------------

【思いつき】

人に向かって「うるせえんだよ、このタコ」とかよく言うじゃないですか。これじゃタコのタコとしての立場が無いわけですよ。
そこで「タコのイメージアップキャンペーン」を開催すれば、タコは悪口じゃなくて誉め言葉に使われるようになるんじゃないかと。「いや~いい仕事したねえ、このタコ」ってな具合ですね。

【破壊】

またそんなくだらねえキャンペーン計画に油売ってんのか、タコ。

【思いつき】

ははは、その「タコ」もキャンペーンが成功すれば、もう使えないのだよ。Do you understand?

【破壊】

勝手に頑張ってくれ、ゾウリムシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

BUILD & DESTROY-もてもてミサイル

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

-------------------------------------------------
【思いつき】

例えば、僕が道歩いてて急に女の子に囲まれて「キャー!ミサイルさんですよね、ファンなんですぅ~、わ~写真で見るよりステキ~☆」なんて場面に遭遇したとしてですね、

【破壊】

ありえねーよ、ゾウリムシ。

【思いつき】

ははは、そりゃまあ「BUILD & DESTROY」ですから、破壊したいのは解りますけどね、

【破壊】

普通に考えて、ありえねーて言ってんだよ、ゾウリムシ。

【思いつき】

じゃあ、こうしましょうよ。僕がロックスターであるにも関わらず、街を歩いてて誰もミサイルだって気づかなかったとしましょう、まずありえねーけど。

【破壊】

それはありえるだろ、ゾウリムシ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

BUILD & DESTROY-140円ライター

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

-------------------------------------------------
【思いつき】

「100円ライター」という言葉はとても世の中に浸透していたのに、物価が変わって今や正確には「120円ライター」です。
ならば先見の目を持って、10年後に「140円ライター」に値上がりしていることを見越して、今はちょっと高く感じるかもしれないが「140円ライター」を販売してみてはどうか。

【破壊】

ああ、そうだな。確かに今ある120円ライターは140円になってるかもしれないが、おまえの作った140円ライターは160円ライターになってるだろーが、このすっとこどっこい。

【思いつき】

じゃあ今はアイデアをあっためておいて、10年後に120円ライターが140円ライターになった時、満を持してその「140円ライター」を発売すれば、

【破壊】

普通のライターだろ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

夏の釣り師

昨日は夏季休暇を取って、ギターのナイスと「かにクラブフィッシングクラブミーティングin河口湖」(語呂の悪さ最強)に行ってきました。狙う獲物は黒い相棒「ブラックバス」です。ってホントは黒くないんだな、ブラックバスって。

日焼け止めを塗ったのですが、手首より先の塗りが甘かったらしく、そこだけ嫌~な焼け方になってます。

ルアーフィッシングは、生命感の無いルアーに生命を吹き込む「アクション」を作るのが肝なので、基本的に「常に投げて巻き続ける釣り」です。つまりエサ釣りのように「竿置いといて日陰で一服すっかなあ」みたいな場面は無く、腕は常に太陽の下にさらされているわけです。

で、ルアーフィッシングの基本フォームの都合上「左手首側面内側」と「右手甲」だけが妙によく焼けるわけです。これをバス釣り業界では「バス焼け」と呼んでいます(嘘)

落ち着くまでの赤さってかっこ悪いんだよね。
僕は万年筆はサファリのイエローを愛用してますが、筆記時なんてヤバイですよ。サファリが黄色で、手の甲が赤で、甲以外が肌色で、自分でツッコんでしまいそうです。

俺の手は、チンドン屋かよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

BUILD & DESTROY-元気なお子さん

「BUILD & DESTROY」

これは何か思いついた事を、自らぶっ壊してしまった涙の記録。ぶっ壊された思いつきは陽の目を見ることなく抹殺される。そして世界は何事も無かったように回る。しかしそこに確かに存在していた「思いつき」たちを大切にしてあげたい。

-------------------------------------------------

【思いつき】

他人の赤ちゃんの感想を言うとき、これといってチャームポイントが無いので「元気なお子さんっすね」と言ってお茶を濁すテクニックも広く浸透してしまって、今や「元気なお子さんですね=チャームポイントが見つからねーんだもん」と言ってるみたいで使いづらくなってきました。

そこで「元気なお子さんですね」に代わる言葉をネットか何かで募集して、全国統一の新たな言葉を決める時期に来てるのではないかと。

【破壊】

ああ、募集したいならすれば良いが、新しい言葉が決定したと同時に「新しい言葉=チャームポイントが見つからねーんだもん」というのが浸透する。そしたらその時点でもう使えないだろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »