« 10,000ゲットはこの人! | トップページ | 赤とんぼ »

2005年9月28日 (水)

トイレット博士

コンビニやファーストフードのトイレって、片方が「男子用」もう片方が「男女兼用」ってパターン結構多いですよね。

つまり「男子用」の方は「小便器のみ」で「男女兼用」の方は普通の便器が設置してあるのですが、これってどうよ。

----------------------------------------
使用する男女組み合わせパターンを考えてみましょう。

■パターン1. 男子(小)&女子(小)
■パターン2. 男子(小)&女子(大)
■パターン3. 男子(小)&男子(小)
■パターン4. 男子(小)&男子(大)

男子だけがお得なシステムじゃん。

----------------------------------------

普通に男女兼用トイレを2つ設置すりゃいいのにね。小便器の方がコスト的に安いとか、そんな理由なんでしょうか。どっちも水道設備が必要だし、そんなに大差ないような気もするのですが。

----------------------------------------

でも、男子にお得なシステムだと手放しでは喜べない部分もあるんですよ。

新幹線もよく、この男女パターンが採用されてますよね。新幹線の男子用トイレは、丸いガラス窓がついてるんですよね。だから「使用中」か「空き」なのか外から一目でわかる。

窓を付けずに、普通にドアノブのとこにある小窓の色(青か赤)で識別することもできるけど、窓から人の頭が見えるほうが、そりゃ一発でわかるわな。

赤になってるのに開けようとして、開かないとノックする馬鹿野郎とか居るし。

さすがに頭が見えてりゃ、そういう馬鹿野郎にも一目瞭然。ってメリットも解ります。でもさあ、

用足してる後頭部見られるのって、何かかっこわりーじゃん。

しかも、

ちょっと下向いてる後頭部っていかにも「手元見てますよ」って感じでかっこわりーじゃん。

しかも、

ブルッって震えちゃったりしたら、すげーかっこわりーじゃん。

そんなナイーヴな男心を無視したシステムなのだ。

-----------------------------------------

なんつって。

そんな事全然気にしないで使ってるよ~ん。
暇だったから、もっともらしく考察しちゃったよ~ん。

-----------------------------------------

ってゆーか、高速道路のパーキングで、堂々と男子トイレに入ってきて、しかも平気で並ぶのやめれ、おばちゃんたち。

-----------------------------------------

|

« 10,000ゲットはこの人! | トップページ | 赤とんぼ »

コメント

男性用のトイレと女性用のトイレ、半々ではなく
女性用の方を多くする動きがあったんじゃなかったかなぁ。
1列に並んで待つのも、以前よりは定着した気が。

..と、今回はちょっと真面目に(?)レスしてみました。

投稿: | 2005年9月29日 (木) 01:28

■柊さん

>女性用の方を多くする動きがあったんじゃなかったかなぁ

体の構造的にも女性の方がトイレに行く頻度が男性より高いみたいですしね。
でも現実には追いついてないわけですね。

男性用の方にもベビーベッドや、乳児を座らせておける椅子がついてるところが増えてきて、そういう方面では進歩してるようですが・・・。

投稿: ミサイル | 2005年9月29日 (木) 02:51

>おばちゃんたち
そんなワイルドなおばちゃんいるんスか?(汗)
昔・友人が、
「もし中距離弾道ミサイルにおばちゃんギッシリ詰め込み、相手国にボンボン打ち込んで国内部から破壊活動させたら、相当ダメージ与えるんじゃねーか!?」
って言ってたことがありましたが、この分だとそのうち実戦配備されるな、こりゃ(苦笑)

投稿: U凪 | 2005年9月29日 (木) 23:56

■U凪さん

>そんなワイルドなおばちゃんいるんスか?

居る居る。連休の高速パーキングなんて絶対出現しますから!そんなおばちゃんの行列を背に、男たちの無防備な光景と言ったらもう…(涙)

>実戦配備

間違いなく威力あるよなあ…ってゆーか戦意喪失しそうだもん(笑)

投稿: ミサイル | 2005年9月30日 (金) 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/6164944

この記事へのトラックバック一覧です: トイレット博士:

« 10,000ゲットはこの人! | トップページ | 赤とんぼ »