« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

Good Bye 2005

もう今年も終わるので、しっとりと自己分析なんかしたりして。
ちょっと真面目に振り返って見たりして。振り返るとそこには、

君の笑顔があったりして。

あるいは無かったりして。

---------------------------------------

僕は根っからの負けず嫌いです(嘘)
何事も1番にならないと気がすまない性格なのです(嘘)

事実僕は、子供の頃から、心に決めたことはいつも1番という実績を残してきました(嘘)

他人からもう少し肩の力を抜いたら?とよく言われますが、とことん頑張らないと気が済まない性格は、多分一生治らないのでしょう
(苦笑)(嘘)(苦笑までしといて嘘かよ)

---------------------------------------

だって飛ぶ鳥を御覧なさい。
あんなに空の高いところに居るのに、

まだ空を見上げているでしょ?

それと同じこと。
僕もまた、鳥のように上を目指してしまうだけの事です(嘘)

----------------------------------------

というわけで、よくわかんねーけど

blogランキングはじめました。
(冷やし中華はじめました)

「かにブログ」を読んで、

ミサイル、ブラボー!

と思った人がバナーをポチッと押すと「Blog Ranking 」というサイトに登録した「かにブログ」のランキングが上がる仕組みらしいっすよ。

(ブラボー!じゃなくて「べらぼう」と思った人もクリック可)

----------------------------------------

登録する時の苦労談を。

ブログの紹介文を書かなきゃいけないんですよ。
これにはまいったね。すげーまいった。

上位にランクインしてたくさんの人に見てもらいたいわけじゃないですか。そのためには、読者の興味をそそる紹介文を書かなきゃいけないわけですよ。

つまり言い換えると、

自分で自分を、いかにもすごそうに書く、
つーことですよ。

人から良く書かれるのも恥ずかしいですけど、自分で自分を良く書く恥ずかしさったら、

拷問ですよ。

----------------------------------------

やがて上位にランクインしたときに、

ぷぷっミサイルの馬鹿、自分で自分の事、
こんな風に書いてやんの(爆)


って思われるのも拷問なので、先に言っときますよ。
笑うなよ、あきれんなよ、いいか。

僕は自分で自分のことを、

天才ミサイル・クーパーって書きました。
ああ、書きましたとも。


しかも、ブログの内容を「雑記」じゃなくて、

哲学って書きましたよ。
ああ、書きましたとも。



だって、天才って書けばさ、どんな天才なんだろうって興味持つ人も中には居ると思ったんだもん。天才の書く哲学だけど、名前がほら、ミサイル・クーパーじゃん。なんちゃって哲学っぽいじゃん。何か楽しそうじゃん。僕なりに考えたんだもん。だってしょ-がねーじゃん。何か書かなきゃいけなかったんだもん。書かないと登録できねーんだもん。何だよ、みんな寄ってたかってさ。馬鹿にすんなよ。俺、剣道4級だぞ。

----------------------------------------

というわけで、2006年は、

みんなで力を合わせて「かにブログ」を
ランキング1位にしようぜベイビー。


そして有名人になったミサイル・クーパーを、

「こいつね、俺の知り合い」
って自慢しようぜベイビー。


----------------------------------------

そうそう。
ただランクアップするのも芸がないですよね。

上位にランキングされるということは、僕の発言も多少なりとも影響力を持っちゃったりするわけですし。

今から色々考えとかないと(あー忙しい、忙しい)


「馬鹿ミサイルさん、かにブログが近い将来上位にランキングされたら、ミサイルさんとしては、世界に向けて何か新しい展開などお考えですか?」


いや、別に。

----------------------------------------

今年4月から始めたブログですが、たくさんの方々にごらん頂いたこと、心から感謝しています。どうもありがとうございました。

来年も「かにクラブ」「かにブログ」「馬鹿ミサイル」をよろしくお願いいたします。

敬具(間違った使用法、注意)

-----------------------------------------

楽しかったぜサンキュー、2005年!
来年もまたよろしく頼むぜ、2005年!

(無理なお願い、注意)


banner_02 ←みんなの夢を乗せた、こいつをクリックね。

-----------------------------------------

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

喧嘩菓子

世の中、喧嘩菓子が多いっすね。

スーパーやコンビニに行ったら注意して見てみてください。
結構多いですよ、喧嘩菓子。

お菓子だけじゃないですね、今日スーパーに行ったら

喧嘩ドリップコーヒーもありましたよ。

----------------------------------------

喧嘩菓子って何だよって?

そうでした、そうでした。

喧嘩菓子っていうのは、つまりアレですよ。ほら、
3個入りとか5個入りのお菓子って、ふたりで食べると

最後、1個余るじゃん。

その1個をどっちが食べるか?

そりゃもう血で血を洗う喧嘩になるのは、避けて通れませんね。

だから「喧嘩菓子」

----------------------------------------

仲の良い友達(フレンド)と、甘くとろけるスイーツを楽しく食べていたのに、最後の1個になると、場面は一転してバイオレンス。友情を取るか食を取るか、

残酷なまでの二者択一。

でも、もう大丈夫。
今まで喧嘩菓子に悩まされていたみなさん、安心してください。
僕はとうとう発明しましたよ。

喧嘩菓子を買っても喧嘩にならない
画期的な方法を。

今日からは、安心して喧嘩菓子を買ってください!

---------------------------------------

それでは問題です。(クイズ形式かよ)

【問い】

友達(フレンド)とふたりで、3個入りの喧嘩菓子(喧嘩アイスや喧嘩パンでも可)を買ったとしましょう。

あなたなら、どうやってバイオレンスを回避しますか?
はい、Aさん。


解答者A : えーと、3人で食べる?
(やめろよ、疑問形)


なるほど、それもいい考えですね。
でももう一人友達を呼んでこなくてはいけないという手間がかかりますね~。

僕の発明は、まったく手間がかかりませんよ。
皆さんはただ喧嘩菓子を買うだけです。

さあ、他に答えはありませんか?  

…はい、残念。時間切れです。

---------------------------------------




【正解】

食べない。

---------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

浅草雷門

仕事帰りにちょっとリフレッシュしようと思ってフリスク(ペパーミント)を口にしたら

口が寒くて凍死するかと思いました。

この季節、一回に口にするフリスク(ペパーミント)の分量には細心の注意を払うことをおすすめするミサイル・クーパーです。こんばんは。

-----------------------------------------

場所を説明する時に、テーブルの上にあるモノを使って説明する人いますよね。でも解りやすくモノを使ってくれるのはいいのですが、

ある程度のセンスが必要ですから。

-----------------------------------------

「例えばさあ、ここが浅草の駅だとするじゃん」

と言いながら、手にしてるのが

割り箸(縦方向)

うん、ここが浅草の駅ね、って思いたいけど思えねーっつーの。
駅の代わりに持ってるのが割り箸っすよ。

しかも縦方向。
駅っつーか、タワーだろ。

ってなもんです。

仮に横方向に使ったとしても、その駅、長過ぎだし。

-----------------------------------------

そんなにリアルじゃなくていいけど、せめて駅は「箸置き」なんかを使って頂いた方がイマジネーションがわくってもんです。

「で、ここに雷門があるじゃん?」

と言いながら、雷門を説明するためのものを探す彼の手が…

おしぼりかよ(未開封)(細長ぇーよ)

100歩譲って、丸みを帯びている点で、さっきの割り箸よりはイマジネーションが進化していると認めましょうか、認めましょう。

でも、雷門にしてはちょっと細すぎたんだよなあ。いや~惜しい。
実に惜しかった。もう一歩だったのに。

だってほら、君のその手の横にあったじゃん、おあつらえの向きのが。

湯のみ。

この次、雷門の話をする時までに頑張ろーね。
-----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

木について。

春。

木は花を咲かせて僕らを呼ぶ。
花を見上げる僕らは自然と胸を張っているのだ。

夏。

木は青々とした葉を茂らせ、僕らに木陰を作ってくれる。
一休みした僕らはまた頑張れるのだ。

秋。

木は風に葉を舞わせ、僕らの足元に来て話しかける。
木の葉と歩く僕らの足取りは軽やかなのだ。

冬。

木は葉を隠し、僕らに光を届けてくれる。
木の優しさを浴びた僕らは、優しい気持ちで春を待つのだ。


そしてまた
優しい気持ちによく似た
春が訪れる

きっと木は、僕らのためにそこにあるのだろう。

----------------------------------------

木、最高。

----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

MOLESKINE-モレスキン その2

凶悪犯 : この女の命が惜しかったら、モールスキンの事を
       モレスキンって呼んでみろ、オラ!

ミサイル : …。

凶悪犯 : さっさと言いやがれ!女が殺されてもいいのか!

ミサイル : …。


そんなに言いたくねーのかよ。


言いたくねーよ、だってモレスキンだぜ、モレスキン。
あー嫌な響き。何回聞いても。言っても聞いても。
ホントは嫌なのに周りに合わせて言ってる人居るだろ。
居るよ絶対。

----------------------------------------

【俺はモレスキンって言わねーぜベイビー劇場:脅迫編】 完

参考リンク:MOLESKINE-モレスキン

----------------------------------------

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

空を飛べるひと

ネットで、ある女性の日記を読みました。

多分この人は、空を飛べます。

-----------------------------------------

その日記の内容というのは『もし水の中で息ができたら何がしたいか?』という事について書かれているのですが、彼女の答えはふたつあります。ひとつは、

昆布の林の中を漂いながら、
昆布にかじりつきたい。

そしてもうひとつ、

弾丸のように海中をひた走るマグロに
抱きついて、赤身の部分をガブッという
のもやりたい。

------------------------------------------

ここで、質問です。

あなたはこんな彼女に、どうリアクション
しますか?あるいはどんなツッコミを入れ
ますか?

-------------------------------------------

まずは昆布。

■昆布だけ食っても旨くねーだろ!

■わざわざ海底まで行って食うほどのものかよ!

そしてマグロ。

■そんなに早く泳げねーだろ!

■おめーの歯は鋼鉄か!

と言ったところでしょうか。そして昆布とマグロに対する共通のツッコミとして、

■その前に溺れるだろ!

と言う感じですね、多分。

------------------------------------------

なるほど、解りました。ありがとうございます。
それでは、そんな皆さんにミサイル・クーパーから一言。

悪いけど君たち、
そんなことじゃ、空飛べない。

------------------------------------------

いいかい、エブリバディ。
最初の質問をもう一度よく思い出して欲しい。

『もし水の中で息ができたら何がしたいか?』

ですよ。何がしたいか?って以前に、水の中で息をするって段階で、

いきなりもう無理だから。

しかし彼女はその無理な質問に、ごく普通に答えているんですよ。

頼んでねーのに、ふたつも。

彼女はもう、

普通に海の中で息してますから。

普通に息できちゃってるもんだから、発想が子供並みに柔軟に飛躍する。

どーせ昆布食うなら海底から直に食っちゃえ。
どーせマグロ食うなら抱きついて泳ぎながら食っちゃえ。
きっと美味しいし楽しいよ~♪

って感じなのだろう。

-------------------------------------------

僕たち人間は空を飛べません。それが悲しいかな事実です。
悲しいかな、と書きましたが、本当は悲しいとも思ってません。

飛べないのが当然だと思ってるから。

空を飛べたら何がしたい?そんな質問に真剣に考えることも、大人になるにつれてどんどん減ってきたような気がします。

飛べないのが当然と知ってしまったから。

--------------------------------------------

海底で昆布にかぶりつきたい彼女は、空でも何かしたいことがあるのかも知れない。

例えば雲の上で昼寝がしたい。そんな他愛ないことでも、

大切なのは、それを思うか思わないか。

なんだと思う。

もしミラクルが起こって、神様が何人かだけに羽をつけてくれるとしたら、選ばれた人たちの中に、きっと彼女は居るのだろう。

ごく、普通にね。

---------------------------------------------

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

小さな薬指の物語

メリークリスマスですか。
(中途半端な挨拶、注意)

クリスマスと言えばやっぱり「薬指」だよね。
今夜はミサイル・クーパー(脳みそがサンタクロース)から、
とっておきのクリスマスプレゼントだよ♪

----------------------------------------

『薬指』-5本の指の中で不思議な響きを持った指。

hand
どうして薬指っていうの?そんな子供の頃からの素朴な疑問を、
愛の屁こき虫であるミサイル・クーパーが、解明する。

薬指という名前に込められた、この愛の物語を読んだあなた
は自分の手が愛しくてたまらなくなるだろう。そうさ、


君の薬指にも愛がつまっているんだ。

----------------------------------------


ミサイル:ねえハニー。どうして薬指って言うか知ってるかい?


ハニー :知らないわ、ミサイル。教えてほしいわ。


ミサイル:昔ね、ある家族が居たんだ。お父さん、お母さん、お兄
      さん 、お姉さん、そして小さな男の子の5人家族。とても
      貧乏な家族でね、みんなで一生懸命働いてたんだ。
      だけど、ある時、お父さんもお母さんもお兄さんも、働き
      すぎで倒れちゃったんだ。

      そんな時、お姉さんは一生懸命、薬を売り歩いて家族を
      助けたんだ。お姉さんの一生懸命な姿に胸を打たれた
      町の人々は、薬を買ってあげたんだ。
      そして、その話は町中に広がって、薬を 買ってく れる
      人が増えたおかげで家族の病気も治って幸せに暮らす
      ことが出来たんだって。

      その時の、一生懸命頑張ったおねえさんの話がきっかけ
      で「お姉さん指=薬指」って呼ばれるようになったんだよ。


ハニー :まあ、そんな由来があったのね…。涙ぐんじゃったわ。


ミサイル:ハニー、君は心やさしいんだね。でも全部、嘘だよ。


ハニー :まあ、ミサイルったら、お茶目さんね☆


ミサイル:サンクス、ハニー。
      じゃあ、ネギラーメンでも食いに行こうぜ。


ハニー :そうね、行きましょ。 私は麺固めにするわ。


ミサイル:すれば。


-----------------------------------------

脚本    ミサイル・クーパー(ロックスター)

演出    ミサイル・クーパー(ロックスター)

手の出演 ミサイル・クーパー(手男優)


HTML版  かにクラブオフィシャルサイト(18禁、注意)

------------------------------------------

それでは、みなさん、

よいお年を。(早いよ)

------------------------------------------

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

空白には意味がある(手帳編)

Hi ! I'm Missile Cooper.
How're you doing?

(日本人は全員ちょんまげを結っています)(誤訳注意)

さて、前回エントリーした『空白には意味がある(メモ編)』の続編といたしまして、今回は『空白には意味がある(手帳編)』をお送りしたいと思います。

----------------------------------------

あらかじめお断りしておきますが、このエントリーを読んでも

夢がかなっちゃったりしませんから。

手帳にそういう効果を期待してる方は、そういう本を読みましょうね。

----------------------------------------

さて、手帳ユーザーの方も気にしてるみたいですね、

手帳の空白。

予定が入ってない(あるいは少ない)日があったり、メモ欄の書き込みが少なかったりすると、

俺って暇?

とか

俺ってノーアイデア?

とか思っちゃうらしい。

まあ、そういわれてみると、確かにそういう手帳の使い方をしてるユーザーって、

暇でノーアイデアな人がほとんどだね。
話になんないぜ、ベイビー。

(with 肩をすくめて両手を広げたアクション)

なんて身もふたも無いこと言いませんよ。

だって僕の手帳も、けっこう空白あるし。

というわけで、ミサイルの自己防衛的「空白論」(JBTKHR)を。

---------------------------------------

メモ編でも言いましたが「空白=暇」と考えるのは違うと思う。

ぶっきらぼう=のっぺらぼう と同じくらい違う。

つまり、ぶっきらぼうなのっぺらぼうも居るかもしれません。しかし、ぶっきらぼうの全てがのっぺらぼうとは限らないという事です。(微妙な喩え。注意)

---------------------------------------

以前エントリーした「手帳」でも触れましたが、僕が手帳を使い始めた理由は深刻です。

猛烈に忙しい時期があって、何が忙しいのかも解らなくなるわ、優先順位もつけれねーわという状況が続き、ワラをもつかみたい思いで必死で伸ばした指先に触れたのが、

手帳。(ああ、なんて美談)

まさに手帳に救われたのでした。

----------------------------------------

手帳に書き込むことで解ったんですよ。

何が忙しいのか&いつが忙しいのか。


手帳はね、それを僕に解りやすく教えてくれるんですよ。


「ミサイルちゃん、その仕事はこの日に入れたら?」

「今日中の仕事はもう無いから帰っても大丈夫だよ」

「来週の水曜日あたり休めるんじゃない?」

「予定より早く進んでるし、こっちも先に終わらせちゃえば?」

「ミサイルちゃん、明日K-1グランプリだから録画しなきゃね」

「今週は木、金はちょっと忙しいね」

「今日は夕方暇そうだから、その件は夕方に考えたら?」



なんて具合に、僕は詩人だから手帳の声が聞こえちゃうわけだけど、手帳の声を聞くことができない人たちのために解りやすく言おうね。

手帳の声=手帳の空白

って事なんですよ。
手帳の声が聞こえない人でも、空白なら見えてるでしょ?

----------------------------------------

・仕事に没頭すべき時間
・遊びに没頭してもいい時間
・やろうとしている事ができそうな時間
・まったく空きの無い日
・急な仕事、急じゃない仕事
・豆腐を食える日

などなど、

手帳の空白が、ビジュアルで教えて
くれるのだ。
ほら、ここが空いてるよんって。

この空白がとっても大事。びっしり予定が書き込まれている状態では心の余裕が無くなる。不測の事態に対応することもできませんね。アイデアだって出てこなくなりますよ。

でも適度な空白があるということは、空白という意味の有る余裕を含んだ、理想的なスケジュールが組まれているということだと思うんですよ。

こんな言い方もできるかもしれない。

手帳は夜景である。

つまり夜景がきらめいて美しく見えるのは、光っていない部分があってこそ。その光っていない部分が手帳の空白部分と思っていい。大切な仕事を引き立てる必要な部分なのだと。

嘘だと思ったら、手帳持って夜景を見に行ってみて!

…いや、やっぱり悪いから想像してくれればいいです。

----------------------------------------

いやいやミサイルさんね、
言いたいことはまあ解るけどさ、
空白ばっかの人はどうすんのさ?
理想論ばっか言ってないでさ。


という人も居るでしょう。
ははは、どうすんのさ?ですか。まいったなこりゃ。


どうすんのさ?
とか言っててどうすんのさ?
チミチミ。

空白が多いってことは、自由に使える時間が多いってことですよ。
遊んでもいいし、寝てもいいし、仕事をしてもいいし、豆腐食べてもいいし、何でもありなんですよ。

その時間の使い方を
俺に聞いてどうすんのさ?


って無責任な言い方に聞こえたらごめんね。

---------------------------------------

ちなみに僕はその空白で、バンドをやってみたり、ブログに記事を書いてみたり、モールスキンに落書きしたり、豆腐食ったりetc…という時間を過ごしていますけど、

何の参考にもならないでしょ?.

そりゃそうですよね、バンドに興味ない人、ブログに興味ない人、豆腐が嫌いな人、人それぞれですからね、

ミサイルに豆腐食えって言われたって
食わねーよ。


って人も居て当然です。逆に僕だってそうですよ。手帳管理は好きだけど、夢を書き込んで、一冊の手帳で人生のを夢かなえちゃえば?って言われても、

僕はそんな使い方、興味無かったりして。

----------------------------------------

空白って好きですよ、僕は。

過去の空白を見て、反省してみたり、反省しなかったり。

未来の空白を見て、ワクワクしたり、あせってみたり。

上手く空白管理ができなくても、それはそれでいいじゃない。

だって、手帳がなければ、その空白は「何だか忙しい」「何だかヒマ」っていうモヤモヤした得体の知れない存在のままだったかも知れない。それが少なくとも「空白」という形で見えてるだけでも一歩前進。小さく前ならえ。

でも「いや~手帳様様ですな」
とまでは思わないけど。


だって、僕の人生を管理してるのは「手帳」じゃないから。
手帳を使いながら、結局管理するのは自分だからね。

『一冊の手帳で必ず夢を叶えようと思ったら、手帳以外のところでも、かなり頑張らないといけないっすよ。自分自身が。』

って本が売れてるくらいだから(誤った書名、注意)

----------------------------------------

楽しめばいいじゃん。文具なんだし。

パズルみたいで楽しいよね、スケジューリングって。

ちょっと一味違ったパズルだけどね。ところどころ歯抜けに見える不思議なパズル。でも歯抜けじゃないんですよ。歯抜けに見えるとこには、ちゃんとピースがおさまってるのだ。

「空白」っていうピースがね♪


----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

空白には意味がある(メモ編)

僕はToDo管理にRHODIA NO.8を使用しています。(縦長のやつね)

忙しいときには1枚びっしり書き込まれることもあるし、2枚目も使うこともあります。こういう時は、

縦長のNO.8ならではのグッドジョブだぜ。

と痛感します(注意:痛いという意味ではありません)

---------------------------------------

しかし、反対に暇な時には4~5行程度しか使用しないことも。縦長だけに空白が余計に目立つ事もあります。

空白?もったいねーじゃん。

確かにもったいないという気もしますね(少し)

NO.8じゃなくてもいいじゃん。

確かにそんな日はNO.8を使う意味が無いような気もしますね(少し)

暇な自分が見えて気まずくねーか?

確かに忙しい方がかっこいいような気もしますね(少し)

----------------------------------------

てゆーか、
みんな空白を気にしすぎだってば。


----------------------------------------

そりゃメモは「書き込む」ためのものかも知れません。ToDo管理ですから、書き込まれている部分にこそ意味がある。そう思うのが普通かもしれません。

でもね、書き込きこまれなかった部分は単なる空白じゃないんだよ。

空白はちょっぴり空にも似てるし。

空白を楽しもうぜ、ベイビー。
空を飛ぶ鳥のように。


----------------------------------------

RHODIA NO.8に空白が多かった日。

大いに結構じゃないですか。

残業せずに帰れたその日は有意義だったんじゃない?

同僚と飲みに行ったり、

サッカーの試合を観に行ったり、

本屋に寄って好きな本を買ってみたり、

かにブログをじっくり見て「やっぱミサイルってすげーな」って思ってみたり、

好きな女の子とイルミネーションを観に行って、肩が触れて嬉しかったり。

いいじゃない。すごく。
いいじゃない。すごく。

って2回言っちゃうくらい、いいじゃない。


---------------------------------------

空白なんて気にしなくていいんですよ、

空白=君の時間がそこにあった
って事なんだから。だって、そうなんだから。

----------------------------------------

まあ、すべての人がアクティヴとは限らないので、せっかく早く帰ったのに寝ちゃった人も居るでしょう。そんなことも気にすんなっつーの。猫なんて一日の大半は寝てるんだから。

寝ちまった=贅沢な時間の使い方

でいいじゃない。まんざら無駄な時間じゃないですよ。

間違いなく体力回復にプラスになってるし、
いい夢見ちゃったかもしれないし。


----------------------------------------

僕ですか?

僕はほら、詫び寂のわかる男だったり、行間を読む男だったり、お年寄りに席譲ったり、咳で肋骨折ったりする男ですからね。

空白なんて全然気にしてないよーん。
だって気にする理由が無いんだもん。


文字を書き込むのとおんなじで、
空白を「書き込んでる」って感じ。


なんてね。

----------------------------------------

つづく。次は手帳編だ。

全国の手帳ファンとそうでない人、乞うご期待。

…手帳ファンって、何。

ちなみに僕、手帳使ってるけど「手帳ファン」じゃないし。


----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

馬鹿を斬る! vol.3

馬鹿が居ましたのでご報告します。

と言いつつ、今回の僕はいたって穏やか。何故ならば、

僕、楽しく馬鹿を斬る方法を
発明しちゃいました。


---------------------------------------


車に乗っててこんな馬鹿に出会った経験はありませんか?

合流するときに、ウインカーを出すと、
途端に間合いを詰めるやつ。



自分の前に入られるのがそんなにイヤなんでしょうか。
たった1台ゆずるのもイヤなんでしょうか。


入ってくんなよ、スーパーロックスター。

とでも思ってるのでしょうけど、


おまえの方こそスーパーロックスターだろ。
(誤った言葉のキャッチボール、注意)

---------------------------------------


本流の車と、合流する車が適度に譲り合えば、結果的にスムーズな流れができるのに、こういう自分の感情だけで走ってる奴が居るから余計渋滞しちゃうんだよね。

仏のミサイルも斬りますよ、
こういう馬鹿は。


----------------------------------------

でも、冒頭でも申し上げたとおり、今回の僕の斬り方は

いたってソフト。
しかし効く。
その馬鹿に効くというより、自分に効く。


----------------------------------------

その馬鹿が家族を乗せたパパだったら、その馬鹿に向かってではなく、子供たちの方に向かって、こう言ってやりましょう。

君たちのパパはケチだねー♪

もしくは奥さんに向かって、こう言ってみるのもよいでしょう

旦那さん、心せまいっすねえ♪

-----------------------------------------

その馬鹿が彼女を乗せていたら、その馬鹿に向かってではなく、助手席の彼女の方に向かって、こう言ってやりましょう。

ふーん、
こういうケチな男がタイプなんだ♪


-----------------------------------------

ポイントは、

笑顔を浮かべて声に出して言うことです。
しかも楽しい口調で♪


ほらね、

何だか自分がものすごく心の広い人間に
思えてくるでしょ♪

こんなにひどい事言ってるにも関わらず。



---------------------------------------

そうこうしているうちに、ほら

優しい人が譲ってくれたよん♪

---------------------------------------

年末年始の帰省ラッシュ目前。

さあ、みんなで
楽しく斬っちゃいましょうね♪


あー楽しみ。

---------------------------------------

おっと、肝心なことを言い忘れました。

窓は閉めたまま斬ろうね♪

子供たちや奥さん、彼女は馬鹿じゃないからね。
聞こえるように言っちゃダメだよ。


馬鹿以外は斬らない。


馬鹿を斬る時も、ミサイル・クーパーは紳士なのだ。

----------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

冬空と巨大はんぺん


私、フワフワでフカフカの巨大はんぺんを
抱いてる夢を見ながら眠りたいわ、ミサイル

と愛しい君が言うなら、僕は君の願いをかなえてあげるよハニー。

---------------------------------------------

(注) 神様=神  ミサイル(ロックスター)=ミ

神: 何か願い事でもあるのかね?馬鹿ミサイル君?

ミ: …彼女に、巨大はんぺんの夢を見させてあげてください。

神: …え?

ミ: 巨大はんぺん。

神: …え?

ミ: いいから、とにかく見させてあげてください!

---------------------------------------------

スーパーロックスターともあろうものが、
神頼みかね?へなちょこミサイル君?

と思ったかハゲ。

そりゃね、僕だって安易に神頼みしたくはないですよ。
彼女を夢心地にさせてあげるなんてわけないっすよ。
ロックスターだもの。

でもほら、よりによって彼女の見たい夢が、巨大はんぺんって。

はんぺんの夢だけでも
かなり難しくねーかベイビー?

しかも巨大とくりゃ、

神頼みしかねーだろ。さすがの僕も(小声)

---------------------------------------------

どーもすみませんね、神様。

---------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

冬空とマールボロライト(ソフト)

リラックマを見て男が胸キュン。

笑わば笑え。しかしよく聞け。そしてよく想像しろ。


大好きな恋人が、リラックマって可愛いよね~っていつも言ってるとしよう。
男は、彼女のようにリラックマに胸がキュンとなることは無いが「こいつはリラックマ(とかいうキャラクター)が好きなんだ、ふーん」と思って見つめていることだろう。


そして月日が流れ、何かが終わりを告げ(愛が終わりを告げ、とは言いたくない俺を許してくれハニー)彼女とはもう逢えない日々が訪れたとしよう。

----------------------------------------

ふらりと立ち寄ったゲーセン。UFOキャッチャーを覗くと

リラックマ。

ははは。こいつ確かリラックマとか何とか言ったっけな、あれ?このUFOキャッチャーのガラス曇ってるねえ。これじゃリラックマが見えないじゃない。

男は知っている。曇っているのはガラスじゃない。
自分の瞳の方なのだと。

そう、涙でね。

そして男は生まれて初めての体験をするのである。

リラックマで胸キュン。

----------------------------------------

そんな俺は男らしくないか?
これを女々しいというなら言えばいいさ。
男らしいってなんだよ、ハゲ。
泣かない事が男だというなら、俺は、
男じゃなくたって構わないさ。
あーヤダ、お前ら全員、ハゲ。


と、男はため息をつきながら家路につくのであった。

----------------------------------------

さっきからため息が
止まらなくて止まらなくて
止まらなくて止まらなくて
仕方ないので煙草を吸った

ため息をつく言い訳のために

----------------------------------------

ってポケットさぐったら煙草ねーじゃん。

煙草の自販機を探す男。
冬空の自販機の灯りは目を刺すぜハニー。

ああ、そういや彼女と食事の途中に煙草を切らしたとき、少しでも早くそばに戻りたくて小走りで買いに行ったよなあ、俺。

なんて事を思い出しながら

煙草の自販機にキュン。

----------------------------------------

男はマールボロを買おうとボタンに手を伸ばすが、その隣にあるマールボロライト(ソフトパッケージ)に目と心が釘付け。彼女が吸っていた煙草だ。煙の向こうには優しく笑う彼女が、居た。

マールボロライトソフトパッケージに、
キュン。


マールボロライトソフトパッケージ
マールボロライトソフトパッケージ
マールボロライトソフトパッケージ
マールボロライトソフトパッケージ
マールボロライトソフトパッケージ

早口言葉なら絶対かんじゃうはずなのに、

かまないものだね。想いってやつは。

----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

インク効果

全国のかにクラブファンの皆さん、色んなインク使ってますかー?

使ってねーか。

そりゃそうだよね。僕は音楽が大好きで、たまたま文具も好きだけど、だからといって、ブログを読んでるみんなも文具が好きだって決め付けちゃいけないよね。


それじゃまるで、彼女に別れ話を切り出されたときに、

僕は君と居るとこんなに幸せなのに、
君はどうして不幸せなんだい?
さっぱり解らないよハニー。


って勝手なこと言っちゃうやつみたいだよね。

好きな相手と一緒に居て幸せなのは当たり前。彼女が別れ話を切り出したのは、

おまえが「彼女が幸せかどうか」って事に、
無頓着だったからだよ♪


あー、もう何の話だったかわかんね。

----------------------------------------

さて、アイデア出しっていう言葉がありますよね。これは何となくクリエイティヴ系の仕事を思わせる響きのある言葉だけれど、実はどんな仕事にでもあてはまるのだ。

「このデータを明日までに入力しといて」なんていう単純作業でも、上から順にただ入力するより効率的な方法があるかもしれない。効率的な方法=アイデアだ。入力しやすく見やすいフォーマットを考えるのもアイデアだ。

だから、どんな仕事であれ、アイデアを要求されているのだと思っていい。自分の仕事はアイデア出しとか必要ない、なんて思っちゃダメだぜベイビー。

そこに気づかないでいると、仕事はみんな「やらされてる」気がしてつまんないし、効率も悪いぜベイビー。

----------------------------------------

アイデア出しというのは、頭の中で「考える」という行為だけでも可能である。でも僕は紙に書くことが多い。紙に書くことによって、自分が頭で考えた事を「視覚」でも再認識することができるから。

&好きなペン使えるし。(前者<後者)

----------------------------------------

僕の場合、アイデア出しの時には万年筆かローラーボールを使うことが多いです。そしてよく使うインクの色は3色。

どんな筆記具を使うか、どんな色を使うか。それは大体以下の理由で使い分けてます。


【黒】

LAMY Tipo ローラーボール

 黒くハッキリとした文字は、慣れ親しんだ視認性を持って、
 思考に安定感をもたらしてくれる。加えてM66リフィルの滑らか
 さが、ストレスの無い筆記感を与えてくれる。


【赤】

ぺリカノジュニア 万年筆

 頭が思考体勢に切り替わりにくいコンディションの時も、鮮やか
 な赤が程よい刺激となって集中力を高めてくれる。急なアイデア
 出しが必要とされる場合にも効果的。


【グレイ】

LAMYサファリ万年筆 + エルバン「Gris Nuage」

 視認性は劣るが、プライベートなアイデアなどを取り留めなく書き
 綴る時には、やさしさを持ったグレイがいい。曖昧なコトを曖昧な
 色で綴る時間は心を緩やかに解きほぐしてくれる。

という具合に、僕はTPOに応じて3色のインクと筆記具を使い分けている。

----------------------------------------


ってゆーのは嘘だよーん。

そんな堅苦しいこと考えないで、その日の気分で好きなインク使ってるよーん。

-----------------------------------------

真剣に読んじまったじゃねーか、馬鹿にすんなよ、ハゲって思いましたか?まあまあそう怒らずに。

そんなに怒るとハゲますよ。

今回挙げたインクの使い分けは、僕の「アイデア」です。それもできるだけ説得力のあるものにしようとあれこれパターンを考えました。

でもね、その時間はきっと無駄じゃなかったと思う。

もしもインクの使い分けで悩んでいる人が居たら、僕の考えたパターンを試してくれるかもしれない。僕自身がこの先、インクの使い分けをしたくなったら、今回のアイデアが既にあるからゼロからのアイデア出しにはならない。僕のモールスキンには、このアイデアが書き留めてある。


考えた時間というのは決して無駄になんかならないのだ。

-----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

文房具を買いに

bunboguwokaini「文房具を買いに」(片岡義男 著)

僕の愛読書のひとつであるこの本は、彼のこだわりの文房具と、自ら撮影した文房具の写真で構成されている。

他の文具本でもよく見かける有名な文具が載っている。でもこの本は何度読み返しても僕を退屈させない魅力がある。

----------------------------------------

ちょっぴりハードボイルド風味の口調で語られる文房具の数々。

でもこれは、文房具紹介の本じゃない。

それぞれの文房具の最も美しい姿を映し出している写真の数々。

でもこれは、文房具カタログじゃない。

----------------------------------------

じゃあ何が違うのか。答えは明快である。
この本に綴られているのは文房具そのものではなく、

彼のこだわりである。

----------------------------------------

優れた文房具が欲しければ、他の本でも事足りる。雑誌の文房具特集を読んでもいいだろう。それぞれの文房具のセールスポイントを効率よく知ることができるはずだ。

それは僕自身もそうしている事だ。物欲を刺激されたり、購入計画を立ててわくわくしたり、それはそれで小さなハッピーが詰まっていて楽しいのだ。

でもこの本は違う。もちろん数々の文房具が持つ機能は堪能できるけれど、心の琴線にふれるのは「彼の」こだわりなのである。

----------------------------------------

できることならひとつの文房具について、十人十色のこだわりを読んでみたい、と僕は思う。しかしながら、いわゆる文具の解説本は十人十色どころか十人一色だ。

そりゃそうだ。セールスポイントが十人十色では購買意欲がブレてしまう。多くの人がその文房具を良いと感じ、欲しいと感じさせるためには十人一色が良いのだから。

しかし、この本は十人十色の中の「彼の色」を僕に読ませてくれる本だと思う。そして僕は、その色に影響されてみたり、自分の色を発見したり、この本を読みながら、そんな事を考える時間を過ごすのである。

-----------------------------------------

巷では今、ちょっとした文具ブームなのかも知れない。
しかし例えブームが去っても、この本は僕の心の琴線に触れ続けるだろう。なぜなら「こだわり」というものは、ブームとは無縁の、心の深い部分から生まれてくるものだから。

ここに描かれているのは文房具だけれど、その他のモノやコトにもこだわってみたい気持ちにさせられる本である。

-----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

LAMYのクリップ

仕事でもプライベートでも最近大活躍しているラミー2000の4色ボールペン。

4色ボールペンって、何だか子供の文具みたいな響きだけど、LAMY2000を手にしたら、そんな感覚は雲散霧消。こいつはもう文具を超えた精巧なオブジェクトです。

と言いたくなるけれど、使えば使うほどその書き味は思いっきり文具。
馬鹿正直なほどに文具。

そこなのだよ、LAMYの魅力は、

といつも思う。

---------------------------------------

そりゃもう、魅力をあげたらきりが無いですね。

■振り子式の巧妙な構造のノック
■静かなノック音とともに、
■手に伝わるシャリッとした感覚
■何気なく線を書いただけでも虜になるリフィル、
■M21のこってり滑らかな書き味、
■継ぎ目が解らない程の繊細なヘアライン加工が
■グリップの無いボディに程よいグリップ感を創り出す
■まるで木のようなやさしい手触りのくせに実は樹脂

誰か止めてくれ。

---------------------------------------

そして僕が最近特に胸キュンなのは、

クリップ最高。

というさりげない魅力なのだ。

---------------------------------------

LAMY2000のクリップは触るとガタつく。

あんまり触ると取れんじゃねーか?

と、ふと不安になるガタつき。しかし、このガタつきこそがLAMYのさりげないギミックなのである。このガタつきはクリップに埋め込まれたスプリングによる、いわば車のハンドルで言うところの「遊び」の部分ともいえる意味のあるガタつきなのだ。

---------------------------------------

若人たちよ、LAMY2000を胸ポケットに挿してみたまえ。
ポケットのエッジにクリップが当たった感触を感じた、その直後からのドラマチックとも言えるスムーズな挿し心地ったらないぞ、若人たちよ。

あ、俺今LAMYを胸ポケットに挿した。

と、目をつぶっていても確認できるLAMYからのサインを感じることだろう。

そして少~し引っ張って見たまえ、若人よ。
絶妙な力加減でポケットを挟み込んでいる感覚が手に伝わるだろう、そうだろう。

---------------------------------------

この感覚、

ジャケットでもシャツでも同じ感覚を
体感できますから。

生地の厚さに関係なく一定のホールド感をキープしているのは、埋め込まれた小さなスプリングが生み出しているマジックなのだ。

---------------------------------------

じゃあ今度は、

LAMYを抜け、若人。さあ抜け、若人。

きっと誰もが感じるだろう。今まで体験したことのない感覚を。

ああ、俺今ポケットからペン抜いてるわ。

という、これまた目を閉じていても伝わる心地よい摩擦度。
きつ過ぎず、ゆる過ぎず。

筆記体勢へと向かう手に送られるLAMYからのサインだ。

-----------------------------------------

LAMYの優れたクリップはポケットへの抜き挿しはもちろん、

心にも留まるクオリティ

なんて言ってみたりすると、お後がよろしかったりもする。

-----------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

裏写りという名の魅力

lamy2000_4colors_bp01おやおや、冬の足音が聞こえる昼下がり。ミサイル君がモールスキンと何やらお話をしているようですよ。

ちょっぴり深刻な顔したモールスキンはミサイル君に何かを相談しているようですね。ミサイル君は馬鹿だけどちゃんと答えてあげてるのかな?

ちょっと盗み聞きしちゃいましょうか?ミサイル君には内緒でね。そうそう、ミサイル君はああ見えても剣道3段らしいですよ。

なーんて嘘。剣道4級。それも6級から初めて4級でやめたらしいですよ。まったく根気の無い野郎ですね♪

---------------------------------------

※注 

モ=モールスキン ミ=ミサイル(ロックスター)

--------------------------------------- 

モ:ねえ、ミサイルちゃんさあ

ミ:ん?

モ:俺って表紙黒いじゃん?で、硬いじゃん?

ミ:ああ、黒いし硬いねえ。

モ:それって…ぶっちゃけどうよ?

ミ:どうよって…何がよ?

モ:いや、ほらそれってカッコイイとか思われてるのかなって。

ミ:カッコイイよ。シンプルでタフ。みんなもカッコイイって言ってるよ。

モ:やっぱタフとか言ってんだ、みんな。

ミ:言ってるよ。少々のことじゃ折れないし、撥水効果もあるし。
  心配すんなよ、みんなカッコイイって言ってるし。

モ:でもさ、タフとか言われてるけど、俺って外見だけじゃん?

ミ:中身だっていいじゃん。さりげなくクリーム色でいい感じだし。

モ:色はまあいいとしてもさ、

ミ:何だよ?

モ:…敏感肌だし。

ミ:敏感肌?…ああ、裏写りのことかよ。

モ:みんなさあ、好きなペンで書きたいんだろ?でも俺ってさあ、
  大抵のペン、裏写りさせちゃうし

ミ:そんなことかよ~。気にすんなって。俺全然気にしてないし。

モ:…おまえいいヤツだな。

ミ:やめろよ、おまえだっていいヤツじゃん。

モ:でも俺…おまえのインク、受け止めてやれねーし…ううっ

ミ:泣いてんのかよ!馬鹿だなあ、もう

モ:だって…俺、ちゃんと…ヒック…ちゃんと受け止めて…

ミ:解ったから泣くなってば。俺はさあ、おまえに結構好き勝手な
  事書かせてもらってんじゃん。かっこつけたことも書くけどさ、
  おまえにしか言えないかっこ悪いこともけっこう書いてるじゃ
  ない。どーでもいい事も書いたり、下手な絵を描いてみたりさ。

  でも、おまえは黙って見たり聞いたりしてくれてるじゃん。
  それだけでけっこう嬉しかったるするわけよ。
  ああだこうだと能書きばっか言うヤツより、おまえみたいに
  寡黙なヤツの方が、よっぽど答えをくれるような気がするよ。

  その証拠にさ、他愛ないこともツラツラ止まんなくなったりする
  じゃない。それっておまえが黙ってうなづいていてくれるから
  こそなんじゃないかな。

  それにおまえ飾って無いじゃん。外見も中身も。
  そういうとこ男らしいって思うし。かっこいいよ。

  俺はさあ、そういうおまえが好きだし、尊敬してるわけですよ。
  裏写り?そんなところも、おまえらしいとこじゃん。
  最初は気にしたけど(笑)今じゃ裏写りしないと逆に不安に
  なるくらいだし(笑)

  慣れるといいもんだよ。インクって水なんだなあとかさ。文字
  って水でできてるんだなあ、なんて不思議な気分になったり。
  時々透けちゃうとこがね、なんていうか人間の「心」そのもの
  みたいで奥ゆかしかったりするわけよ。

  俺はおまえのそういうとこまでひっくるめて好きなわけよ。
  照れくせーこと言わせんなっつーの。

---------------------------------------

裏写り、それがどうした。
それがモールスキンだ、文句あっか。


---------------------------------------

それでも裏写りが気になるデリケートな諸君に、僕からの提案。

この際だから、裏から書いて
「表写り」を楽しんじゃったらどうよ?


---------------------------------------

モ:ありがとう。でも「表写り」っていうのは、

  言ってる意味わかんねーけど。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年12月 5日 (月)

ひつじがいっぴき

眠れない夜。そうだ、ひつじを数えよう。

ひつじが一匹、
ひつじが二匹、
ひつじが三匹、
ひつじが四匹、
ひつじが五匹、
ひつじが六匹、
ひつじが七匹、
ひつじが八匹…


あー何だか「匹」って字が
変な字に見えてきた。



そういう話じゃなくて。

----------------------------------------

人は眠れないときに、ひつじを数えます。

じゃあ、ひつじは眠れないときに何を数えるのでしょうか。
やっぱりひつじを数えるのでしょうか。

数えませんってば。想像してごらんなさいよ。

ひつじが眠れないからってひつじを数えるのは、言い換えれば、僕らが眠れないときに人間を数えるようなものですよ。

----------------------------------------

あんな人間やこんな人間
きれいな顔やきたない心
の人間が

楽しそうに
楽しくなさそうに
柵を越えていく

柵を越えれずにもがいてる人も
居たりして

寝れねーっつーの。

---------------------------------------

ひつじがひつじを数えるときはどうなんだろう
あんなひつじや、こんなひつじ
人間模様ならぬ「ひつじ模様」なんてのもあるのだろうか

だから、ひつじはひつじを数えない。

---------------------------------------

不正解。

確かにひつじはひつじを数えないけれど、そんな複雑な理由ではないのだ。

眠いから寝る。
眠くないときは寝ない。



考えすぎだぜ、人間。
だから眠れないんだよ (はーと)

--------------------------------------

僕ですか?僕は男の中の男ですから、

咳き込んで肋骨が痛いのに爆睡。
昼間治しても、夜に悪化。


そりゃなかなか治んねーわ。

--------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

ゆき

少し早く降って来た
雪は

温かく僕に降り
積もり
静かに
ゆっくりと

語りかけるように
溶けて行った

---------------------------------------

まだ雪の降らない
東京の空の下

冷たい季節の
初めてのキスは
きっとこんな感じだろう

----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

あくびと屁に関する私的考察

みなさんこんばんは「かに教養講座」の時間がやってまいりました。

本日のテーマは「あくびと屁」 

講師はおなじみの人間科学研究所カナダ出張所所長、ミサイル・クーパー先生です。

-----------------------------------------

え~みなさんこんばんは、ただいまご紹介頂きました、クサイル・ミーパーです。
おっと失礼、ミサイル・クーパーです。

さっそくですが、みなさんは誰かの話を聞いているときに、ついあくびをしてしまって、

退屈なわけじゃないよ。
脳が酸素欲しがっただけ(笑)

なんて軽い気持ちで言い訳をしたことはありませんか?

---------------------------------------

科学的に立証はされていませんが、あくびの原因のひとつとして、脳が低酸素状態にある時、より多くの酸素を取り入れようとしてあくびをする、という説があります。

ですから、人の話を聞いている時に出てしまったあくびは、必ずしも退屈だったからではなく、脳の低酸素状態が引き起こした生理現象なのかも知れません。

でもみなさん、大切なことを忘れてはいけませんよ。

話の途中であくびした事に変わりねーから。

---------------------------------------

更に解りやすく、視点を変えてご説明しましょう。例えば、真剣な話を聞いている時に、

屁をこいてしまったとしましょう。

本来なら心を込めて「うん、うん」とうなずくべき時に、

「ぷう、ぷう」と屁が出ちゃったとしましょう。

----------------------------------------

いや、真剣に聞いてないわけじゃなくて、

体にたまった不要なガスを体外に放出しただけだから

という理由は医学的には正しいかもしれませんが、同じことです。


話の途中で屁をこいた事に変わりねーから。



----------------------------------------

さて、お時間となりました。

本日は「あくびと屁」についてみなさんと一緒に考えてまいりましたが、意外なところに「あくびの落とし穴」そして「屁の落とし穴」があることが解りましたね。

それでは、みなさん有意義な「あくびと屁」をお楽しみください。また来週。

ぷう。

----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »