« 小さな薬指の物語 | トップページ | MOLESKINE-モレスキン その2 »

2005年12月25日 (日)

空を飛べるひと

ネットで、ある女性の日記を読みました。

多分この人は、空を飛べます。

-----------------------------------------

その日記の内容というのは『もし水の中で息ができたら何がしたいか?』という事について書かれているのですが、彼女の答えはふたつあります。ひとつは、

昆布の林の中を漂いながら、
昆布にかじりつきたい。

そしてもうひとつ、

弾丸のように海中をひた走るマグロに
抱きついて、赤身の部分をガブッという
のもやりたい。

------------------------------------------

ここで、質問です。

あなたはこんな彼女に、どうリアクション
しますか?あるいはどんなツッコミを入れ
ますか?

-------------------------------------------

まずは昆布。

■昆布だけ食っても旨くねーだろ!

■わざわざ海底まで行って食うほどのものかよ!

そしてマグロ。

■そんなに早く泳げねーだろ!

■おめーの歯は鋼鉄か!

と言ったところでしょうか。そして昆布とマグロに対する共通のツッコミとして、

■その前に溺れるだろ!

と言う感じですね、多分。

------------------------------------------

なるほど、解りました。ありがとうございます。
それでは、そんな皆さんにミサイル・クーパーから一言。

悪いけど君たち、
そんなことじゃ、空飛べない。

------------------------------------------

いいかい、エブリバディ。
最初の質問をもう一度よく思い出して欲しい。

『もし水の中で息ができたら何がしたいか?』

ですよ。何がしたいか?って以前に、水の中で息をするって段階で、

いきなりもう無理だから。

しかし彼女はその無理な質問に、ごく普通に答えているんですよ。

頼んでねーのに、ふたつも。

彼女はもう、

普通に海の中で息してますから。

普通に息できちゃってるもんだから、発想が子供並みに柔軟に飛躍する。

どーせ昆布食うなら海底から直に食っちゃえ。
どーせマグロ食うなら抱きついて泳ぎながら食っちゃえ。
きっと美味しいし楽しいよ~♪

って感じなのだろう。

-------------------------------------------

僕たち人間は空を飛べません。それが悲しいかな事実です。
悲しいかな、と書きましたが、本当は悲しいとも思ってません。

飛べないのが当然だと思ってるから。

空を飛べたら何がしたい?そんな質問に真剣に考えることも、大人になるにつれてどんどん減ってきたような気がします。

飛べないのが当然と知ってしまったから。

--------------------------------------------

海底で昆布にかぶりつきたい彼女は、空でも何かしたいことがあるのかも知れない。

例えば雲の上で昼寝がしたい。そんな他愛ないことでも、

大切なのは、それを思うか思わないか。

なんだと思う。

もしミラクルが起こって、神様が何人かだけに羽をつけてくれるとしたら、選ばれた人たちの中に、きっと彼女は居るのだろう。

ごく、普通にね。

---------------------------------------------

|

« 小さな薬指の物語 | トップページ | MOLESKINE-モレスキン その2 »

コメント

物凄く検討違いなコメントなんですが、ちょっと思い出した事が…。

まだ若かりし頃、スキーに行った帰りのバス。
当然バスの中はスキー客ばかり。
疲れ果てた皆は、ひたすら寝たかった。
が、そんな中で一人元気にしゃべりまくる奴が。
ひっきりなしに話す上に声がよく通ってデカイ。
周囲の客どころか、仲間内でも
「お前、うるさいよ!!寝れないじゃないか!!」と怒られる始末。
するとその彼、泣きそうな声で
「魚が海の中で泳ぎ続けていないと沈んでしまうように、僕も話し続けないと駄目なんだよ~」
そのコメントを聞いて、眠さもふっとび思い切りウケまくった私でした。

長々とスミマセン。
でも私が思うに、ミサイルさんアップの彼女はもしかすると軽々空を飛んでしまうかもしれませんが、上記彼は、きっと空を飛べても苦しそうに一生懸命、猛スピードで飛んでしまうのだろうなぁ…と。
(いや、二人とも飛ぶこと無いって!!というミサイルさんの声が聞こえました。(^.^))

投稿: manu | 2005年12月26日 (月) 09:31

水の中で息ができたら..
ん〜、イルカにつかまって、泳いでいたいかも。
海底に沈んだ船の宝探しもちょっと面白そう..かな??

投稿: | 2005年12月26日 (月) 16:12

■manuさん

彼にもめでたく羽が付いて、嬉しくてより一層ベラベラしゃべりまくりながら飛び立ち、徐々に声が聞こえなくなっていく様子を想像中(笑)

■柊さん

イルカの肌はすっげー滑りそうだから落ちないように気をつけないといけないですね。って水中だから落ちないか(笑)

投稿: ミサイル | 2005年12月27日 (火) 02:59

真剣に読み始めた時点で、
「私なら泳いでいるスルメイカにかじりつきたい」
と思った。
その後、彼女の「昆布&マグロ」を読んで、
「同類かい!?」と感じました。

いやぁ。だって、シュノーケリングした時に会ったイカが、
とんでもなく、おいしそうだったから(T▽T)
口にシュノーケルくわえてるから、食べられねーーーと、思いました。
いや。その前に追いつけないのか。。。

投稿: 聖祥 | 2005年12月29日 (木) 22:03

■聖祥さん

聖祥さんも空を飛べるひとでしたか!
シュノーケルさえなければ、活スルメイカを追ってかじりついていたわけですね!

その調子です!もう一息です!

投稿: ミサイル | 2005年12月30日 (金) 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/7830451

この記事へのトラックバック一覧です: 空を飛べるひと:

« 小さな薬指の物語 | トップページ | MOLESKINE-モレスキン その2 »