« Good Bye 2005 | トップページ | いっぺき湖(IPK) »

2006年1月 1日 (日)

HELLO 2006(麺固め)

あけましておめでとうございます。

かにクラブのミサイル・クーパー(麺固め)です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、記念すべき2006年のトップを飾るエントリーですが、非常にくだらないので、正月番組に飽きた時にでも片手間にお読みください。

----------------------------------------

さて、

新年と言えば「麺固め」

最近のラーメン屋さんは、ほとんどの店が「麺固め」「麺やわらかめ」など、麺の固さをカスタマイズできますよね。

つまり我々消費者は、同じお店の同じラーメンでありながら、各々の好みやその日の気分に合わせて、自分にとって最良の食感を選択できるということです。

麺やわらかめだと、コラ。
勝手にのびてから食いやがれ、
嫌なら帰りやがれ(けーりやがれ)


なんていう頑固オヤジは、今の時代には不向きなのかも知れませんね。

そう、
時代は”カスタマイズ”だぜベイビー


----------------------------------------

そこで、ミサイル”ラーメン”クーパーと致しましては、

俺がラーメン屋だったら

という妄想を、お正月早々してみました。
そしてたどり着いた答えとは、

麺のカスタマイズって言ったって「固め」と
「やわらかめ」のふたつしかねーじゃん。
たったふたつでカスタマイズなんて、
ちゃんちゃらおかしーぜベイビー。


ということです。

あー、ちゃんちゃらおかしい。(ちゃんちゃらって何)

-----------------------------------------

僕クラスの天才ラーメン屋になると、麺の食感だけでも

ざっと2億種類は思いつきます。

なのにどうでしょう。
世の中のラーメン屋ときたら、たったの2種類。おいおい。

まあ、スペースの都合もありますし、とりあえず今回はその2億分の3をご紹介しましょう。

-----------------------------------------

まずは「麺遠め」

これはなかなか奥ゆかしいですよ。普通は出来上がったラーメンは、お客さんの目の前まで運んでくれるものですが「麺遠め」の場合は少し違う。

調理場の中から「麺遠めのお客さん!ここに置いときますよ」と言われる。カウンター越しに調理場を見てみると、ラーメンは、

調理台の上に置かれたまま。

で、注文したお客は、

ほほう、今日もなかなか遠いねえ。

と遠さを味わいながら調理場の中まで取に行く。
(熱いので注意)

自らの足でラーメンを取りに行く、ちょっとした時間が風流だし、その時間を考え事に使うのも良いだろう。一石二鳥とはこのことだ。

----------------------------------------

そして次は「麺低め」

これもかなり奥ゆかしいです。
「麺遠め」と少し違って、ちゃんと店員が運んできてくれる。

ちゃんと運んできてくれて、

足元に置いて行く。

で、注文したお客は、

ほほう、今日もなかなか低いねえ。

と、麺の低さを味わいながら、イスから降りてラーメンを取る。
(熱いので注意)

----------------------------------------

最後は「麺高め」

当然のことながら「麺低め」があって「麺高め」が無い店はダメだ。
そんな店はカスタマーサービスを全く理解してないと言ってもいい。

まあ、内容は「麺低め」と全く逆で、

高い位置に置かれる。

というサービスです。

でも「麺高め」を甘く考えちゃダメだぜ
ベイビー。


店主であるミサイル”ラーメン”クーパーは、言わばカスタマーサービスを知り尽くしたプロ。闇雲に高い位置に置くわけではないのだ。

---------------------------------------

さっそくプロの技(企業秘密)を公開しよう。
(秘密じゃねーじゃん)


①「麺高め」という注文が入ったと同時に、

②いや「麺」と言った直後のお客の口の開き方で

③「麺高め」であることを察知し、

④間髪入れずにお客の身長および腕の長さを瞬時に分析。

⑤過去の経験に基づく統計データを頭の中に呼び起こし、

⑥最適な「高さ」を店員に指示。

⑦無段階調節機能付「麺高め専用棚(ドイツ製)」を調整、

⑧最適な高さにジャストミーツ(間違った複数形、注意)

⑨完成したラーメンのスープに親指が入らないように運ぶ。


これこそが「麺高め」なのである。

------------------------------------------

すべてはお客様の、

「今日もいい感じに高いねえ」

という喜びの為に。手間ひまを惜しまないこと。

それがミサイル”ラーメン”クーパーの
新年である。

(新年にありがちな間違い、注意。正しくは「信念」)

------------------------------------------

さて、新しい食感の数々をご紹介してまいりました。
みなさんのお好みはどれでしょうか?ちなみに、


俺は、どれも頼まねーけど。


banner_02

------------------------------------------

|

« Good Bye 2005 | トップページ | いっぺき湖(IPK) »

コメント

おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
そして、初笑いしました。ありがとうございます(^^)

麺は硬めにかぎります!

たとえ、それが遠くても低くても高くても
硬めでないといけません。

ミサイルさん、インスタントラーメン(3分待ち)は
何分待って食べますか?
硬麺好き度チャック!!
(ありがちな間違い、注意。正解:チェック)

投稿: 聖祥 | 2006年1月 2日 (月) 02:17

ははははははは、「麺遠め」可笑しい!

投稿: 市松嵐 | 2006年1月 2日 (月) 02:32

■聖祥さん

>初笑いしました。ありがとうございます

初笑い・・・そんな日本古来の奥ゆかしい言葉を僕のブログで聞けるなんて光栄(笑)

ちなみにインスタントラーメンは、規定どおり(笑)

■市松さん

麺遠め、実際頼んだらめんどくさいですよ!
調理場の床すべりそーだし(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月 2日 (月) 02:37

今年もよろしくお願いします、ミサイルさん
麺は新年にふさわしく『めでため』でお願いします
あ、取り合えず海老一染野介師匠を呼び出すのは禁じ手ですけどね

とりあえず、僕の同僚にも正月、このブログをすすめて
日本全国ミサイルファン化計画を推進しておきましたよ
彼の発注は様々な背景を思わせつつたいしたこと無さそうな
『麺やばめ』だそうです

年始の挨拶にもかかわらず、オチが無くてすんません

投稿: 章仁 | 2006年1月 2日 (月) 22:44

■章仁さん

いやーまいった。2億通りも考えたのに「めでため」と「やばめ」は入ってなかった(逃)

同僚の方へご紹介頂いたとのこと感謝いたします。そして章仁さんの趣味が疑われないことをお祈りします(笑)

今年もよろしくお願いいたします!

投稿: ミサイル | 2006年1月 4日 (水) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/7936457

この記事へのトラックバック一覧です: HELLO 2006(麺固め):

« Good Bye 2005 | トップページ | いっぺき湖(IPK) »