« 歩行者用信号 | トップページ | トホホな手帳本ライター(前編) »

2006年1月13日 (金)

MOLESKINE-聖なる封印を解く儀式

音のしない夜を思わせるモールスキンブラックに色を添える帯。
モールスキンを使い始める時、それは聖なる封印を解く儀式のように厳かに外される。

とか言うとかっちょいいっすね。

たかが帯、されど帯。
外した帯をどうしましょうかっていう悩みをよく見かけますね。

----------------------------------------

表紙の裏に貼ってみたり、ポケットに保存しといて一冊使い終わった時にまた付けたり、冷凍保存したり(嘘)などなど。みなさん色々苦労されているようですね。

綺麗な色とデザインが秀逸な帯。捨てがたいですよね。
僕もちょっと悩んだのですが、

悩み終わりました。

僕はモールスキンを一生使い続けるので、今後何十冊ものモールスキンを手にすることになります。ということは帯も同じく何十枚も手にするので、いちいち取っておいたら、

おびただしい数の帯になる。
(ダジャレ注意報)

だから僕は、

いさぎよく、捨てます。
(よ!男ミサイル)

----------------------------------------

帯は確かに美しい。

しかし主役はやっぱりノート。

帯はあくまで買う時にどのタイプのモールスキンかを識別する目印。
それが事実です。

しかしそうは言っても目印以上の雰囲気を持つ帯だから困る。
あれこれ考えた結果、記念すべき1冊目の帯だけは、モールスキンのページに貼り付けることにしました。(さっき捨てるって言わなかったか、おい)

そして帯の存在について、しっかりと考えてあげることにしたのです。


帯について考える?
暇なんだねえ、馬鹿ミサイル君。


うっせーな、暇なんじゃねえよ。
モールスキンが好きだから、

暇を作ったんだっつーの。

僕は、外した帯をモールスキンのページに貼って、その横に帯に対する自分の考え(但しミサイル風、注意)を書き留めました。

これが俺の愛し方だ。この愛し方が俺だ。

----------------------------------------

以下、ミサイル・クーパーのモールスキンより引用。


モールスキンは帯を外すと、黒一色の外観になる。
そこからモールスキンは、十人十色のステージとなるのだ。



モールスキンは素晴らしくかっこいい。地球上でいちばんね。
そう思いつつも僕は「帯<本体」だと思うし、更には「本体<何を綴るか」だと思うんですよね。

モールスキンを手にして、帯を外し、さまざまなモノやコトを綴り始めるわけですが、帯を外すことで、すべての人のモールスキンは一度同じ姿になるわけです。サイズは別として、中身がプレーン、ルールド、方眼、などに関わらず、全く同じ姿になる。

そして何かを綴り始めた瞬間から、世界でたったひとつのモールスキンとなるのです。帯を外す行為と言うのは、つまり

自分のモールスキンに
生命を与える直前の行為。

(何となくエロス)

役目を終えた帯に別れを告げ、ペンを取り、インクが染み込む瞬間。
それはすなわちモールスキンに息を吹き込む瞬間なのである。

帯に別れを告げることは、むしろ「始まり」を意味するのだ。

-----------------------------------------

これが男ミサイルの「モールスキン帯論(MSOR)」です。
2冊目のモールスキンから愛を持って実行してあげようと思う。

外した帯をちまちま保存するなんて事はですね、

■新しい恋を見つけるんだ!と決意をして、

■別れた恋人にもらった思い出いっぱいのジッポライターを

■海へ向かって思いっきり投げ捨て

■さよなら、愛してたぜ、心から、と言って

■海に背を向け歩き出し、

■やっぱ、引き返して拾いに行く。


ようなもんだぜ、ベイビー。


俺は捨てるぜ、エブリバディ。
(ポケットダイアリーの赤帯はまだ持ってるけど)

-----------------------------------------

でも、それは僕の考えなので、思い出として取っとくのも自由。
裏表紙内側のポケットにしまっとく。なんてのもありかもね。


banner_02_9_thumb ←男ミサイル、べらぼうにブラボー。

----------------------------------------

|

« 歩行者用信号 | トップページ | トホホな手帳本ライター(前編) »

コメント

13日金曜日にブログランキングをぽちっと押したら
かにブログが13位でした
ちなみに今日は爺さんの月命日
ランチの待ち番号13番、ふと前の車のナンバー見たら13-13、
今これを打ちながら時計を見たら21:13…
クーパーせんせぇ、これは何かの暗示でしょうか

投稿: 章仁 | 2006年1月13日 (金) 21:23

えっ
ぼくは帯を外さずに使っていました。

投稿: ぷちこ | 2006年1月14日 (土) 00:02

■章仁さん

「暗示」という名の「偶然」です(笑)
僕なんて「13日の金曜」だってことに気づきませんでしたから(笑)

■ぷちこさん

邪魔だと感じなければそれもまたグー。
本みたいな感覚で考えでもいいんじゃないでしょうか。
Amazonじゃ「洋書」として売ってるし(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月15日 (日) 05:16

モールスキンについてのブログでもっとも面白いとの定評を耳にして,覗いてみました.
いや!!!

おもしろい!!!

私も1冊目だけを残し,後は適当にしおりにしてみたり,破れたら捨て去ったりしようと思っておる次第でござい.

投稿: けーこ | 2006年1月23日 (月) 23:35

■けーこさん

そんな定評があるんですか?ホントならすっげー嬉しいけど(笑)

「適当に」「捨て去ったり」と、けーこさんのスタンスもなかなか素敵ですね~。

投稿: ミサイル | 2006年1月24日 (火) 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/8135411

この記事へのトラックバック一覧です: MOLESKINE-聖なる封印を解く儀式:

« 歩行者用信号 | トップページ | トホホな手帳本ライター(前編) »