« トホホな手帳本ライター(前編) | トップページ | カチューシャ »

2006年1月16日 (月)

どうだ缶。

先日「空を飛べるひと」でご紹介した、空を飛べるひとのブログを見に行ったら

また飛んでました。

---------------------------------------

どうやら、缶コーヒーを飲んだらしいんですよ。
そしたら熱かったらしいんですよ、缶が。
缶が熱いわりには、中身はそれほど熱くなかったらしいですよ。

ってゆーか、
缶コーヒーってそういうものだから。


しかし空を飛ぶひとはなおも飛ぶ。大空へと舞うのだ。


それでは、その飛び立つ一部始終をご覧下さい。

----------------------------------------

そもそも缶コーヒーはコーヒーとしてぬるい。
ぬるい割に缶は熱い。その温度差に納得がいかない。
缶は腹立たしいほど熱いのに、開けて飲むと余裕で飲めてしまう。

そうなってくると、缶と中身のコーヒーとの間に完全な意志疎通がなされていないような気がして、ならば中身のコーヒーをあっという間に飲んでしまい、缶を熱いままでからっぽにしたくなる。

どうだ缶。中身はもういないようだが、まだ熱い気でいるつもりかい?

と、不敵の笑みを浮かべてみたりして、缶コーヒーと過ごすひとときを楽しんでいる。


■空を飛べるひとの日記より引用



あらら
飛んじゃったし、舞っちゃった。
(ジャタシチャッタの法則)

----------------------------------------

それでは、皆さんにお尋ねします。

缶を熱いままでからっぽにしたく

なりますか?

まあ、何かの勢いで、あっという間に中身を飲み干すことがあったとしましょうか。で、結果として熱い空の缶だけが残ったとしましょうよ。

その時に「どうだ缶。中身はもういないようだが、まだ熱い気でいるつもりかい?」って

思いますか?

正解はもうお解かりですね。

ならねーし、思わねーよ。
(ネーシネーヨの法則)

----------------------------------------

この人が、海底で昆布にかじりついたり、泳ぐマグロに抱きついてかじりついたりしてる頃はまだよかった。

地上からは見えねーし。
(しかし海女さんはびっくり、注意)

それが今回は、我々が住む世界の「缶コーヒー」という、ごく身近なところまで迫って来ていますので、いよいよ注意が必要です。

こんな台詞、間近で聞いたら、

耳やられますから。
(耳バスター)

-----------------------------------------

ちなみに、僕がもっとも脳の一部を破壊されたのはこの一文。
短いけど破壊力抜群のこの一文。

どうだ缶。

もしかして「どうだ缶。」という文を見たのって、生まれてはじめての体験ではなかろうか。

夏目漱石や、夏目漱石、あるいは夏目漱石などの文豪ですら一度も書いた事の無い「文」を、この人は書いてしまったのではないだろうか。

その歴史的瞬間を僕は目の当たりにしたのではないか、とさえ思う。

この人はなぜ、そんな歴史的な一文を書くことができたのだろうか。

答えは簡単である。

缶に向かって「どうだ」と思える人だから。

----------------------------------------

それは非常識な事なのかも知れないけれど、みんな心の中では少なからず非常識なこと考えてるよね。間違いなく。ほら胸に手をあててごらんよ。

ね?結構非常識なことを思ってたでしょ?
人の不幸を願ってたり、時には「死んじまえ」なんてことも。

それにくらべてどうですか。

缶と競って、勝利して、どうだ缶。

彼女が空を飛ぶとき、彼女は誰も不幸にしないのだ。



banner_02_9_thumb ←どうだ缶って思ってみる?

----------------------------------------

|

« トホホな手帳本ライター(前編) | トップページ | カチューシャ »

コメント

うひゃひゃひゃ、サイコー(笑
いいなぁ、本当に純粋なんだろうなぁ。
自分の身の回りのもの、ちょっと興味を引いたもの、自分とのかかわりをすごく大事にしてるような気がしますねぇ。

しかし、ミサイルさんのコメントもサイコー(笑
僕なら「あはは」で終わるところをここまでストーリーにできる感性・・・やっぱり欠片でもくださいよぉ。ねぇねぇ(笑

投稿: せんべえ | 2006年1月17日 (火) 22:38

■せんべえさん

どうだ缶。という台詞には正直やられましたね。缶を相手とみなすのも、競う基準も常識超越してる(笑)

>欠片でもくださいよぉ。

差し上げてもよいのですが、何に使うんですか?(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月18日 (水) 03:37

欠片でも持ってれば逆ナンされないか、試してみようかと(@_@;)\☆baki

投稿: せんべえ | 2006年1月18日 (水) 22:02

■せんべえさん

>試してみようかと

効果が無いことは僕が立証済みです(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月19日 (木) 10:08

はははは!!
何がおかしいってミサイルさんのコメントね!

でも,私はその空飛ぶ人?の気持ちわかっちゃった...
(じゃあ,私も飛べちゃうの??!)

最近は部屋にこもってるから勝負する相手といえば自分のみ.
だけど,ほら,缶入りのコーンスープ.
あれ飲むときはかなり勝負するでしょ.
きっと,空飛ぶ人ってその感覚だと思う.

これ,おかしいのかな.

最近ミサイルさんのブログにはまりつつあります.ありがとう.

投稿: けーこ | 2006年1月25日 (水) 21:08

追伸☆
コメントを書いた後に以前のブログも読みました.ここであわせて.

私,ドラえもんを見て育ったせいでしょうか,ずっと

雲の上は歩けるものなのだ

と思ってました.
高校生くらいの頃,飛行機に乗り雲を眺めながらそう思ったことを友人に話したら

乗れねぇべ?

とバッサリ.
ショックと同時に自分の無知さに呆れました.

投稿: けーこ | 2006年1月25日 (水) 21:13

■けーこさん

>ショックと同時に自分の無知さに呆れました

嘆くなかれ。空を飛ぶ人は、それでもなお雲の上を歩こうとしますよ、きっと。

でも意外に缶コーンスープのコーンとは戦わないような気もする。「おいコーン。私に戦いを挑んでいるようだが、あいにくお前に関わってる時間はないのだよ」と置き去りにしそう(笑)
ある意味圧勝(笑)

>最近ミサイルさんのブログにはまりつつあります。

嬉しい!

>ありがとう.

更に嬉しい!

投稿: ミサイル | 2006年1月26日 (木) 12:16

さすが,ミサイルさんです.
一枚上手というか・・・.
人生の師匠と仰ぐことにします(チーン)

投稿: けーこ | 2006年1月26日 (木) 12:56

■けーこさん

>人生の師匠と仰ぐことにします

では、お言葉に甘えて、けーこさんを人生の弟子として見下ろすことにします(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月26日 (木) 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/8186646

この記事へのトラックバック一覧です: どうだ缶。:

« トホホな手帳本ライター(前編) | トップページ | カチューシャ »