« ある夜の3人 | トップページ | ポイネの法則 »

2006年1月24日 (火)

女脳

俺はスーパーロックスターだけど、

車庫入れもするぜ。
(するだろ普通)

先日車庫入れをした時のこと。
その車庫はちょっとスペースが狭かったので、一緒に居たギターのナイス・リー(スタ丼フリークス)に誘導してもらって無事車庫入れ完了。

車を降りると、ナイスが何か言いたそうな顔で立ってるじゃない。
「ごめん、車庫入れヘタクソだった?」と聞くと、

「ヘタじゃないけど、じれってえ。」

と言われました。

そうなんですよ、そうなんですよ。僕の車庫入れって

すっげー遅いの。
(牛レベル)

思い切ってギュイーンってバックできないんだよね。
(ギュインバック症候群)

----------------------------------------

更にナイスは言う。

「脳みそには『男脳』と『女脳』があるらしいんですけど、

ミサイルさんは間違いなく『女脳』っすね。」

そりゃ車庫入れの苦手な女性は多いけど、それだけで判断すんなっつーの。俺は男の中の男だっつーの。むしろ男の中の男の中の男だっつーの。

しかもスタ丼ナイスの野郎、さらりととどめを刺しやがった。

「女々しい脳みそだな。」

この野郎、言わせておけば失礼なことばっか言いやがる。
仏のミサイルの堪忍袋の緒が切れたっつーの。
こうなったら、

帰ってネットで調べてやる。
(使い放題だし)
-----------------------------------------

さっそく調べましたよ。
ネットサーフィンしましたよ。サーファーでもねーくせに。

見つけましたよ。「男脳と女脳」に関するサイト。

原始時代。男は狩りをするのが仕事で、自分の持つスピードを駆使して獲物をしとめるため、空間能力が発達した。それに対し女性は、自分の子供が何か訴えているとき、その微妙な表情により、何を訴えているのか的確に判断できるようになった。

ふむふむ、なるほど。つまり、

俺は、狩れねーのかよ。

と思ったが、そういうことじゃないらしい。

例えば上記の原始的な男女の役割分担に例えられるような、男っぽいさ/女っぽさみたいなものが、脳みその性質として存在するらしいっすよ。

つまり、脳の優劣という意味ではなく『女脳の男性』も居れば反対に『男脳の女性』も居るということです。

だから、女々しくはねえっつーの。
(ナイス君、見てますかあ)
----------------------------------------

更に男脳&女脳(ON&ON)を求めて、サーファーでもねーくせにネットサーフィンしてたら、面白いもの見つけちゃった。

男脳・女脳テスト

やり方は簡単、質問に対して3択で答えていくだけ。
全部答えると、自分の脳が「男脳」か「女脳」か解るテスト。

さっそくやってみましたよ。
----------------------------------------

さて、男の中の男、ミサイル・クーパーの結果を発表しましょう。

スコアは280/330ポイント。つまり女脳度「84パーセント」

やっぱ俺は狩れねーのか。

と思ったけど、診断を読んだら、どうよ、これ。

得点が高いほど「女脳」度が高くなり、創造性、芸術性が豊かで、音楽の分野に才能を発揮する。直観や感覚でものごとを判断し、わずかなデータから問題を鋭く認識することができる。洞察力を働かせ、思ってもみない方法で課題を解決するのがうまい。

いいじゃない、いいじゃない。まいっちゃうなあ、もう。

どおりで俺って、
ロックスターだし、
詩人だし、
芸術家だと思ったよ。

(&スタ丼好き)

いいじゃない、女脳。

----------------------------------------

とすっかり気をよくしていると、もうひとつコメントが。

男性で、180点を超える人はゲイになる可能性が高い。




ゲイ予備軍だったのかよ、俺。

----------------------------------------

でもね、でもね、ゲイバーってすげー楽しいらしいですよね。

男なだけに、男のツボを知ってると言われるけど、もしかすると「女脳」も大きく関係してるのかもしれない。

男が女脳で男を楽しませる。

男でありながら、本能的に、女脳の特性である「相手の微妙な表情も汲み取る感性」で会話ができる部分を持ち合わせてるわけです。そういう人たちがプロの接客を目指すわけですからね。すげー技ですよ、これは。


そう考えると、なるほど、ゲイも悪くない。


あ、いや、そういう意味じゃなくて。




banner_02_9_thumb ←失速中。バツが悪いぜエブリバディ。

-----------------------------------------

|

« ある夜の3人 | トップページ | ポイネの法則 »

コメント

こんばんは。
脳テストやってみました。130の男性脳でした。結構楽しめました。
こんなテストあったんですね。
また寄らせていただきますね。

http:/blog.livedoor.jp/motoi0512/

投稿: 米田芳尉(米田芳尉のつぶやき日記) | 2006年1月24日 (火) 22:55

私は、70くらいで男脳でした。
どうりで、チャットで『ネカマ』と間違えられて主婦部屋を追い出されたわけだ……。

男脳と女脳の差は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁の太さの違いと聞いたことがあります。
男の人は狭く、情報が少しずつ順序立てて入ってきて分析されるので理論的、女性は、沢山の情報が1パックとして入ってくるので、混乱しやすいけど、情報の関連づけが得意なんだそうです。(TVの受け売りですが)
ちょっとのことで、
「あんた浮気したでしょう?」
と、ドキッとするほどの直感力を発揮するのは、そのためとか。

なんて、こんなことを書き込む辺り、男脳の証拠かも……。
(つまんない話を、長々とごめんなさい)

投稿: バジル | 2006年1月25日 (水) 02:34

110だった。
男脳だ。

投稿: 市松嵐 | 2006年1月25日 (水) 08:38

240点。女脳でした。
ちょっとびっくり。
いや仕事しろ、私。

投稿: syaopairon | 2006年1月25日 (水) 10:52

こういうの好きなので、早速、やってみました。
結果は170、「中性的な脳」だそうです。
極端に男っぽい、あるいは女っぽい考え方をしない..はいいとして
男と女の両方に片足ずつ踏み込んでいる ようなもの..は微妙?? (笑)

投稿: | 2006年1月25日 (水) 11:47

130点で男脳の女性でした(^^;;
やはり男っぽいかぁ(笑)

投稿: さっちん | 2006年1月25日 (水) 13:27

◆米田さん、
◆バジルさん、
◆市松さん、
◆syaopaironさん、
◆柊さん、
◆さっちんさん、

まとめてレスしてソーリーベイビー。

いやいや非常に興味深い傾向が見えてきましたね、これは。

遊びに来てくれる男性も女性のほとんどが「男脳」 そして僕は「女脳」

って事はですよ、みんな僕のこと「カワイ子ちゃん」だと思ってるっつーことだな(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月25日 (水) 19:10

相変わらず面白いブログで・・・
ミサイルさんの言葉の使い回しが好きです.
ちょっと似てる気がする(笑).私と.
いや,別に間接的に自分が面白いといってるわけじゃないですよ.

ちなみに,私もテストやってみました.
男脳の女性(score100)でした.
うん,だろうな.納得.

ミサイルさんのおっしゃるとおり,ココに訪れる方の多くが男脳,ってことはうまい具合に惹かれてるってことでしょうね.

投稿: けーこ | 2006年1月25日 (水) 20:57

■けーこさん

>ミサイルさんの言葉の使い回しが好きです

ありがとうございます。皮膚感覚で書いてるだけですけど、気に入って頂けると嬉しいです。

僕に似てる(?)というけーこさん、ブログなどお持ちならぜひ読んでみたいな。

投稿: ミサイル | 2006年1月26日 (木) 12:08

いえいえ,私が書く友人宛のメールの文体と似ていて.なんとなく自分の文章に自ら突っ込むところとか.比喩っぽいところとか.

あぁ,なんか自分の文章を書く感覚と同じだぁって共感しちゃって.

まぁ,私の場合メールだからもっとやりたい放題なんですけどね(笑).

でも,最近昔の友人に「今のけーこちんがみたい」と強い要望(!!!)によりブログを再開しました.

しかし,かつては自分のコアなさらけ出してやりたい放題書きたい放題だったのが,人が見るかもしれない!と思ったら恐縮してしまって...そんなときミサイルさんのブログを見て「あ,コレだ!!」と懐かしいにおいがしました.

ブログのURLは改めて直接メールでもします.

投稿: けーこ | 2006年1月26日 (木) 12:53

■けーこさん

ブログ楽しみにしてますね。思いっきり書きまくり期待してます。

でも僕のスタンスが正解かどうかは賛否両論(賛1:否9)だと思いますけど(笑)

投稿: ミサイル | 2006年1月26日 (木) 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/8316244

この記事へのトラックバック一覧です: 女脳:

« ある夜の3人 | トップページ | ポイネの法則 »