« 俳句とボルシチ | トップページ | バレンタインデー »

2006年2月13日 (月)

その朝のコーヒー

おまえに何が解るんだ

と怒鳴ったら

君は君が解る事を話し始めた

あんなことや
こんなことや
そんなことまで

ふと気が付くと
僕は君の胸に
すっぽり抱かれて

小さな勇気
みたいなものが
わいてきたような
気がしながら

いつのまにか
寝ていた


のよ


と言われて照れる朝に

コーヒー

ありがとう




banner_02 ←君でよかった、と泣きそうになったり、泣いたり。

-----------------------------------------

|

« 俳句とボルシチ | トップページ | バレンタインデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/8650586

この記事へのトラックバック一覧です: その朝のコーヒー:

« 俳句とボルシチ | トップページ | バレンタインデー »