« マンホールゲーム | トップページ | カルボナ »

2006年2月18日 (土)

極楽思考術

gzone_01

僕が愛用しているケータイ「G'z One Type R」
auの防水&耐衝撃仕様のタフなやつ。
いいぜコイツは。

バスフィッシングをするときに持ち歩くなら絶対コイツ。ちょっとくらいの落水ならダメージがないし、釣ったブラックバスが飛沫をあげても気にせず撮影できる。岩の上に落としてもぶつけてもなかなか壊れない。LEDライトや電子コンパス搭載というのもアウトドア仕様だし、電波時計だから時間も正確。理想をすべてかなえてくれるコイツは、本当に言うことなしの相棒。

今はバスフィッシングもオフシーズン。
でもコイツは相変わらず活躍してくれている。

僕の頼もしいブレインとして。

なぜなら脳みそにオフシーズンはないから。(決まったぜ)

----------------------------------------

最近僕は、コイツと一緒に風呂に入る。


「湯船に浮かべて遊ぶ、いや沈めて遊ぶのかい?」

「え?まさか体を洗う機能もついているのかい?」

「もしかして君の家はリビングがバスルームなのかい?」


ははは。発想は面白いけど、全員不正解&全員クビ。

----------------------------------------

ケータイには「メモ機能」ってやつがあるじゃないですか。
しかも防水ケータイとくりゃ、こいつはすなわち「防水型メモ」ってことだぜベイビー。

とはいえ、こいつはデジタル機器。
デジタル機器にはよく言われる欠点が幾つかある。
でもノープロブレム。さすがは相棒。


■電源を入れてから立ち上がりまでのロス時間。

ケータイだもん。つねに電源はオンだぜベイビー。


■メモ画面に至るまでの手順の多さ。

トップ画面からわずか2プッシュで「簡易メモ」に行ける。
2プッシュなんて、0.8秒くらいのことだぜ。


■簡易メモ?大したことないんじゃねーの?

侮るなかれ「簡易メモ」を。
書き込んで「登録ボタン」を押すと自動的に罫線が引かれ、
次のメモが書き込めるのだ。

1件毎にファイルを作成するのではなく、ひとつのメモ画面に
時系列にメモが蓄積されていく。この一覧性が快適。


やるじゃん G'z One。ボディの耐久性もさることながら、さりげなく知的生産ツールとしての側面も持ち合わしてるところが何ともかっこいい。

そして、余計な装飾のない黒の佇まい。

まさに風呂のモールスキンだぜ。(また決まった)

-----------------------------------------

風呂でメモ。やってみるとすごくいい。
そして、すごくいいのには理由がある。

好みの温度に設定した湯に体を滑り込ませる。その瞬間、しみじみ漏らす「ふあ~」というあいまいな発音のリラックスボイス。そして続く言葉がそう、お約束の、

「極楽、極楽。」

ここがポイント。すっげーポイント。

湯船に浮かんでいる脳みそはつまり「極楽状態の脳みそ」なんですよ。職場や通勤電車じゃなかなか作れない貴重な「極楽状態の脳みそ」をただ浮かべておく手はない。

最高にリラックスした脳みそが発想する自由なアイデア。それを受け止めるのが風呂のメモなのだ。

「思考」なんて堅苦しい言葉は抜きにして、湯船に寝そべって「かにクラブのテーマ」なんかを鼻歌で歌ったりしながらメモ。あー楽ちん。

-----------------------------------------

ちなみに「風呂ぐらい何にも考えねーで入りてーよ」という人のために。そりゃそうです、僕も同感。

この「極楽思考術」は、風呂に入ってるときも思考しろって話じゃない。アイデアが浮かんだときに対応できる環境作りの提案ですね。

僕も風呂で必ずアイデアが浮かぶ便利な脳みそを持ってるわけでもないし、毎度メモしてるわけでもない。

ってゆーか、アイデアをまとめるために風呂入ったんじゃリラックスできない。浮かんだらメモすればいい。浮かばなきゃ風呂を楽しむ。

だからこそ防水ケータイなんですよ。

必ず使う保証のない普通のメモやペンを、無駄に湯気にさらすより、防水ケータイならタオルにくるんで置いとけば、ほとんどノーダメージ。そこがいいの。

-----------------------------------------

でも、アイデアがわいてきたときは最高に気持ちいいですよ。
バスルームなだけに

アイデアもまた、湯水のごとく。なんつって。


banner_02

------------------------------------------

|

« マンホールゲーム | トップページ | カルボナ »

コメント

その気持ち同感です!
実はワタクシのケータイはまったくもってフツーのケータイ.
ところが,現代っ子に一歩足を踏み入れようと
している若作りなワタクシは風呂にケータイを
持って入る術を手に入れました.
いわゆるジップロックみたいなやつに
入れちゃったんです^^いひ.
常に折りたたみ式が開かれた状態ですけど,
密閉性は高く割と優れものです.
・・・が,ミサイルさんのケータイ裸で一緒に入
れるってのが・・・魅力ですね.

投稿: けーこ | 2006年2月20日 (月) 23:00

これぞ男のケータイって感じでいいですね♪

投稿: さっちん | 2006年2月21日 (火) 13:27

■けーこさん

いいじゃないですか、ジップロック系。
ケータイ腐んないし。

でも確かに裸の付き合いってところが気の知れた相棒って感じで気にいってます。

■さっちんさん

男のケータイって感じでしょ!
水とか泥とか気にせずに突き進む系が好きですね。自分がそうじゃないからかな(笑)

投稿: ミサイル | 2006年2月21日 (火) 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/8706654

この記事へのトラックバック一覧です: 極楽思考術:

« マンホールゲーム | トップページ | カルボナ »