« カルボナ | トップページ | LAMY2000万年筆 Xデー間近 »

2006年2月21日 (火)

トホホな手帳本ライター(後編)

システム手帳っつーのは、MONTHLY、WEEKLY、DAILYの3種類のリフィルを使って、ひとつの事を俯瞰したりズームしたりできる。綴じ手帳にこの3種類を標準装備したものはなかなかない。

だからシステム手帳は最強らしいっすよ。

確かに綴じ手帳ってMONTHLYとWEEKLYしかないパターンが多い気がする。

でも別に不便じゃないんですけど。

-----------------------------------------

大体、システム手帳の、WEEKLYリフィルとDAILYリフィルって選び方によっては大差ないじゃないですか。

僕はシステム手帳に、MONTHLYとWEEKLYのリフィルを使ってますが、WEEKLYの形態は左ページに7日分。土日は筆記スペースが小さく横並び。従ってウィークデーの筆記スペースが結構ある。1日の予定が少ない人にとっては、これをDAILYリフィルとみなすこともできるでしょう。その場合「1週間の俯瞰もできるDAILYリフィル」と呼んでもいいかもしれない。

加えて、僕の手帳の右ページはまったくのフリーページ。
特にズームする必要のあるタスクはここに詳しく書く。つまりメモスペースでもあり、DAILYリフィルの役割もかねてるわけです。

毎日毎日ズームしなければいけないほどの仕事を抱えてる人、もしくは手帳を日記としても使ってる人などは、個別にDAILYリフィルがあった方がよいのかなとは思う。

僕にとっては、毎日使わないDAILYリフィルほど無駄にかさばるものはないので使わない。毎日1ページ使う必要のある人向けだと思う。

確かに、右側のスペースでは足りないほどズームしたい仕事もたまにある。その場合は別にメモリフィルがある。だから、何が何でもDAILYリフィルじゃないといけないという理由が僕にはない。

-----------------------------------------

以前、彼の3種類のリフィルを使った俯瞰&ズーム論に対して、こんなツッコミがあった

「転記の手間と、転記ミスの可能性」

ごもっとも。同じ事を3種類のリフィルに書く手間ってすげー無駄な気がする。その上転記ミスしたら本末転倒。水の泡。

それに対する彼のコメント。

「転記の手間や書き間違いは人によるのでいちがいには言えないでしょう」

だって。ごもっとも。でもそれを言っちゃおしまいだろ。

やだなあ、もう何ですか、その

ごもっともなだけで無責任な理論は。

熱心なあなたの読者が、無駄な手間をかけたくない、書き間違いをしたくないって言ってるんですよ。ってゆーか、普通、3箇所に同じこと記入しろっていわれたら、当然抱く疑問ですよ。

ちなみにこの理論の発表が2005年12月。

----------------------------------------

さてみなさん、ここからがショータイムです。

「転記の手間や書き間違いは人によるのでいちがいには言えないでしょう」

と言い放って3種類のリフィルの記入&活用を論じていた彼。
2006年2月に新しい理論が発表されました!

テーマは「転記」について。
(来た来た。前回の理論の具体的な例かな?)

彼は、メモや情報を、ある紙のフォーマットから別の紙のフォーマットに手で書き写すことについてこう語っています。

「この種の行為は、おおよそ時間のムダにしか思えない」
(ずっこけショータイム、注意)

あんたの言うとおりに3種類のリフィルに一生懸命転記しちゃった読者はどうなるのよ。

しかもこんなことまで言っちゃってるの。どうしましょう。

「これが、写経のような、ある種の訓練や修行的なことならば意味はあると思えるが」

そりゃそうですよね、システム手帳ユーザーがみんな

寺の坊主じゃねーし。

坊主だって写経はしても、手帳はシンプルかもしれねーし。

-----------------------------------------

大人気ないとは思いましたが、仏のミサイルも今回はつい立ち上がっちゃいました。だってそうでしょ。読者がかわいそうじゃん。僕も含めて。そりゃそうだ。僕だって疑問を抱きながらも真剣に読んだんだぞ。

とは言っても、根っからの仏のミサイル。物腰やわらかにこんな具合にコメント。

以前、システム手帳の特徴として挙げていたスケジュールの手書き(転記)方法と、今回の「転記は無駄」という理論の解釈が解らず質問させて頂いた次第です。

てな具合に質問形式で。すると返信をいただきました。

「私のエントリーでは『メモや情報の転記』と記してあります。つまりここにスケジュールは含まれないのです。この点、ご理解いただけますでしょうか。」

なーんだそうだったのかー。

だったら誤解のないように書けよ。

プロの文章家は、読者に誤解されちゃいけないんだっつーの。
ましてやあなた、過去にあんな記事書いてるんだから。

この人よくあるんですよ。コメントに対してこういう言い方すること。

「しかも、ご理解いただけますか?」だって。
こういう言い方って政治家とかお役所が良く使うよね。
納得できない=理解力が無い、と思わせる言葉のマジック。

ああ、理解してあげたとも。

あなたの、
プロとして足りねー部分を。


ちなみに僕は、スケジュールもメモも、情報のひとつに含まれると思うんですけど。

情報って言葉の定義付けもしてないくせに「スケジュールは含まない」とか自分定義で言っちゃいけないですよ。

もう、めんどくせーから、そこはツッコまなかったけど。

----------------------------------------

実はその後も彼のブログで、僕との議論は展開中なのですが、今日のところはここまで。

風呂入りてーし。

続きはいつか書くかもしれないし書かないかもしれない。
僕は匿名でコメントしてないので、彼はこの記事を読むかもしれません。

間違っても抗議のメールを送って来たりしないことを祈ります。

プロライターが素人読者に抗議。ありえねーから。
抗議のメールなんて女々しいことせずに、

作品で納得させる。

それがプロです。

読者はお金を出して作品を買ったわけです。そりゃそれなりに厳しいこと言いますよ。

そういうこと。




前編もあわせてどうぞ)


banner_02

----------------------------------------

|

« カルボナ | トップページ | LAMY2000万年筆 Xデー間近 »

コメント

こんにちは。

もやもやしていたものがスッキリしましたよ(笑)。

遅くまでおつかれさまでした。

投稿: ふむふむ | 2006年2月22日 (水) 08:37

おっと第二弾登場ですね、私も超整理手帳のコーナー始めたので
ネタUPしておきますよー。「システム手帳で超整理手帳を使う」
ってね~

投稿: さっちん | 2006年2月22日 (水) 09:47

■ふむふむさん

そう言っていただけると救われます。

彼のブログを読者は真剣に読んでると思うんですよ。彼は本を書いたプロなんですから責任を持って書いて欲しいと願ってるんです。

思いついたらすぐ書くのでは趣味ブログと同じ。手帳ユーザーの色んな側面を考えて推敲してから発表して欲しいんです。

ちゃんと書いてれば、あんな風に姑息に本の宣伝ばっかりしなくても売れるんだって。

また言いたい放題。ごめんなさい(笑)

■さっちんさん

超整理手帳。僕はユーザーではありませんが興味はありますので楽しみにしてます。

ガツンと良さを書いてみてください(笑)

投稿: ミサイル | 2006年2月22日 (水) 11:49

うんうん、確かに(笑)。

私も、某ブログを真剣に読んでいる一人です(爆)。

断定型で書かれている時、「?」と思うこともしばしばありますが(ほとんどか(笑))、参考になることもありますので…。

“姑息に本の宣伝”には同意(爆)。

著者がブログでも持論をちゃんと展開して、それが読者を納得させる内容なのであれば、新刊の自著の書名を毎回のエントリーに載せていなくても、私も興味をもって自分で調べて買うと思いますね(笑)。

また、寄らせていただきます。ポチッとランキング押しておきました(笑)。

ありがとうごさいました。

ミサイルさんを有名人にした知り合いのふむふむでした(笑)。

投稿: ふむふむ | 2006年2月22日 (水) 21:58

■ふむふむさん

彼自身を責める気は毛頭ないのですが「ライターとしての彼」を許しがたい、というところです。

何だかこのまま返信がないような気もするのですが(笑)

読者の質問に返答も出来ないなら「入門書」とか書いちゃいけない。blogも作るな。作っても良いけど最初からコメント受け付けるなっつー話です。

ふむふむさんの言ってること、整然としていてとても気持ちいいですね。

ランキングありがとうございます!

投稿: ミサイル | 2006年2月23日 (木) 12:06

某ブログの回答コメントを見ました(笑)。

僕も今はメモ帳は持っていない(システム手帳only)なので、感覚としては某氏と似ています。

あっ、ロディアとかinfopadとかには興味あるんですけどね(笑)。

ただ、検索性を高めるために、いろんなところにバラバラに記述されたメモを1枚のメモに転記(集約)するなんてことは結構やってますけどね(笑)。

まあ、ちゃんと返答があったのでとりあえず安心しました。

また、寄らせてもらいます。ありがとうございました。

今日もポチっと(笑)。

投稿: ふむふむ | 2006年2月24日 (金) 12:12

■ふむふむさん

システム手帳オンリーにこだわるのもひとつのスタイルですよね。とにかくシステム手帳を見れば何でも解るという状態は素晴らしいと思います。

僕が思う「重い」とか「そぐわない場」というのはあくまで主観なので、ふむふむさんのスタイルも良いと思いますよ。

コメントあってほっとしました(笑)
まあ彼のシステム手帳の使用例を聞くことはできましたが「転記が無駄」の論証は聞けませんでした。もういいや(笑)

ふむふむさんの例のように必要な「転記」もあるとおもいますよ。「1件1リフィル」という考え方もありますけど、非常に似たカテゴリーならばまとめた方が効率的だと僕は思います。

転記の手間にこだわって紙の枚数を増やすと「探す」という手間が増える。そういう側面を考えながら自分に合うやりかたを見つけていきたいものですよね。

投稿: ミサイル | 2006年2月24日 (金) 13:14

ここでのコメントすべてを、某ブログに「転記」したい白玉です(爆)。

こういう建設的な議論が交わせないと意味ないなぁと感じます。

何度もコメントしてしまい申し訳ありませんでした。ご丁寧に対応頂きありがとうござました。感謝です。

投稿: 白玉 | 2006年2月24日 (金) 19:36

■白玉さん

>某ブログに「転記」

上手い!(笑)
でも、某ブログを参考にしてるファンの方々も根強くいらっしゃるようですので、向こうはそっとしておきましょう。

>何度もコメントしてしまい

こちらこそありがとうございます。白玉さんの意見を聞けたことはとても貴重でした。いいものは参考にしつつ、自分の考えも持ち、試行錯誤しながら、今後とも文具を楽しんで行きたいですね。

投稿: ミサイル | 2006年2月27日 (月) 02:02

超整理手帳&システム手帳のコラボ画像UP致しました~
単純に切っただけですけどネ

投稿: さっちん | 2006年3月 2日 (木) 23:28

■さっちんさん

見ましたよー。
余白を切り取るとバイブルサイズとは、全く違う形に見えていたので面白かった。

メリット/デメリットの両方を考察しているところもいいですね!

投稿: ミサイル | 2006年3月 3日 (金) 18:04

ジャバラシートの紙質が厚いので長期持ち歩きに安心して使えます。
長期見渡しできる所のみ気に入ってるのでスケジュールは
超整理、メモ部分はシステム手帳のリフィルでジャンルごとに記入
ができれば理想かなと思っていますよ

既製品でバイブルサイズ対応のシートが欲しいくらいです(^_^)
日付の所は手書きかテプラでも張って対策してみます

投稿: さっちん | 2006年3月 6日 (月) 11:19

■さっちんさん

サーバーメンテナンスで返信遅くなりました!

超整理、システム手帳のそれぞれのよいところを取り入れて自分流に使うという、フレキシブルな考えがとても参考になりました!

投稿: ミサイル | 2006年3月10日 (金) 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/8777150

この記事へのトラックバック一覧です: トホホな手帳本ライター(後編):

« カルボナ | トップページ | LAMY2000万年筆 Xデー間近 »