« 克己 | トップページ | 聖徳太子 »

2006年3月19日 (日)

ジョン

インコを飼っていた頃のこと。
ブルーとホワイトの模様が綺麗な、インコ然としたインコだった。

買ってすぐに名前をつけた。

名前はジョン。

犬の名前じゃねーかよ!と思いますか。そうですか。
インコにジョンはおかしいですか。そうですか。

確かに、近所の人もおかしいと思ってる様子でした。



近所: インコ飼ったんですね!名前何て言うんですか?

ミサ : ジョンです。

近所: …ジョン?ワンちゃんみたい、ですね(苦笑)

ミサ :  そうですかねえ…。

近所: オスなんですか?

ミサ : メスです。

----------------------------------------

何で近所の人の苦笑までかっちゃう名前にしたかって?
だって、

こんな会話をしてみたかったから。

最初は面食らってた近所の人も、1週間もすれば普通に「ジョン」と呼び始めるものです。

その時がまた面白いし。
(1粒で2度おいしい)

---------------------------------------

でもね、面食らったのは近所の人よりも、

ジョン自身だと思いますよ。

普通はピーちゃんとかピーコちゃんみたいな名前をつけるわけで、ジョン自身も、

「この人スーパーロックスターとか言ってるけど、ずいぶん普通っぽいわね。そろそろ私に名前をつける頃かしら?まあどうせ、ピーコあたりが相場でしょうけど。早く決めてよね、私も暇じゃないのよ、ロケットさんでしたっけ?」

なんて思っていたに違いない。

すっかり余裕で足を組んで煙草を吸ってる彼女を、思いっきり呼んであげましたよ。

ジョン!って。

その時のジョンの驚いた顔ったら、そりゃもう傑作でしたよ。
何て言えばいいのかなあ、

ハトが豆鉄砲食らったみてーな顔
のインコ。

なあジョン。
人間にも色々いるってことが解っただろ、ジョン。
そしてこんな風に自由を楽しんだりもしてるわけだよ、ジョン。
これから僕と一緒に、自由に楽しく行こうぜ、ジョン。


banner_02

←気分はジョンジョン

---------------------------------------

|

« 克己 | トップページ | 聖徳太子 »

コメント

>最初は面食らってた近所の人も、
>1週間もすれば普通に「ジョン」と呼び始めるものです。

>その時がまた面白いし。

職場に『クサイ』っていう男の子が居るんですよ。
最初は名前を呼ぶのに躊躇しましたが、そのうち、普通に「こら、クサイ!」などど言っている自分を発見しました。
この間、彼の名前が載っているリストにミスがあり、彼の名前が『サイ』になっているのを発見したときは、仕事仲間と大笑いしました。
『クサイ』と『サイ』日本語的にどっちが笑えるかというと……
ミサイルさんのおっしゃるとおり、慣れというのは面白いものです。

ちなみに私の職場には、昔『キリン』という名の男の子も居ました。

投稿: バジル | 2006年3月21日 (火) 02:25

■バジルさん

>ミサイルさんのおっしゃるとおり

慣れというのは面白いもので、普通に「ミサイルさん」って言ってるバジルさんも面白いし、バジルさんって言ってる僕も面白いし(笑)

投稿: ミサイル | 2006年3月21日 (火) 04:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/9169728

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン:

« 克己 | トップページ | 聖徳太子 »