« 春オヤジ | トップページ | 肉まんをひとつ »

2006年4月28日 (金)

ツーステップシットダウン

例えば電車で、二人のサラリーマンに挟まれた席が空いてたとします。そういう席に座ると必ずと言っていいほど、

上着の裾に座っちゃいますよね。

逆に、大半の人が上着の裾に「座られた」経験もあると思います。
上着の裾に座られるのって嫌ですよね。何だかすごく不自然な力に、首や肩が下のほうにひっぱられる感覚。あれを毎日少しずつ計画的にやられたら、

微妙に背骨曲がるんじゃねーの。

って思うほど、何とも言えない嫌な圧迫感があるものです。

----------------------------------------

その感覚を知っているだけに、上着の裾というのはお互い座りたくないし、座られたくない。ああ上着の裾に潜む、得体の知れない

肉体的かつ精神的圧迫感、
という名の魔物。


-----------------------------------------

孤高のひとり相撲師、ミサイル・クーパーは、その魔物を退治すべく素晴らしい発明を致しました。その名も、

ツーステップシットダウン。
(特許出願中)

早速ご紹介しましょう。
スーツを着たサラリーマンに挟まれた席に座るときは、

まず浅く座る。
そして一呼吸置いてから深く座る。


たったこれだけのことだけど、すごく効果的。

まずワンステップ「浅く座る」

この時点では、上着の裾を踏んでしまうことは無い。と同時に、両サイドの人に対する重要なサインを送ることになるのだ。つまり、

今からあんたたちの間に座るから、
上着の裾、引っ込めてくれよ。


というサインを送り、上着の裾を引っ込める時間を与えるのだ。

そしてツーステップ目で「深く座る」

どうですかエブリバディ。

もうすっかり上着の裾は雲散霧消。

そこには快適な、あなただけのシットダウンスペースが確保されているはず。

ツーステップシットダウンは、あなた自身のための発明であり、同時にあなたの両隣の人のための発明でもある。それはもう単なる発明を超えて、

優しさそのもの。

----------------------------------------

さあ、みなさんもミサイル・クーパーが発明した「ツーステップシットダウン」を是非お試しください。

夏以外の3シーズン使えます。


Banner_02_5


----------------------------------------

|

« 春オヤジ | トップページ | 肉まんをひとつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/9814455

この記事へのトラックバック一覧です: ツーステップシットダウン:

« 春オヤジ | トップページ | 肉まんをひとつ »