« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

すっぽこぴー について

アクセス解析を見てると色んな検索ワードで、かにブログを訪れる方が居て、非常に興味深いものがあります。

こんな検索ワードがありましたよ。

「すっぽこぴー」

過去の記事で「すっぽこぴー」について書きました。それが検索されちゃったわけだけど、ちなみに「すっぽこぴー」って言葉は、

口から出まかせの、造語。

そんな「すっぽこぴー」をグーグルで検索する人が居るとは。
僕以外にも居たのですね、

「すっぽこぴー」という言葉のある
生活を送っている方が。


気になるなあ、その人。

でももしかすると、どこかで「すっぽこぴー」を目にして、「すっぽこぴーって何だよ?」って疑問に思って調べたのかも知れませんね。

それって、かにブログだったりして。

でも「すっぽこぴー」なんて造語なので、

また、かにブログがヒットしたりして。

一度足を踏み入れたら二度と抜け出すことができない、
世にも忌まわしい、

すっぽこぴー無限ループ。
(SPPML)
-----------------------------------------

こんな珍ワードもありましたよ。

「仙台出身 有名人以外」

ふーん、「仙台出身」で僕が検索されちゃうんだ。
すごいね、ブログって。

しかも「有名人以外」でミサイル・クーパーですか。

なるほど、「仙台出身で、有名人じゃない人」そんなとこまで検索できちゃうんだね。

でもさ、

正確に検索してんじゃねーよ、
グーグル。

(かっこわりーじゃん、俺)

一応、スーパーロックスターって事になってるんだから。


Banner_02_33


----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

揚げ足に関する奥義

人の揚げ足を取っていい気になっているタイプの人間が居る。
俺はそういう器の小さい人間に、教えてあげたい。

おめーら、ちまちまちまちま揚げ足取るなら、

ついでに軸足も払えよ。

その方が確実にすっ転ぶぜ。

揚げ足を取って、
軸足も払う。

それが揚げ足取りの奥義だ。
ギャフンと言わせたいなら深く考えて、そこまでしねーと。

----------------------------------------

ついでなので、逆に揚げ足を取られた場合の奥義もね。

揚げ足を取って楽しむタイプの人間は、往々にして考えが浅い。
考えが浅いから、すぐ飛びついて揚げ足を取る。
まあ言ってみれば、

虫みてーなもの。

所詮、虫なのであわてる事はない。

まず、揚げ足を取って得意げになっている虫の、

軸足を軽く払う。

虫なので、軽く払うだけで、簡単にすっ転びます。

次に、虫に取られていた揚げ足を、ゆっくり降ろしつつ
横たわってる虫を、

ぷちっと踏みます。

ついでに、

軽く屁なんてこいちゃうのも風流ですね。

以上、ミサイル・クーパーの揚げ足に関する奥義でした。


Banner_02_32


----------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

ライブ終わりました!

Img25774329ljh2fk

イエーイ、スーパーロックバンド「かにクラブ」です。
6/25(日)四谷アウトブレイクで、ライブをやってきました。

今回のライブで夢がひとつ叶いました。
実は、僕にはどうしてもやってみたいMCがあったのです。

普通、ロックバンドというのは、

「俺たちと一緒に楽しもうぜ~!」

みたいな、客席との一体感を作り上げる呼びかけをするもの。

でも、そんなこと、
誰が決めたんだいハニー?

-----------------------------------------

せっかくボーカルをやっていて、大勢の前で言いたいことが言える貴重&幸せな立場を授かっているわけですから、

色々試さねーと。
(人生、日々勉強だぜ)

というわけで、僕は、ロックバンドとして「あるまじきMC」を研究しているのです。

そして今回のライブで、以前から言いたくて仕方なかったことを、遂に言わせて頂きました。申し訳ないけど、言っちゃいました。

俺たちは頑張んねーけど、
みんなは頑張ろうぜ~!

何と、こともあろうにステージに上がっているバンドが頑張らねーくせに、観客のみなさんに盛り上がってもらおうという、

あるまじき姿勢。

----------------------------------------

しかしエブリバディ。みんな最高だったぜ。
その時の最高の模様を聴いてくれ。

ミ:俺たちは頑張んねーけど、みんなは頑張ろうぜ!

観客:イエーイ!

ミ:俺たちは全然頑張んねーけど、みんなは頑張ろうぜ!

観客:イエーイ!

------------------------------------------

正しいロックのライブとは?
一体感を作り上げるMCとは?

そんなめんどくせーこと、
どうでもいいのだ。

理屈や体裁なんてどうでもいいんですよ。
ハートがきちんとつながってれば、ハッピーになれる。

そんなことを教えてくれた、かにフリークスたちよ、

おまえら最高だぜ。

僕らはホントにしあわせなバンドだと思います。
ありがとうね、みんな。


Banner_02_31 ←次のライブは9月だぜ(多分)

----------------------------------------

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

誤解

僕のケータイの応答メッセージは、自作のメッセージになっている。つまり、自分の声でメッセージを吹き込んでいるのだが、

それが英語なの。

僕のケータイに電話すると、ミサイル・クーパーの声で、

I can not answer your call.
Please leave your message after the tone.

ってな具合に英語のメッセージが聞えてくる。

そして、それを聞いた友人たちは決まってこう言うのだ。

何気取ってんの、おまえ。


この場を借りて言っておきたい。
それは誤解であり、事実誤認です。(重複表現、注意)


気取ってねーんだってば。


冗談で英語のメッセージを作ってみたんですよ。
そしたら、


元に戻せねーんだよ(泣)
(上司にも聞かれてすげー恥ずかしかったぜ)



Banner_02_28

←っつーか、説明書読めよ。


----------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

薄く座る

電車っつーのは宝の箱ですね。
今日もおもしれーおばちゃんが居ましたよ。

僕の向かい側におばちゃんが座ったんだけど、

座り方がすっげー浅いの。

いやもう浅すぎて、浅く座ってるっていうより

座りが「薄い」って感じ。

普通は何て言うか、お尻の「面」で座るじゃないですか。
そのおばちゃんの場合、尾てい骨の突起部分を引っ掛けてるだけっつーか、とにかく座りが「薄い」んですよ。

ちょっと揺れたら落ちんじゃねーの

って心配になるくらい。

---------------------------------------

別に隣の人との間が狭いわけじゃないんですよ。
なのに深く座んねーの。

普通、横に座ってる人の、足は視界に入るけど、多分このおばちゃんが横に座ったら、

胴体まで思いっきり視界に入ります。

向かい側の僕から見ると、妙に近い位置に足が来てるし。

3Dシアターか、おめーは。

っていうくらい何だか異様に近い。

いやー不思議。一体何のためにそこまで薄く座るのだ。
こっちはもう気が気じゃないっつーのに、おばちゃんはいたってポーカーフェイス。

----------------------------------------

で、さんざん僕の好奇心をかき乱しておきながら、

次の駅で、何事も無かったかのように
急に普通に座ってんの。

オーマイゴッド、一体何がどうなのよ、おばちゃん。
もしかして痔なのかな、とか、そんなプライベートな事まで想像しちゃったじゃん、俺。

と、ここでハタと気付いた。
これってもしかすると、話題沸騰ミサイル・クーパー考案の、

ツーステップシットダウン」じゃねーの?

そうだそうだ、きっとそうだ。

なるほど、このおばちゃん、きっと「かにブログ」のファンなんだ。
で、俺が書いた「ツーステップシットダウン」を実践してたんだ。
間違いない。

まあ確かに「まず浅く座る」って書いたけど、そこまで浅く座らなくてもいいんだよ、おばちゃん。

でね、僕は「そして一呼吸置いてから深く座る」って書いたんだけど、おばちゃんったら、

「一駅」置いてから深く座る、って
読み間違えたんじゃねーの。

まあ私鉄なんかだと、一駅が一分くらいのとこもあるけどさ、

新幹線だったら、下手したら
東京から名古屋まで浅いままだぜ。

-----------------------------------------

とまあ、こんなこと考えてると、通勤電車もあっちゅう間。

みなさんも、ミサイル・クーパーと一緒に、

意味ねーこと考えてみませんか。

楽しいですよ。意味ねーけど。

Banner_02_27


---------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

NEWアルバム完成

Jacket_04_blog_4

全国のかにクラブファンのみなさま、こんばんは。
待望のニューアルバム「THE BEST of KANI CRAB III」が完成いたしました!

まずはアルバムジャケットをお届けいたします。

----------------------------------------

さて、今回のジャケット。

山からかにがゾロゾロと降りてくるという、何やら「かに哲学」満載のデザインは、ギターのナイス・リー画伯の絵を元に制作されました。

どうして山から 
かにが降りて来るの?

ふむふむ、そりゃそうだね。
かには普通、海に居るもんね。

「山」と「かに」 本来居ないはずのところに居るかにたちを見て、あれこれ思考を巡らせてしまいそうな作品ですね。

でもね、何でかにたちが山から来たのかというと、

山の向こうには海があるから。

ね、山に隠れて見えないはずの海が見えてきたでしょ。

----------------------------------------

世の中色々とややこしいこともあるけれど、素直な心で見つめてみると、意外に簡単なことだったりする。

まずは目の前の出来事を素直に受け入れてしまう。

そしてイマジネーションを大切にしていれば、誰にでも見えないものが見えてくるのかもしれません。

見えないものを見つめる、なんて言うと難しそうだけど、けっこう簡単なのかもしれない。

だから気楽に行こうよエブリバディ。
答えはきっと見つかるから。

そんな気持ちを込めたジャケットなのだ。

----------------------------------------

それともうひとつ。
ぜひ画像をクリックして拡大してみて欲しい。

かにの右手、変だから。

3枚目のアルバムだから右手が「3」になってるの。

まだあるぜ。

かにの目ん玉、変だから。

3枚目のアルバムだから「3」って書いてあるの。
(この画像じゃちょっと見づらいかな)

ありえねーけど、それはそれでいいじゃない。
常識に捕われなくたっていいじゃない。

ロックだもん。

----------------------------------------

「ロックだもん」なんて言いながら、自由気ままに過ごすのは難しいよね。

でも、人間には神様に平等にあたえられた「自由な部分」があると思うんですよ。それは

頭と心。

もちろん人に迷惑をかけちゃいけないけど、好きなことを考えたり想ったりするのは自由だし、しかも果てしなく無限大。

だから誰だってロックな生き方が
出来るんだと思う。

世の中に反発しながら生きるのもロックかもしれない。
世の中を受け入れつつ、さらりとかわしながら楽しく生きるのもロックだと思う。

かにクラブのロックは、後者なのかな。

---------------------------------------

というわけで、6/25(日)はライブやりますよ!

ゆるーく、気合入れて。
(例:麺やわらかめ)

みんなに会えるのを楽しみにしてるぜエブリバディ。

Banner_02_26

----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

ひとりしゃぶしゃぶ(後編)

(前編はこちら)


さて、無事任務を完了したミサイル”汗だく”クーパー。

サントリーのお茶「伊右衛門」についてたオマケの手ぬぐいで汗を拭いてスッキリ。
いいね、手ぬぐい。ハンカチでもタオルでもない肌触り、手触り。
日本人はもっと手ぬぐいを使えばいいのに。

ぬぐえエブリバディ。

ぬぐえブリバディ。

---------------------------------------

さあ、ランチだ。レストランのある階を、足取り軽やかに徘徊。

横須賀といえばやっぱり「海軍カレー」かな。
それとも「三崎のマグロ」かな。

あれこれ迷った結果、どうしても気になったのが

しゃぶしゃぶ。
(横須賀名物じゃねーけど)

----------------------------------------

でもちょっと待てよエブリバディ。

しゃぶしゃぶってことは

ひとり鍋じゃん。

いや、ひとり鍋は悪くないんですよ別に。

「鍋=大勢でわいわい」なんていう定義にとらわれる、という定義がそもそもミサイル・クーパーには無用。好きなものを好きなときに誰にも気兼ねなく楽しむ。
いいじゃない、ひとり鍋。

でもやっぱ、
外では少しさみしくねーか?


お肉を優雅にしゃぶしゃぶするアクションもちょっと控えめにしてしまいそう。

しゃぶしゃぶ食いたい→でもちょっとさみしくねーか?→でもしゃぶしゃぶ食いたい→でもちょっとさみしくねーか?→でもしゃぶしゃぶ食いたい→でもちょっとさみしくねーか?→でもしゃぶしゃぶ食いたい。

自問自答の結果、

ひとりしゃぶしゃぶ、決行。
(他人の視線、大いに結構)

---------------------------------------

Syabusyabu_01どうだいエブリバディ。
まずはメインのお肉が300g。しかも、ご飯、味噌汁、新鮮なお野菜、ドリンク各種&アイスクリームが食べ放題、飲み放題。

これで980円。最高。




ちょっとランチには早い時間だったのか、店内に人はまばら。

いいねえ。優雅にしゃぶしゃぶしちゃうもんね。
言っとくけど、俺のしゃぶしゃぶは美しいよ。
その華麗な手の動きはまるで、

ワルツを奏でる指揮者のよう。

と、そこに上司と部下らしき関係の二人組が来店。
僕の近くの席に座った。

人目を気にして手の振りをちょっと控えめにしてみる。
でもまだまだ華麗な指揮者だぜ。

ピアニッシモくらい。

----------------------------------------

でね、その二人組。
せっかくのしゃぶしゃぶなのにさ、

ほとんどしゃべんねーの。

きっととっても美味しいのにさ、

美味しい顔もしねーし。

でも、無理も無いか。
別にお互いどうしても一緒に来たかったわけじゃないだろーし。
まあ会社のランチに良くある光景だ。

その点、俺はどうよ。

そりゃひとりだからベラベラしゃべりはしないけどさ。
好きなものを好きなだけ取って、手の振りを楽しんじゃったりもして。好きなタイミングでドリンク飲んで、煙草吸って。

食べる自由、100%満喫。

しかもエブリバディ。
頭の中では好きなことを好きなペースであれこれ考えながらね。僕もひとりとは言え、まあ仕事中のランチタイムなんだけど、

休憩時間、100%満喫。

おそらく横の二人組は、僕の30%位しか楽しんでないんだろうな。むしろ早く過ぎて欲しいくらいかも。

そんな事を考えてたら、何だか

俺のひとり鍋、
すっげー楽しいんじゃねーの?


なんて気になってきちゃったわけですよ。

----------------------------------------

ひとりでランチを食べるのがさみしいという人がよく居る。
だからと言って、その二人組のような惰性のお付き合いも何だかね。

たまにはひとりでランチもいいですよ。

僕の場合、自由な時間が楽しいと、
さみしいとか感じてる暇が無い。


----------------------------------------

というわけで今回の、ミサイル・クーパーのひとりしゃぶしゃぶ。
実は、もうひとつとっても大きな収穫があったんですよ。

俺ってさ、

けっこう、アク取りうまいじゃん。

そんなことを、デザートのアイスクリーム(バニラ&ストロベリー)を食べながら思ったのでした。

気がつけば雨もあがって、晴天の下には静かな海。
たまにはイレギュラーな仕事も悪くないね。


Banner_02_25


--------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとりしゃぶしゃぶ(前編)

今日はひょんなことから、弊社の大型ディスプレイの修理をしに、横須賀のお店に直行。

何で俺が修理。何で横須賀。
しかも大雨。


と思いつつ向かったけれど、横須賀の海を見たら、そんな不満も雲散霧消。

いいねえ、雨の港。

見とれちゃうね。
うっとうしい雨も、海の前ではお手上げ。
一転して、心を洗い流してくれる恵みの雨に感じてしまうから不思議。

なんて言ってる場合じゃねーだろ。
仕事に行かねーと。

---------------------------------------

通されたのは売り場の裏のストックルーム。
でっけーディスプレイを運び出して、ちまちま修理。

で、作業が終わりかけた頃に、球状のちっちゃいパーツが外れ、コロコロと転がって、

机の下に入りやがんの。

それも不運なことに床から3cmくらいしか隙間が無くて、床に這いつくばらないと覗けないという、のっぴきならねー状態。

這いつくばりましたよ。
車にひかれたカエルみてーに。


----------------------------------------

しばらく這いつくばって、あーでもねーこーでもねーとやっていて、ふと気付くと

人間が俺を見下ろしてました。
(すっかりカエル目線、注意)

店員さんかよ。捕まえられるのかと思ったぜ。

それ、キャスターついてますよ。

オーマイゴッド、早く言ってよベイビー。

-----------------------------------------

ともあれ、何とか修理を完了したディスプレーの横には、

ミサイル”超汗だく”クーパー。
(サウナ中か、おめーは)

ミサイルちゃん、お疲れちゃん。
さあ、ランチタイムちゃんだぜ。

後編につづく)


Banner_02_24


----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

紙一重

終電のホームに発車のベルが鳴っている。
何とか滑り込もうと走る俺たち。俺たちって言っても、赤の他人だけど。

しかし、その時感じる何とも言えない連帯感。

俺がたどり着くまで、
発車を引き止めてくれ
同士たちよ。


という無言のメッセージを同士の背中に送りあう男たち。

-----------------------------------------

同士が今、何とか電車に飛び乗ろうとしている。
ありがとう、君のお陰で俺も間に合いそうだ。

同士よ、君の後に続くぜ。

って思ってるのに、

乗った途端に立ち止まんなよ。

こういう奴いるよね。
急いで乗るのはいいけど、自分が乗れた途端に、

急ぎ終わる奴。

後ろが続いてるんだっつーの。詰めろよ、ハゲ。

----------------------------------------

数秒前までは「同士」と思ってたけど撤回。
そういう奴は、

突き飛ばします。

ああ、悲しいかな。
終電という偶発的共通項が作り上げた

儚き友情。
(そうさ、男は孤独な戦士なのさ)

なんてことはどうでもいいから、乗ったら詰めなさい。



Banner_02_23


-----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

23時に君の元に着く電車

子供の頃は
色んなものになりたかった

マジシャンとか
ミュージシャンとか

シャがつくものばっかだね

今僕はサラリーマン
シャのつかないサラリーマン

何かになりたい
なんて夢
もうすっかり忘れてたよ

さっきまで

*

23時まで電車が来ないの

電話の向こうで
退屈そうな君

電車が来るまで
もう少し話そうか

そう言ったけれど

本当はその時僕は
23時に君の元に着く
電車になりたくなったんだ

Banner_02_22




---------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

かにの目の前でかに

電車でのひとコマ。

お母さんが自分の子供(幼児)に動物の絵本を見せながら、
「これはなあに?」と聞いている。

きりんを指せば「きりん~」
ライオンを指せば「らいおん~」

とパーフェクトな回答を連発する幼児。

やるな、幼児。

つり革につかまりながら心の中でうなずく僕。

----------------------------------------

いいね、のどかで。
いいね、平和だね。

お母さんが、ぞうを指差して「これはなあに?」と続ける。

しかし、そこで事件は起こった。

僕は何の疑いもなく、幼児の口から「ぞうさん」という答えを想像していたのに、幼児の口から出た答えは、



かに。



-----------------------------------------

ぞうを見て「かに」と答える無邪気な幼児

の前でふきだしそうなのを
すっげーこらえてる、

かにクラブのミサイル・クーパー。



誰も気づいてないけど、今、俺と幼児は、


かにつながり。


なんちゅう変化球ですか。
いくら高校球児だった俺でも、打てねーっつーの。

----------------------------------------

【今日の嘘】

ミサイル・クーパーは高校時代、

ブラスバンド部。
(スポーツはボーリングくらいかな)



Banner_02_13_6


-----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青のり報告書

昨日エントリーしました「青のりブログ」の経過をご報告致します。

本日も数回チェックいたしましたが、

のり3枚、付きっぱなしでした。

ちなみに「誤変換&脱字がその後どうなってるか」にばっか気を取られて、

新記事がアップされてたけど、
そういや読むの忘れてました。

胸に秘めておこうと思ったのですが、つい知り合い2人に話しちゃいました。その人たちもチェックしてると思うので、

微妙にアクセス増えてるかも。
(ぬか喜び、ソーリー)

----------------------------------------

しかもまた、すっげー面白い誤変換&脱字なんですよ。
「パーマ」を打ち間違えて、

ハーマ

になってる感じの気の抜け方。

---------------------------------------

そりゃね、楽しんじゃいけないと思いますよ。
教えてあげたいとも思いますよ。でもね、

はじめまして。脱字をみつけました。

っつーのもどうかと。

本人が気付いて、修正していただくのを、ただ待つのみ。
と言いつつ、チェックして直ってないと、ちょっぴり嬉しい僕が居たりして。

善人なんだか鬼畜生なんだか、
自分でもよくわかんねえ瞬間。


---------------------------------------

なんて言ってるけど、

実は俺の歯にも青のりが付いてるの、
黙って見てたりしないよね、ハニー。




Banner_02_13_5  …ハニー?

----------------------------------------

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

誤字は青のり?

近所の公園でこんな看板を見つけました。

Park_01

ふむふむ。
砂場にペットを入れてフンをされちゃったら困りますからね。
こういうことは、しっかり注意しないとね。

でもさ、

どう解釈すりゃいいのよ、
一番最後の「下さい」は。

----------------------------------------

この看板の構造を説明しよう。

パソコンで作成したものを → 紙にプリントアウトして → 
パウチして → 板に貼って → 砂場の柵に取り付ける

という5つの手順を経た構造になってるわけです。

それまでの間に気付くだろ、普通。

----------------------------------------

って、僕も他人のこと言えないんですけど、うっかりやっちゃいますよね、誤字脱字や誤変換。

ブログでもやっちゃうよね。
で、こういう時すっげー恥ずかしくないですか?

誤字があるのに、
普通にコメントが入ってる時。


コメントを入れてくれてすごく嬉しいんだけど、

誤字に気付いてるけど
気をつかって言わねーんだろうな、
この人。


とか思って気が気じゃねーっていうパターン。

----------------------------------------

これってアレと同じですよね。
飲みに行ってて、トイレに行ったときに、

歯についた青のりに気付くパターン。

言ってくれよ、誰か。

俺、青のりつけて
人生語っちゃったじゃねーか。


で、青のりを取って席に戻ると、今度は

「あ、こいつ、トイレで気付いたな。」って、周りのみんなが

心の中で思うパターン。

----------------------------------------

実は、あるブログのエントリーで見つけたんですよ。

1エントリー中に、誤変換ふたつ。
その前のエントリーにも脱字あり。

(つまり、前歯に青のり3枚ね)

いつ気付くか、

泳がせ中。


今日のミサイル君、

ちょっぴり鬼畜生モード。
(リトル鬼畜生)

ちなみに、いつもお世話になってる方々のブログではありません。
ご安心ください。


Banner_02_21


-----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

グロテスク

かにブログをご覧になった方が、私ミサイル・クーパーのことを、

グロテスクな人格

と表現していた、との朗報がありましたのでご報告いたします。

---------------------------------------

天才、スーパースター、色男、紳士、ダンディ、長門裕之など、みなさまより様々な称号を頂いている僕ですが、

グロテスクっていう称号は初めてだぜ
エブリバディ。

っつーか、グロテスクっていう言葉って、怪物とか化け物とか変な生き物とか、そんな奴らに使う言葉じゃねーの?

それなのにどうよ、

人間なのに、グロテスク。
グロテスクなのに、人間。

やばいね、ミサイル・クーパー。

またひとつ何かを超越した感じ。

----------------------------------------

せっかくなので、グロテスクって言葉を調べてみました。
(ぬか喜びだとショックだし)

(大辞泉)
グロテスク【(フランス)・英grotesque】

1. [名]異様な人物や動植物などに曲線模様をあしらった装飾文様。
 古代ローマに始まる。

2. [形動]ひどく異様なさま。怪奇なさま。異様。グロ。「―な形」

(大辞林)
グロテスク  [(フランス) grotesque] (形動)

1. 異様で気味の悪いさま。不快になるほど異常なさま。
  グロ。「―な姿」

2. 装飾文様の一。
 怪異な人物や生物などを曲線模様にからませた文様。

---------------------------------------

なるほど、そういう意味ですか。
なかなか興味を惹かれる言葉だ。

特筆すべき意味はやっぱこれかな。

ひどく異様なさま。

これもいいな、

怪奇なさま。

でも究極はこれでしょ。

不快になるほど異常なさま。

----------------------------------------

ちなみに、僕を「グロテスクな人格」と表現した人って

まったく見ず知らずの人っすよ。

見ず知らずの人に、そんな言われ方をする筋合いはない。
僕はその人に言ってやりたいね、

いい語彙持ってますね。
(尊敬&ちょっと嫉妬)

なかなかとっさに出て来ない言葉だよね。
しかも自分で言うのもなんですが、言い得て妙。

-----------------------------------------

というわけで、本日から改名しちゃおうかな。
ミサイル・クーパーあらため、

ミサイル・グロテスクーパー。

みんな、今日から僕のこと

「グロテス」って呼んでね。

返事しねーけど。

-----------------------------------------

っつーわけで、
ミサイル・クーパー人間超越記念特別企画。



【ミサイル先生の豆知識】

辞書に出てくる「装飾文様」っていうのはコレ。↓

Grotesque_01_1

古代ローマに始まったといわれる、異様な人物や動植物などに曲線模様をあしらった装飾文様。これが「グロテスク」模様。

実はとってもアートだったりして。



Banner_02_20 ←まあ今度、神保町あたりで一杯やりましょう。


---------------------------------------

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

動く歩道

ああ、神様。あなたも時々、

「動く歩道」を、
「歩く歩道」って言っちゃうことありますか。

ああ、神様。そして時々、

「動く歩道」を降りた瞬間、
ちょっとバランスくずしたりもしますか。

僕なんて、神様から見たらちっぽけな存在ですから、

しょっちゅう「歩く歩道」って言っちゃうし、
降りた瞬間の感覚に、いつまでたっても
慣れねーっすよ。



※このことをブログに書こうと、仕事中に思いついたのですが、
   あまりにくだらなくて、何を書こうとしたのかすっかり忘れて、
   思い出すのにひと苦労しました。

Banner_02_18



----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

福岡タクシー

福岡出張に行ってきました。
モツ鍋とか、とんこつラーメンとか、意外に美味いうどんとか、ネタは色々あるけど、

何がすげーって、
タクシーがすげーの。

まあ、すべての福岡のタクシーが、っていうわけじゃなくて、恐らく僕が乗ったタクシーがすごかったんだろうけど。

----------------------------------------

まず乗っていきなり運転手のこの台詞。

コーヒーかお茶、
お飲みになりますか?

ってゆーか、そんな設備、どこにも見当たらない。
腑に落ちないまま、とりあえず「コ、コーヒーを。」と言ってみる。

するとどうですか。コーヒーが出てきたじゃないの。

ダッシュボードから、缶コーヒー。

なるほど。コーヒーっつっても、缶コーヒーね。
しかも保冷機能が付いてるわけでもなんでもなくて、

ぬる~いの。

----------------------------------------

驚くのはまだ早いぜ。
コーヒーをくれた後に、さらに運転手の質問は続く。

飴とガム、どちらがよろしいですか。

まあ、これはよくあるよね。
焼肉屋の会計のときにもガムくれたりするし。

ミ:「じゃあ、飴を」

運:「ガムもありますよ、ガムは8種類」

8種類も用意してんのかよ。

いやいや用意周到。でもとりあえず飴で。

運転手はサイドブレーキ付近にある小物収納スペースをさっと開けて、飴を取り出してくれた。

思いっきり、ひとつかみ。

大人のひとつかみって、けっこうつかめるもんですね。
20個くらいもらっちゃった。

でも運転手さん、

これ、何人前だよ。

----------------------------------------

ぬるいコーヒーを飲みながら、手元には大量の飴。
週末の天気の話なんかしながら過ごしていると、突然、

「ガムはお嫌いですか?」

いや別に、ガムが嫌いだから飴を選んだわけじゃねーけど。
ガムもどうぞ、と勧めるので、ありがたく受け取ることにした。
すると、

「ガムは、各種でよろしいですか」

と聞いてくる。
っつーか、有無を言わせずくれちゃうんだけど、

ガム各種、計8枚。

----------------------------------------

結果、手元にはコーヒー、大量の飴、&ガム8枚。

遠足に行く子供かよ。

でも、事件はまだ終わらなかったんですよ。

「飴は足りてますか?」

足りるに決まってんじゃん、運転手さん。

俺の主食は飴ですか。

---------------------------------------

いや~まいったね、このサービス精神。
2度と会わないかもしれないのに、このサービスには恐れ入った。

でも、これだけサービスされちゃうとさ、

お釣りもらいにくいじゃん。
(もらったけど)
(ってゆーか、もらわねーのが福岡ルール?)

でもとっても楽しい時間を過ごさせて頂きましたよ。
運転手さんのしあわせを願ってますからね。

そして、どうかこの先、

おやつ破産しませんよーに。


Banner_02_19


----------------------------------------

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »