« たまにはクラシック | トップページ | メロンソーダ »

2006年7月 3日 (月)

システム手帳のリング

システム手帳の問題点としてよく目にするのが、左側のページに書き込むときに「リングが手に当たって書きにくい」という点。

確かに、リングに近い部分に書く時は書きにくい。
無理やり書き続けようとすると、時に、

手の甲が
あらん方向を向いたりもする。

苦労して書いたわりにはへなちょこな文字。
これは確かにちょっぴり不快。

「書き込む頻度の高いスケジュールリフィル類を真ん中あたりにセッティングすれば、段差が少なくてリングの干渉が緩和されるぜ」っていう方法を、あるライターが発表すれば、「そんなのとっくにやってるぜ」と反論するものが居たり、手帳愛好家の間ではちょっとした話題になっていたようです。

----------------------------------------

ってゆーか、エブリバディ。

僕が思うに、リングが邪魔だと感じる時間って、そんなに気にするほど多いんだろうか。

せいぜい1回の書き込み時間は5秒程度。
書き込み回数だって1日に10回くらいでしょ。

ってことは、1日24時間あるうちの

たったの50秒ですよ。

パーセントで言ったら、一日の中のたった0.06%。

---------------------------------------

たった50秒の不自由なんてほっといて、

残りの23時間59分10秒を
エンジョイしようぜエブリバディ。

好きな音楽聴いたり、好きな子とデートしたり、好きなもの食べたり。数時間は睡眠時間かもしれないけど、眠るのだって楽しい時間のひとつじゃん。

その楽しさに比べたらどうよ、
システム手帳のリングの存在なんて、

どうってことねーじゃん。

何かを不自由に感じること。大なり小なりあると思います。
そんな時はちょっと大きなスパンで俯瞰的に眺めてみると、意外にちっぽけだったりするものかもしれない。

という考え方を、誠に勝手ながら「心の中で」命名させていただきます。

ミサイリングメソッド。

そんなのとっくにやってるぜ、という反論、

むしろ歓迎。

自分がいいと思っていることを、同じくいいと思っている人に出逢うことは嬉しい。

「ミサイリングメソッド」とか、もっともらしい名前つけてんじゃねーよ、という反論、

同じく、むしろ歓迎。

あなたが「さゆり」という名前だったら、「サユリングメソッド」ってな具合に命名すればいいだけのことだ。

ふとしたことに、自分の名前をアレンジして命名してみるのは楽しい。大したことないことでも何だかハッピー感が増す。

どんどん命名して、自分で自分の名前を呼ぶ。
天才発明家気分で毎日を過ごす。

基本的にこれは、自分の心の中のハッピー計画ですからね。
人目を気にする必要なし。やったもん勝ち。

-----------------------------------------

ちなみにこのミサイリングメソッド。

心にはとっても効き目がありますが、肝心なシステム手帳のリングは

依然としてそこにあります。

従って、きわめて真面目な性格の方には効きません。
心で感じる、心のためのメソッドです。

何だかんだ言って、手帳好きは試行錯誤が楽しいもの。

迷いながら楽しく行こうぜベイビー。




Banner_02_29 ←メソッドもいいけど、リゾットも美味しいよね。

----------------------------------------

|

« たまにはクラシック | トップページ | メロンソーダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/10640449

この記事へのトラックバック一覧です: システム手帳のリング:

« たまにはクラシック | トップページ | メロンソーダ »