« 爪システム | トップページ | ここから空だと »

2006年7月21日 (金)

かっぱシステム

みなさんはUFOを見たことありますか。
ないですか。
僕も見たことありません。

じゃあ話になんねーや。

話題を変えましょう。

----------------------------------------

今日バスに乗ったらこんなアナウンスがあったんですよ。

『雨合羽は脱いでお座りください。
次に座る方が濡れてしまいます。』

こんなアナウンスがあるなんて残念ですよね。
濡れた雨合羽は脱いで座るなんて、

常識だろ。

そんな常識をわざわざアナウンスするってことは、濡れたまま座る非常識な馬鹿野郎が居るっつうことですよ。

このアナウンスを聴いた乗客はみんな、さりげなく周囲を見渡してましたね。どれどれ、馬鹿野郎の顔を見てやるかっつう感じで。でもあくまでさりげなく。

でも馬鹿野郎は居ませんでした。アナウンスだけだったみたい。
そりゃもちろん居ない方がいいんだけど。

でも、居たら大変だっただろうな。

みんなの白い視線を浴びながら濡れた雨合羽を脱ぐ。
あー気まずい奴だな、こいつ。

って思いながらみんな見てたと思いますよ、

僕以外は。

僕ですか?
僕は別に、馬鹿野郎の顔を見るなんて興味ないし、そんなことより、アレを探してましたよ。

濡れた雨河童を。

居なかったけど。

----------------------------------------

いや~居なくてよかった。ほっとした。
だってホントに居たらすっげー可哀想だったもん。

まず第一に、雨河童がバスにおとなしく乗ってること自体が、

それだけで、何だか切ねーじゃん。

しかもですよ。
『濡れた雨合羽を脱げ』って言われちゃうんですよ。

っつうか、
濡れた雨河童そのものだし。

どんなにアナウンスされたって、どんなに白い目で見られたって、

もう、それ以上脱げねーし。

きっと濡れた雨河童は黙ってうつむいちゃうんですよ。
そして、それをクスクス笑う乗客たち。

ちょっと待てよ。
ふと気づくと小さな小さな嗚咽が聞こえるじゃん。

雨河童。

泣いてるのかよ、おまえ。

僕は思わず雨河童の元に駆け寄って抱きしめましたよ。

わかった。もう泣かなくていいから。
おまえはちっとも悪くない。笑う奴らの方が馬鹿なんだ。

ちくしょう。まだみんな笑ってやがるぜ。

大人げないとは思ったけど、俺は思わず大声出しちゃいました。

てめーら何がおかしいんだよ!
濡れたシートが汚いか?
馬鹿野郎、てめーらの心の方が
よっぽど汚ねえんだよ!

俺は腹が立って、河童を抱き上げてバスを降りた。
俺の目的のバス停は次だったけど構わない。
こいつをこれ以上馬鹿野郎の前に居させたくなかった。

バスを降りたら、河童は何度もありがとうって言ってました。
そして別れた後も、遠く離れて小さくなるまで、何度も何度も頭を下げてました。

馬鹿だな。
頭の皿の水がすっかりこぼれてるよ。

俺は河童に背を向け、笑いをこらえながら会社への道を急いだ。

-----------------------------------------

我に帰ると、バスは目的のバス停に着く直前じゃん。

あっぶねー。
降りそこなうとこだったぜベイビー。


Banner_02_39


------------------------------------------

|

« 爪システム | トップページ | ここから空だと »

コメント

いつの間に雨合羽が河童になったんだ?

投稿: ナイス | 2006年7月22日 (土) 21:31

電車ではなく『バス』であることが、物語を作る秘訣です。
同じ公共の乗り物なのだけど、バスは妙に「世間臭」がする気がします。

最近、本当に停留所を申告し忘れて(ボタンお押すだけなんだけど)降り損なった方をお見かけしました。ぷぷぷ。

投稿: mochin | 2006年7月23日 (日) 02:24

私も今年になってよくバスを利用するようになりました。
雨の日の夜のバスは特に人間に化けた河童が乗ってても不思議はないような空気がありますよね。
自分以外乗ってないのに誰かいるような気がしたり。
誰もいなかったのにいつの間にか乗ってたり。
░ฺ|´^ิ ౪ ^ิ)ノ

投稿: moko | 2006年7月23日 (日) 12:59

■ナイスさん

>いつの間に雨合羽が河童になったんだ?

うん。際どい書き方をしたけど、脳みその際どさをリアルに書いてみたかった。


■mochinさん

確かにバスは強烈な「世間臭」も一緒に運んでますね。あの空間は、数知れない人間模様がある。その魅力にとりつかれて降りそこなったんでしょう、その人(笑)

■mokoさん

夜の人がまばらなバスには、独特の神秘感がありますよね。確かに河童が居てもおかしくない。

僕は夜、運転手と二人きりになった時に、こいつはひょっとすると妖怪かもしれない、などと妄想することがあります(笑)

投稿: ミサイル | 2006年7月23日 (日) 14:36

お久しぶりです。
(実は毎日見に来てるけどw)
相変わらずミサイルさんの「システム」には笑いっぱなしです。
河童か・・・河童ってどのくらいの大きさかな?
ミサイルさんが抱き上げられる程度なら可愛いですよね。
手乗り河童とかでもいいかも・・・なんて( ´艸`)ムププ
手乗り河童が座席にちょこんと座ってたら、
可愛くて誰も笑わないだろうけど、
逆に誰かが上から座ってしまいそうですよねw

投稿: 橘 吾妻 | 2006年7月24日 (月) 00:45

■橘さん

河童の大きさは、そうですね、110cmくらいでした。
泣きじゃくって僕に体重をすべて委ねる形だったので、少し重たく感じました。

それと、漫画ではよく口がクチバシのように描かれてたりしますが、その河童は普通の口でした。

(しゃーしゃーと嘘をつくミサイル・クーパー、注意)

投稿: ミサイル | 2006年7月27日 (木) 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/11051623

この記事へのトラックバック一覧です: かっぱシステム :

« 爪システム | トップページ | ここから空だと »