« ハサミが今日もV(ビクトリー) | トップページ | システム手帳のリング »

2006年7月 2日 (日)

たまにはクラシック

映画やドラマ、バラエティ番組のBGM、などなど、僕たちが普段から何気なく耳にしてるクラシック。街を歩けば、商店街やデパートのBGMとしても耳に入ってくる。

今まで何となく「BGM」として聴いてきたクラシックだけど、

ちゃんと聴いたら、
すっげーかっこいい。

ロックを聴いているときのかっこよさに通じるものがある。

とりあえず、誰もが1度は耳にしている曲で言うなら、モーツアルトの『交響曲 第40番 第1楽章』のスリリングな演奏、『ピアノ協奏曲 第21番 第2楽章』の美しいメロディー、なんて、何度聴いても素晴らしい。

エルガーの『行進曲 威風堂々 第1番』の堂々たるメロディーなんて、

時を忘れて聴き入るぜエブリバディ。

あんまりかっこよくて、

歌詞を書いて、自分で歌いたくなる。

「威風堂々」って邦題もまたいいじゃないですか。

かにが高らかにVサインを掲げている様なんて、

まさに「威風堂々」

BGM的に聴くのももちろんいいけど、たまにはちゃんと向き合って聴いてみるのもいいと思う。

偉大な音楽だと感心すると同時に、解りやすくて美しいメロディーが詰まっていて、実は思った以上に親しみ易い音楽だという事に気付くはず。

またひとつ音楽の楽しみが増えちゃたぜ。
(さりげなく脱字、注意)

Banner_02_35



----------------------------------------

|

« ハサミが今日もV(ビクトリー) | トップページ | システム手帳のリング »

コメント

クラシックっちゅうか
イライラするときは、とても気分の良いときもバッハを弾くのがインです。
わかり易さが心地良いのね。
「きらきら星変奏曲」も。
これはモーツァルトなんだけど、なんだってこんな邦題なんですかね。

投稿: mochin | 2006年7月 5日 (水) 01:46

>あんまりかっこよくて、
>歌詞を書いて、自分で歌いたくなる。

エルガーが『威風堂々』を作曲した当時の英国国王も「この曲に詩をつけてみては!」と提案したのだそうです。
ミサイルさん、同じ発想!
国王も、自分で歌いたかったのかも知れませんね。

投稿: ミケランジェロ | 2006年7月 5日 (水) 09:02

■mochinさん

普通ははバッハを「聴く」なのに「弾く」ところがすげー!

何故かクラシックというのは不思議とどんな精神状態でも聴ける気がする。そのあたりも興味深いなあ。

投稿: ミサイル | 2006年7月 6日 (木) 00:26

■ミケランジェロさん

英国国王と同じ発想だったとは。
多分イギリス人だな、俺。

投稿: ミサイル | 2006年7月 7日 (金) 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/10768579

この記事へのトラックバック一覧です: たまにはクラシック:

« ハサミが今日もV(ビクトリー) | トップページ | システム手帳のリング »