« HOT SUMMER | トップページ | おっとっとおじさん(OTTO) »

2006年7月30日 (日)

たまにはマーチ

以前「たまにはクラシック」という記事を書きましたが、最近クラシックのよさに感心しているスーパーロックスターのミサイル・クーパーです。

CHOPIN(チョピン)のロマンチックな世界や、MOZART(モザート)のポップな世界も素晴らしいのですが、最近着眼しているのは、

MARCH(3月)

-----------------------------------------

マーチというと「軽快な」とか「力強い」というイメージが一般的ですね。

確かにそんなイメージもあって、頭の中が隅々まで冴え渡るような気になる。

マーチをBGMにドライブ、なんていうのもいい。
目的地まで軽快なドライブが楽しめそう。

物理的にスピード感がとか、そういう意味ではなく、目的地までの「わくわく感」を掻き立ててくれるとともに、とても安定した軽快な精神状態を作ってくれるような気がする。すっとばしたくなるのではなくて、「いい運転」をさせてくれる感じ。

------------------------------------------

それと、個人的にマーチを聴いて思うのが、

悲しみ。

といっても、曲調はちっとも悲しくない。
むしろ「喜び」や「希望」というイメージがふさわしいと思う。
なのに悲しいというのは、こういうことだ。

泣いている自分を想像してしまうのだ。

マーチというのは「喜び」や「希望」を掻き立てる曲調だと思う。
それと同時に、胸の中にある「悲しみ」を吐き出させてくれるような気がするのだ。

でも、その「悲しみ」の行方はこんな感じになる。

吐き出された悲しみは、

からりと晴れた空に向かって
放り投げるの感じ。

悲しみは消えて青い空になる。
そして体には「喜び」や「希望」だけが残る。
そんなイメージ。

----------------------------------------

例えば、恋人と別れたとしましょうか。

バラードを聞いて泣くのが、悲劇の主人公になってめそめそ泣くイメージだとすれば、マーチを聴いて泣くのは、

彼女の幸せを心から祈りながら泣く

そんな泣き方のような気がするのだ。

男が泣くならこう泣きたい。
そんな泣き方を示唆してくれるような気になる。

----------------------------------------

なんつって。

ホントはそれはとっても難しいよね。
死ぬほど難しいよね。

口ではそう言っても、彼女を愛していれば愛しているほど、死ぬほど悲しいし、いつまでも悲しいだろう。

じゃあ、どう泣きゃいいのよ。

正直にお答えしましょう。

悲しすぎてわかんねーっすよ、
実際は。

そんなどうしようもなく悲しい気持ちを、何かでいい方向にコントロールしたい時、大音量で聴くマーチが気持ちを助けてくれるような気がする、

ちょっとだけね。

-----------------------------------------

ちょっとだけかよ。

いや、提案しといてなんですが。
ちょっとだけが関の山だね。すみません。

音楽の効果をばっちり語ろうかと思ったけど、やっぱ

音楽 < 愛

っつーことですね。

へへへ。(屁屁屁)

Banner_02_42

----------------------------------------

|

« HOT SUMMER | トップページ | おっとっとおじさん(OTTO) »

コメント

マーチの、背中を後押しされるような、『カナシミ』から放り出そうとするベクトル、なんだかわかるような気もします。
カチカチ規則的なテンポが、何拍目からでも、何拍刻みでもいいから、その人のペースで歩き出すタイミングを用意していているような。

ちなみに、私は運動会で行進の練習になると、右手と右足がつい一緒にでてしまい、行列から放り出されて個別練習させられていました。

投稿: | 2006年7月31日 (月) 00:54

■mochinさん(だよね)

>何拍目からでも、何拍刻みでもいいから、その人
>のペースで歩き出すタイミングを用意しているよ
>うな

なるほど、確かにあのカッチリしたリズムにはそんな効果もあるのかも知れない。それにやっぱり最初の1歩を踏み出すのに心地いいのがマーチなのかもしれませんね。

ちなみに僕は右足と左足がつながったサンダルを試着して、店で転びました。

投稿: ミサイル | 2006年8月 1日 (火) 02:11

あ、名前を書くのを忘れていました。
でも実は、筆主は私ではなかったりして!?

>ちなみに僕は右足と左足がつながったサンダルを試着して、店で転びました。
フッフッフ☆想像がつくような。
ま、私も「未遂」で留まった経験はあります。
なんとも云えぬ抗い得ぬ強い力がかかるのですよね。

ちなみに今日は、
なんだか余計な強い感情に自分自身が翻弄され、そんな気持ちのムラに凹んでます。
気持ちの粒を揃えるためにマーチが必要です。

投稿: mochin | 2006年8月 2日 (水) 02:23

■mochinさん

お悩みのようですね。確かに世の中不条理なことが多いですよね。倒れそうになりますよね。

でもね、つながったサンダルの言い得ぬ強い力に比べたら大したことないっすよ。こっちは本当に倒れちゃうんだから。

不条理な圧力をかけてくる奴らに言ってやりましょう。

「そうやっておまえは勝った気になっているようだが、俺にとっては、左右つながったサンダルほどの力はないぜ」と。

投稿: ミサイル | 2006年8月 3日 (木) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/11152788

この記事へのトラックバック一覧です: たまにはマーチ:

« HOT SUMMER | トップページ | おっとっとおじさん(OTTO) »