« しゃっくり | トップページ | 緊急告知 »

2006年9月 8日 (金)

しかね

夜更かししてブログを書いてると、ふと「あ、あの曲が聴きたい」と思うときがある。

まあ普通はそのままブログを書きながら、ステレオで聴いたりパソコンで再生すればいいのだが、僕は一流ミュージシャンなので「ながら聴き」では飽き足らず、

ちゃんと聴きてえ。

と思ってしまうことがある。
パソコンの手を止めて、音楽に集中したくなるのだ。

-----------------------------------------

しかし、なにぶん深夜なのでスピーカーから大音量で聴くわけにもいかず、大抵はヘッドフォンで聴くことになる。

やっぱり音楽は迫力のある音で聴くのがいいね。
ヘッドホンで聴くのもいい。音が間近にあって心地いい。
それに密閉式のヘッドホンは周りの音がほとんど聞こえない。
だから音楽に集中できる。

しかも深夜だから、

宅急便が来た事に気づかずに
受け取りそこなう心配もねーし。


------------------------------------------

しかし、困ったこともあるんですよ。

深夜だけに、聴いてる内に、いい音楽の効用のひとつであるリラクゼーション効果が、徐々に効果を発揮し始めやがる。

ああ、いい音楽だけど眠い。
ああ、眠いけどいい音楽。
ああ、いい音楽だけど眠い。
ああ、眠いけどいい音楽。

…。

その結果、一流ミュージシャン、ミサイル・クーパーは、

朝まで床寝。(ゆかね)

----------------------------------------

ソファーで聴いてりゃいいと思うんですよ、寝ちゃってもまあベッドみたいなもんだし。

ところが僕は、

床に直接寝転がって
聴くのが好きなんですよ。

(何か落ちつかないんだよね、ソファ)

まあ心地よさの定義は人それぞれだからね。
でも床寝しちゃうと、明け方まで硬い床の上。

結局心地よくねーし。

------------------------------------------

ちなみに、僕は普通にベッドで寝るときは仰向けで寝るのに、床寝するときはなぜか決まって横向きで寝てる。

でね、床に寝てる自分を客観的に想像して、いつも思うんですよ。

死んだ鹿。

ライフルで撃たれて、ドサッと倒れこんだ鹿っぽい。

そう思ったら何だか「床寝」と呼ぶのも味気ないので、こう呼ぶことにしました。

鹿寝(しかね)

-------------------------------------------

いやーまた新しい言葉発明しちゃったね、天才ミサイル・クーパー。

と言いたいところだけど、何となくしっくりこない。

そうなんですよ。「鹿寝」って言葉だけを聴くと、普通に「鹿の寝る時の姿勢」を想像しちゃうんだよね。

鹿って多分、普通は足を折りたたんで行儀よく寝るんだと思うんだよね。

僕が「鹿寝」に込めたニュアンスは

ライフルで撃たれて横たわった鹿、
みてーな寝方。


行儀のよい寝方を想像されては不本意だ。

--------------------------------------------

というわけで、鹿寝の姿勢を正確に表現するために、こんな表現はどうよ。

死鹿寝(しかね)

これなら、ライフルで撃たれて倒れた、あの鹿の姿勢が想像できるでしょ。

はい、みなさん一緒に。

死鹿寝(しかね)

みんなで使って、今年の流行語大賞にしようぜ。


Banner_02_47

|

« しゃっくり | トップページ | 緊急告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/11819962

この記事へのトラックバック一覧です: しかね:

« しゃっくり | トップページ | 緊急告知 »