« ロックスターのクラシックレポート(ピアノ編) | トップページ | モールスキン名刺入れ(前編) »

2006年9月25日 (月)

空(から)

ミサイル“「楽しいね」と言い合えるのが愛なら「淋しいね」と言い合えるのも愛だろ”クーパーです。こんちは。秋だね。

というわけで、さっそく眺めて見ました、秋の空。

Sora_01

撮影ミスじゃないっすよ。
何にも写ってねーじゃんって感じだけど、ってゆーか、

これが空だ。

空と書いて「から」とも読むけど、まさに空っぽ。

「空っぽ」って、何だか空虚な響きがあるけど、それでも人は空を見上げる。それだけで癒されたりする。

何なんだ、空の威力は。
そこに在るだけで(居るだけで)魅力的な存在。

なりたいものだよね。
でもなれるかもしれないよね。だって、

空は別に頑張ってねーし。

空はたまたま水色で、それを美しいと思う主観を持った人たちの割合が高いから、空は美しい存在なんだと思う。

人には生まれたときから、それぞれの人の色があると思う。
それは水色だったり、灰色だったり、黒だったり。

灰色なんて言うと何だかネガティヴな感じがするけど、

灰色の素敵な服はいっぱいあるし。

「こうなりたい」と理想の色を追うのもいいけど、本来の自分の色を見つけて無理なく頑張るのもいいんじゃないかと思う。それが本当の個性ってものじゃないかと。

----------------------------------------

でも、自分の色なんてわかんねーよ、ハゲ って思う人もいっぱい居るよね。そりゃそうだ。僕も解らないし、そもそも「自分の色」なんてイメージの話だから、

実際は見えねーし。

それに、本来の自分を愛せ、なんて仙人みてーなことを言われてもね。人なんてそんなにまっさらじゃないし、あーでもねーこでもねーと悩み、複雑な色をしてるのかも知れない。そうなるとますます自分の色なんてわかんねーじゃん。

のんきに広がってんじゃねーよ、空。

Sora_02

と思ったら、ほら。

空だって、水色一色じゃなくて、白が混じってるじゃん。

それも何だか日によって
違う模様だったりして。

それでもやっぱ存在感あるよね。

---------------------------------------

そんな空を見ていたら、しゃかりきに「自分の色は何色だ?」なんて頑張らなくてもいい気がして来たんですよ。

空を見習うならば、自分の色っていうのは、

とりあえず何でもいいから一色

& 多少の混色オッケー。

ってことじゃん。

一色っていうのはもう頑張らなくても元々ある色だし、多少の混色がオッケーと来りゃ、そんなに慎重になることもないじゃん。

後ひとつ大切なことは、

自信を持って、そこに在る(居る)こと

なんだね。

Banner_02_55

---------------------------------------

|

« ロックスターのクラシックレポート(ピアノ編) | トップページ | モールスキン名刺入れ(前編) »

コメント

混色と言うより、人は、その時々でcollarが変るっていう感じがします。
その中でも、一番多い色がその人の色と言うことになるんですかね。(混色有りで)

おでこの真ん中に、ビンディ(インド人が好きなやつ)みたいのがあって、色がその時々で変ったら面白いですね。
「今日の俺は黄色だぜっ!」
とか。

ところで「灰色人」。
ミステリアスな感じってイメージかな。
悪く言えば、後ろ暗い感じ?(笑)
この色、山鳩色なんていう可愛い名前もあるんですね。
http://www.colordic.org/colorsample/2133.html

投稿: バジル | 2006年9月26日 (火) 00:54

■バジルさん

>おでこの真ん中に、ビンディ

あったら安心する人多いかもしれませんね。
自分の色を放ってるバロメーターになる。

>山鳩色

ものは言い様だなあ(笑)
山鳩色って言われると、平和で愛らしい色のイメージになりますよね。心のモードを変換するには好きな動物の色に例える。いいかも知れませんね!

投稿: ミサイル | 2006年9月27日 (水) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/12032845

この記事へのトラックバック一覧です: 空(から):

« ロックスターのクラシックレポート(ピアノ編) | トップページ | モールスキン名刺入れ(前編) »