« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

skullkingのライブを見て(後編)」

こんばんは。
ミサイル“人魚って綺麗かも知れねーけど、多分魚くさいよね”クーパーです。

さて、すっかり間があいてしまいましたが「skullkingのライブを見て(前編)」に引き続き、後編をお送りしたいと思います。

----------------------------------------

はっきり言っちゃいましょうか。言っちゃいましょう。
僕ね、キングの歌を聴いて

泣いちゃったんですよ。

涙ぐんだんじゃなくて、ほんとに涙があふれて来やがんの。

「3年前、ほんの少しの約束を残して…」

と、ぽつりと言って歌い始めた曲「For Heaven」

遠く幼い日々
その背中広く大きく
時に笑い 時に叱り
そして何より愛してくれた

またおいでと
いつもの笑顔で…


3年前に亡くなったキングのお父さんのこと。

---------------------------------------

僕も2年前に父を亡くしてる。
だからこんなフレーズも人一倍突き刺さっちゃうわけよ。 

そして何より愛してくれた

僕は若い頃、ロックスターを夢見て、就職なんてしないって言い張ってた時期があるんですよ。

親父はと言えば、本当に一生懸命働く人だったんですよ。熱があっても会社を休まないタイプ。

「そんな生き方いいと思わねーよ。」

なんて、今思えばほんとにクソ生意気なことを言ったりしたものです。

親父は冷静に「男というのはな」と僕を説得するのですが、僕には暖簾に腕押し。それは親父の生き方。俺には俺の生き方があるの一点張り。「わかんねーよ、そんなつまらない生き方」なんて言っちゃう始末。

そしたらね、親父が物凄く厳しい表情で、物凄く厳しい声で一言こう言ったんですよ。

解れ!

って。

-----------------------------------------

どんな理屈を並べられるより強烈な一言だったね。
俺、素直に思っちゃったんですよ。

解んなきゃいけないんだって。

でも、意地を張ってそんな素振りは見せずに我を張り通してたわけですよ。

そしたらね、親父はあきらめた表情になってね、

解った。おまえがそこまで思うなら自分を信じてやってみろ。多分ものすごく大変な世界だと思う。でもこれだけは忘れるなよ。上手くいかなくてどうにもならなくなったら、

帰って来い。

帰って来んな、じゃねーのかよ、親父。
俺、こんなにひでーこと言ってんのに。

と訳が解らなくなった俺に、更に一言。

ひとりで悩む必要は無いんだからな。
親子はそういうもんだから。


あーやべ、書きながら泣きそうだ。

---------------------------------------

親父の言ってることはつまり、

すべて愛の塊なんですよ。

俺がどんなにクソ生意気なことを言っても、愛で返してくる親父を裏切れねーや。

その後も色々あったけど、結局は親父の喜ぶ息子になりたい気持ちが大きくなっちゃったわけ。めでたしめでたし。

でもさ、その時のひとことを口に出して「ありがとう」って言えないまま死んじゃった。俺、酒飲めないけど、できるだけ親父と酒飲もうかな、なんて思ったりもしてたんだ。

ありがとうって言える機会を作りたくて。

----------------------------------------

二度と戻らぬ運命(さだめ)ならば
せめて言わせてさよならと


そうなんだよね。
ドラマみたいに最期の場面で「さよなら」なんて言わないもん。

もう涙がほほを伝っちゃってどうしようもなかったですよ。
鼻水も出るし。

もしそこがライブハウスじゃなくて、誰も居なかったら

声出して思いっきり泣きたかった。

-----------------------------------------

何だかキングの感想より自分の話をしちゃいましたね。

でもね、読んでおわかりの通り、キングの歌詞は、

すげー直球なんですよ。
(超直球)

ここまで胸のど真ん中に投げ込まれると、こっちまで素直になっちゃって、胸の奥にしまってた色んなことや色んなもの、つまり親父への想いや涙なんかが、さらさらと出て来ちゃうんですよ。

-----------------------------------------

そして、キングは愛の表現も

これまた直球。

お前が今日まで歩いてきた道
俺の知らない話聞かせてくれ
お前が夢見るその大事な未来を
俺にずっと守らせてくれ


お前に出会うために そばに居るために
俺の生きてく証に お前を選んだ


ぶっちゃけ、こうして歌詞だけ読むと恥ずかしくなっちゃうよね。

実は、僕もそうだった。
(ごめんね、キング)

でもね、ステージで堂々と歌うキングを見た途端、

超納得。

素直に心から「そうだよね」って思い始めてしまうのだ。
愛するならここまで言い切れる愛じゃないと、と。

キングの歌には、そう思わせてしまうパワーがあるんだよね。
それは「魂」とか「気」と言うにふさわしい力だと思う。

でもね、誰もがそんな愛し方をできるわけじゃない。
理想と現実のギャップに歯がゆさを… 

って言いたいけど、不思議と

歯がゆく思わないのだ。

これなんですよ、キングの魅力は。

目の前のキングが、あまりに堂々と、あまりに気持ちよさそうに歌う姿に、いつしか自分をすっぽりと投影してしまうのだ。そしてまるで、自分もこんな愛し方、生き方をしているような気持ちになってしまう。だから歯がゆくないんですよね。

------------------------------------------

キングと酒を飲む機会があって色々話したんですよ。
そしてキングに聞いてみました。
キングが歌い続ける先にある夢は何かって。

そしたらこう言ってました。

ひとりでも多くの人に俺の想いを伝えたい。

って。

少なくとも、ミサイルさんには伝わるものがあったという事で、それだけでも意味のあるステージだったってことですよ。

僕は思いました、

何て無欲な歌うたいなんだ。 

でもね、キング。僕だけじゃないよ、きっと。

そこに居たすべての人の心に何かが残ってるはずだよ。

Banner_02_13_11

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

NO PC, not NO LIFE

こんにちは。
ミサイル“自販機で1,000円札でコーヒー買って、おつりが100円 x 8枚、10円 x 8枚で出て来ると、その自販機、破壊したくなるよね”クーパーです。

さてみなさん、この週末の報告を。

パソコンがぶっ壊れました。

で、さっそく買い替えたのですが、DELL製で値段の割には超ハイスペックなマシンが買えたので何だか得した気分です。(得してねーけど)

でも、届くまで2週間かかるんだよね。

2週間パソコンの無い生活なんて
考えられねーよ。


と嘆く人も居るかも知れないけど、ミサイル・クーパーは嘆きません。

パソコンはぶっ壊れたけど、

脳みそはぶっ壊れてねーし。

パソコンなんて会社にもあるし、閲覧ならケータイでもできる。
頻度は下がるかもしれないけど、ブログの更新もできるし。

これを機会に、ご無沙汰してたMOLESKINE(モールスキン)との親交を深めようかなと。2週間、ペンと紙の思考時間を楽しみます。

というわけで、パソコンが壊れたくらいで、

困ってやらない。
(我が物顔のPC、鼻へし折り大作戦)

Banner_02_13_10 ←ミケさん、代わりにまた書いてくんねーかな。

----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

紅玉

こんばんは。
ミサイル“チャーシュー麺を注文して、チャーシューが不味かったら最悪だよね”クーパーです。

みなさん、

「りんご」って漢字で書けますか。

書けるよ!って得意気になってる人の中には、こんな人も居たりするよね。

「林檎」とか「憂鬱」とか「薔薇」とかは書けるけど、一般的によく使う漢字が書けなかったりする、

にせ漢字博士。
(類:にせウルトラセブン)

弊社の「弊」と、貨幣の「幣」の違いの方がよっぽど大事ですからね。

----------------------------------------

それはさておき、りんご好きですか。
僕は好きです。それも酸っぱいのが好き。

でも最近のりんごってさ、

どいつもこいつも甘くね?

甘くておいしいりんごが喜ばれる世の中なのかもしれないけどさ、僕は断然酸っぱいりんごの方が好きなんですよ。

Kougyoku_01

写真は、僕が好きな酸っぱいりんご「紅玉」

最近の酸っぱいりんごは紅玉くらいしかないのかな。
紅玉にはがんばって欲しいものです。

でもね、愕然とする出来事があったんですよ。
この紅玉にね、

アップルパイのレシピが付いてやんの。
(&ココナッツソース付き)

別に愕然とすることじゃねーじゃん、相変わらず大袈裟だなって思いますか。

愕然とすることだっつーの。
だって他の甘いりんごには、そんなレシピ付いてないんだから。

つまり、酸っぱいりんごっつーのは、そのまま食べるんじゃなくて、

アップルパイ用の食材っつーことですよ。

砂糖をふんだんに使ったアップルパイなら、酸っぱさも中和されて、ほどよい甘酸っぱさがいい感じなんじゃねーの?っていう考えなんでしょ。

ココナッツソース付きって何だよ。

そのまま食べると酸っぱいから、甘いソースで食えってか。

違うんだってば。酸っぱさが好きなんだってば。

----------------------------------------

でもまあ、そのまま食べればいいだけの話だよね。
レシピを製作したみなさん、ココナッツソースを製作したみなさんには申し訳ないけど、

アップルパイにもしねーし、
ソースも使ってやんねーから。

というわけで、僕は生まれたままの飾らない紅玉を食べました。

うんめー。

酸っぱさが、舌から口の中全体に拡がる至福の瞬間。
いいね紅玉。君は本当に素敵なりんごだよ。

と、ここでまたひとつ驚愕のできごとが。

あーだこーだと「紅玉論」を展開し、その真摯な酸っぱさを心待ちにした僕の口の中には、

そういや口内炎。

美味ぇーじゃねーか、紅玉。
痛ぇーじゃねーか、口内炎。
美味ぇーじゃねーか、紅玉。
痛ぇーじゃねーか、口内炎。

愛しの紅玉と過ごす泣き笑いのひとコマ。

それでも僕は君が好きだよ。

Banner_02_67_1_4

---------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

鯖(帰り編)

こんにちは。
ミサイル“口の中噛んじゃう時って2回同じとこ噛んじゃったりするよね”クーパーです。

大阪帰りの新幹線の中から『鯖(行き編)』に引き続き『鯖(帰り編)』をお送りします。

-----------------

行きも帰りも鯖食ったのかよ。
(鯖人間かおめーは)

って思いましたか。
いやいや、それじゃせっかくのプチ旅行気分を楽しめないじゃないですか。帰りはちゃんと大阪にちなんだ駅弁にしましたよ。

Obvshb_01 Obvshb_02

『大阪弁VS博多弁』

食の都として名高い大阪と博多の美味しさを詰め込んだ幕の内弁当。「弁当」と「方言」をかけたネーミングが面白いですね。

何しろ中味が盛り沢山なんですよ。
さっそくご紹介しますね。
(ミサイル・クーパーのグルメ評付き)


【大阪の味】

■ 高野豆腐の含め煮(うんめー)

■ 玉子ロールの含め煮(うめー)

■ 魚の幽庵焼き(普通)

■ 炊きかしわ(うんめー)

■ 花蒲鉾(普通)

■ たこ焼き天(普通)

■ 煮物(うんめー)


【博多の味】

■ ふぐのから揚げ(うめー)

■ 蓮根の明太はさみ揚げ(うめー)

■ ささみ明太かつ(うめー)

■ 春雨明太味(うんめー)

■ 明太子ロール(普通)

■ 高菜の油炒め(うめー)


&一番摘み茶入り静岡茶。(ノンブランド)


どうですか、このワクワクしちゃう中味。
こんなに盛りだくさんな内容で¥1,050ってどうよ。

ミサイル・クーパーのグルメ評によると、うまいの比較級「うんめー」の数は大阪に軍配が上がるが「普通」の数に着眼すると福岡の方が均等にうまいもんが入っているとも言える。

大阪弁VS博多弁。2大食都の対決の判定は。

どっちもうめーぜエブリバディ。

ってゆーか、

戦わねーで共存してくれ。
(だってどっちも食いてーじゃん)

---------------------------------------



ごめん。
実は隠してたことがひとつある。



実は『大阪弁VS博多弁』の他にも買ったものがあるんだ。

鯖の柿の葉寿司(3ヶ入)

やっぱり鯖も食いたくなっちゃった。へへへ(屁屁屁)

というわけで、実はこの勝負、正確には

大阪弁 VS 博多弁 VS 鯖。

だったんですよ。
そして、ミサイル・クーパーのグルメ評は、

■ 大阪弁(うんめー)

■ 博多弁(うんめー)

■ 鯖(すっげーうんめー)

やっぱ鯖な帰り道でした。

はい、みなさんも一緒に、

鯖バンザイ、鯖ンザイ。


Banner_02_13_10 ←でもスタ丼の方がもっとうんめー。

--------------------------------------

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

鯖(行き編)

skullkingの記事の後編を書こうと思いつつ、大阪出張になっちゃったから、

しばらく書けねーや。

仕方ないよね、仕事だから。
言いたくないよね、仕方ないよね、仕事だから、って台詞。

-----------------

ってゆーか、俺は書くぞ。出張だろうが何だろうが。
ミサイル・クーパーの記事を待ち望む人が居るかも知れねーし、居ねーかも知れねーし。(あー居ても居なくても忙しい)

でもね、skullkingの事はじっくり書きたいから、東京に帰ってから書くとして、とりあえず

鯖の話でも。

---------------------------------------

飛行機は落ちるので新幹線で大阪に向かってます。

新幹線と言えば、駅弁食べないとね。
数ある駅弁の中からセレクトしたのは、

鯖寿司(八戸産鯖使用)

「鯖の生き腐れ」って諺があるくらいだから、やっぱり鯖は鮮度が大切だよね。

八戸産ですからね。海産物の宝庫じゃん。
新鮮な旨味の鯖が期待できそうだぜエブリバディ。

ってゆーか、

八戸から東京に来る間に
腐ってんじゃねーの。


なんつって、しめ鯖から大丈夫だっつうの。

しめ鯖バンザイ。(しめ鯖ンザイ)

---------------------------------------

いやね、何でかわかんねーけど、最近しめ鯖がすっげー好きなんですよ。

スーパーロックスターがしめ鯖が好きっつうのもどうかと思うけど、まあいいじゃない。

早めに食わなきゃいけねー感じが
ライブっぽくて。

(鯖ライブ2006)

それにさ、

ビシッと酢でしめてるとこに、
何だかよくわかんねーパワーを感じるし。

(鯖パワー2006)

しめ鯖は、ロックアイテムだよね。

おっと、そんなこと今わざわざ力説してる場合じゃねーや。

鯖食います。腐るから。
(& 伊右衛門茶)



Banner_02_67_1_2 ←脳みその生き腐れ、注意。

---------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

skullkingのライブを見て(前編)

水の中でも書ける!という特徴が売りのペンがある。
そんなキャッチフレーズを見て誰もがこう思うだろう。

ってゆーか、
水の中で書くことなんてねーし。


そりゃそうだよね。

例えば海に落っこちて助けを求めたい時に、メモとそのペンを取り出してサラサラと「たすけて」なんて書いてる場合じゃねーし。

まあ、実際のところは、濡れた紙に書いてもにじまないとか、水圧に左右されず一定の圧力でインクが出ますよっていう機能なんだと思う。

でもそれは本当に「水の中でも書ける」ということだし、たかが100円ちょっとの筆記具でも、そこまで機能性を追及する、日本の筆記具の姿勢は素晴らしい。


そんなシンガーが「skullking」なんだと思う。


----------------------------------------

「いくつになっても夢を見続けてください。」

とskullkingは言う。

そして「覚めない夢の途中 終わらないゲームのまだ途中」と大真面目に歌う。真剣な眼差しで歌う。いつまでも歌う。

言いたいことは解るけどさ、
そうも言ってられないわけよ、
色々あるし。


と思って過ごしていたはずの心の片隅に灯りが点るのを感じるのだ。

「夢」なんてちょっとダサい響きの言葉だけど、胸の真ん中よりちょっと横あたりに眠ってる「夢」の部分をツンツンされて痛くなるのだ。

そして自分にこう言いたくなるのだ。

色々あるし、とか言ってんじゃねーよ。

色々あるのはskullkingだって同じだ。
だけど彼は歌う。夢を見続ける。

夢を見続けるための方法は何?と聞かれたら彼はこう言うんだろう。

夢を見続けることだと。

理屈で考えることしかできない奴には解らない答えかもしれない。でも彼はただ信じてそう言うのだろう。

彼の声と、表情と、無心にギターをかき鳴らす姿に、1曲目から胸を鷲掴みにされて、skullkingのショーが始まった。

(続く)

Banner_02_67_1_2

------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

ミサイル・クーパーを読む(後編)

みなさん、こんにちは。
ミサイル“使い捨て目薬って目ん玉2個じゃ量多すぎるよね”クーパーです。

ところで、視力の悪いみなさんは、メガネ派ですか、コンタクト派ですか。
スーパー・ロックスターの僕は、天然パーマなだけじゃなくて視力も悪いのですが、普段はコンタクトをしています。


■朝起きたら手を洗ってコンタクトをはめて、

■昼間は目にゴミが入らないように気をつけて、

■目が乾いてきたら目薬をさして、

■夜は眠る前にコンタクトをきちんと外して専用液に浸す。


スーパー・ロックスターにあるまじき姿。


しかも、ハードな男がソフトコンタクト。
(ソフトってはめる時レンズが曲がってくっついちゃうと焦るよね)
(ソフトコンタクトのケースって必要以上にでかいよね)

コンタクトはめてる後ろ姿って、人に見られたくないよね。

----------------------------------------

しかしですね、これもわけあってやってるんですよ。

ロックスターといえばサングラスがつきもの。
そのサングラスをかけるのにメガネかけてたら、

メガネの上にサングラスかけなきゃ
見えねーし。

(二重メガネ)

サングラスに度を入れたらどうですかって?
それもひとつの方法ですね。でも度を入れたら、

サングラス外した時、
いちいちメガネにかけ替えなきゃ
いけねーし。


だいたい、

うっかりサングラス外すの忘れて、
上にメガネかけたら危ねーし。

(二重メガネ×二重度数)

まあ、そんなやむない事情でコンタクトにしているわけです。

なんて嘘。

メガネをかけない本当の理由は、

牛乳瓶の底みたいなメガネしか
持ってねーから。


見たいですか、そうですか。

じゃあ今度のライブでは、瓶底メガネ。絶対に

かけません。


Banner_02_67_1

↑人前でかけられないメガネってなんか長持ちするよね。

-----------------------------------------

というわけで今日は、「ミサイル・クーパーを読む(前編)」でご紹介した通り「ミサイル・クーパーの新記事を客観的に読んでみたい」という、僕の無謀な希望に一肌脱いでくれた、かにクラブのスーパーキーボーディスト、ミケランジェロ・ペスカトーレさん(通称:ペっさん)からのホットな原稿をご紹介いたしました。

つまり今日は、

ミサイル・クーパーが書いてない
ミサイル・クーパーの新記事を
お楽しみいただきました。

(あー、自分で言ってて意味わかんねえ)

---------------------------------------

この原稿が届いたときはショッキングでしたよ。だってさ、

書いてねーのに
書いてあるし。


僕はあんまりお酒が飲めないんですけど、飲みすぎて記憶がないって、こんな状態なんじゃねーの、多分。

もしくはあれだね、

幽体離脱。

天井から自分の姿を眺めてる気分。

面白いなあ、この企画。

--------------------------------------

ミケさんの記事面白かったですよ。すっげー笑った。

特に「二重度数」

文章は「起承転結」が基本ですけど、今回のミケさんの記事は「起承転」って感じ。

結ばねーのかよ。

ってとこがいいよね。

「結論から先に言え」とかさ、「結論としておまえはどうしたいんだ」とかさ、うるせー毎日ですからね。たまにはこうやって結論なんてどうでもいい記事を読むのもいいと思う。

何ていうか、どうでもいいことをもっともらしく延々と語った挙句、何も残さずに去るいい加減な感じがまた楽しいですね。

---------------------------------------

ってゆーか俺、ミケさんの記事に感想を書いてる気でいるけどさ、この記事ってそういや俺の真似なんだよね。

っつーことは、つまりあれですか。

ああ、どうせ俺は、
どうでもいいことをもっともらしく
延々と語った挙句に、
結局何も残さずに去る
いい加減な男ですよ。


ってことですか。そうですか。
みんなもそう思ってるんだろ、どうせ。
おめーら、みんなグルだな、このやろ。

ミサイルって面白ぇーじゃん。って思ったりもしたけど、

書いたの俺じゃねーし。
(あー意味わかんね)

---------------------------------------

ともあれ、何か新鮮だし、客観的に自分の文章を眺めることができたのは貴重な経験。

っつーか、楽ちんだし。
(勝手に記事1個増えるし)

というわけで、時々書いてくんねーかな、ミケさん。


Banner_02_67_1_1

↑ミケさんの記事が面白かった人(悪徳ランキング大作戦)

-----------------------------------------

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

ミサイル・クーパーを読む(前編)

こんばんは。
ミサイル“アワビとザーサイって食感似てるよね”クーパーです。

いつもブログを読んでくれてるみなさん、ありがとうございます。
「面白い」と言ってくれてありがとうございます。やっぱりみんなに楽しんでもらいたくて書いているブログですから、「面白い」と言ってもらえるのは本当に嬉しいことです。

でも、みなさんもそうだと思いますけど、自分の書いた記事というものはなかなか客観的に読むことができないですよね。

----------------------------------------

僕の書いた記事を読んで「死ぬほど笑いました!」とか言われると、すっげー嬉しいんですよ。嬉しいんだけど、

書いてる本人は
死ぬほど笑ってねーし。


そりゃそうですよね。
書くときはいたって真面目な顔で書いてたりするもの。
書いた記事を読み返しても、死ぬほど笑うことはない。やっぱり自分の書いたものは客観的にはなかなか楽しめないっつーことですね。

で、ふと思ったんですよ。

僕の新記事を読んで死ぬほど笑ってくれた人が居る。
それはどうやら事実である。ならば、

俺も、
俺の新記事を読んでみたい、と。


----------------------------------------

でもどうすりゃいいのよ。

僕がミサイル・クーパーである以上、ミサイル・クーパーの新記事は客観的には読めないわけですよ。

たまには僕も、ミサイル・クーパーの記事を読んで「おもしれーな、ミサイル。馬鹿じゃねーの」とか「おっ、また馬鹿記事書いてんじゃん」とか言ってみたいじゃん。

ひょっとすると全然面白くないって
思うかも知れねーし。


しかも、

生理的に合わないかも知れねーし。

----------------------------------------

で、そんな体験したいという無理な話を、ある人に話したんですよ。
自分でも馬鹿な相談だと思いましたが、その人は、意外にも僕の希望に理解を示してくれ、こんな提案をしてくれました。

ミサイルになりきって
記事を書いてみるよ。


なるほど、その手があったぜベイビー。
これでミサイル・クーパーの新記事を客観的に読めるぜ!

と喜んだのですが、

実は記事を書いてくれるというその人は、ミケランジェロさん。
自身のブログ「ミケブログ」では、何とも個性的な感性で、独特な文章世界を展開している

女性です。

実は、そもそも僕がこのナンセンスな話を持ちかけたのは、彼女の独創的な感性を借りて、何となく話が膨らんでネタになればいいな、くらいの気持ちだったんですよ。

それを思いのほか真剣に聞いてくれて「ミサイルになりきって書いてくれる人が居れば実現する」という結論まで導くところはさすがミケさん。でも、だからといって

書いてもらうには、申し訳ねー存在。

「ミケブログ」の文章、とても面白いんですよ。
着眼点も発想も面白いし、笑いにもスマートなセンスがあって、それはもう書く事に関しては

師匠みたいなもの。
(例:歌丸師匠)

でもさ、せっかく書いてくれるっつーし、

書いてもらうことにしました。
(遠慮知らず、注意)
(皿に残った最後の1個でも平気で食うタイプ、注意)

-----------------------------------------

目的は、ミサイルの「新記事」を読むことですからね。
だからお題はミケさん任せ。僕が書きそうなことを自由に書いてもらうことに。

待つこと半日。届きましたよ原稿が。

早くね?
(速くね?)

ってゆーか、思いついたらあんまりつべこべ考えないでライブで書くとこまで真似されちゃったわけね。

というわけで、後編ではミケさんが書いた「ミサイル・クーパーの新記事」をご紹介します。

言っとくけど、すごいです。何がすごいって、

似てるっつーか、
これ、ミサイル・クーパーじゃん。



乞うご期待!


(後編に続く)


Banner_02_67_1 

↑また10位ランクイン。すみません、みなさん。

----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 4日 (土)

カーナビ

こんばんは。ミサイル・クーパーです。
3連休、いかがお過ごしでしょうか。僕は生まれ故郷の仙台に来てます。

仙台といえば、まだまだ伊達政宗の方が有名ですが、ここ数年の内に「仙台といえばミサイル・クーパー」という時代が来るかもしれません。

さて。
(あっさり話題転換、注意)

仙台でのいつもの僕の活動は、電車より車が便利なので、よくレンタカーを借りるんですよ。今回もレンタカーを借りたのですが、いやー困った。

カーナビが、すげー馬鹿で。

---------------------------------------

何だかよく解んないんだけど、完全に停車してるのに「走行中は操作できません」とか言いやがるんですよ。普通はセンサーが時速を感知して、走行中かどうかを判断するんでしょうけど、判断できねーらしい。

馬鹿センサー搭載かよ。

まあいい。
どうやら走行中でも「音声機能」は使えるらしい。マイクに向かって言葉を発すると、機械が認識してくれるアレですね。

「目的地を都道府県からどうぞ」

と生意気に指示しやがるので、僕はマイクに向かって「宮城県」と言ったわけですよ。そしたら生意気に復唱しやがんの。

「岩手県」って。
(言ってねーよハゲ)

俺は「宮城県」って言ったんだっつーの。

で、反射的に言っちゃったんですよ「岩手県なんて言ってねーよ」って。

そしたら馬鹿センサーの野郎、その言葉にまた反応しやがんの。

「岩手県九戸郡野田町」

そんな事言ってねーし、行きたくもねーし。

僕の目的地は、仙台市内だったんですよ。
まあ、別にナビが無くても行けるんだけど、親戚の家を経由したりするので、渋滞情報とか見たかったんだけど、少なくとも

岩手の渋滞情報は必要ねーから。

----------------------------------------

気を取り直して。

マイクに向かって、ゆっくりと「せ・ん・だ・い・し」と言ってみました。そしたらまた反応しましたよ、馬鹿センサーが。

「現在地」

現在地を表示しやがんの。
ってゆーか、

現在地なんて、
常に表示してんじゃん。


--------------------------------------

その後、馬鹿カーナビ(バカーナビ)相手に、

「仙台市」
「現在地」
「仙台市」
「現在地」

と数回の押し問答を繰り返し、

「………」
「………」

表示は相変わらず現在地。

----------------------------------------

その他にもさあ
もういっぱいありすぎて
覚えてねーけどさあ
見たことも聞いたこともねえ
灯台とかにも連れて行かれそうに
なったぜ。


何だかよく解んねーけど、淋しげな町の果てにある灯台。
さすがにその時は思いましたよ、

人さらいか、おめーは。

---------------------------------------

こうやって記事にすると、読んでる人は楽しいかもしれないけど、本人は大変だったんですからね。

なんつって。

すっげー得した気分。

サンキュー、バカーナビ君。



Banner_02_67_1

↑大阪府貝塚市にも連れて行かれそうになりました。


-----------------------------------------


| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年11月 2日 (木)

STABILO スワン型シャープナー(その2)

みなさん、こんばんは。
ミサイル“カラオケ行ったら俺はやっぱメロンソーダだな”クーパーです。

Swans_01

お気に入りの「スタビロのスワン型鉛筆削り」を、もう1羽買ったので合計2羽になった。

鉛筆削りを「2羽」だって。
馬鹿じゃねーの。

って思いましたか。

そうだね。いくら白鳥の型をしてるからと言って、2羽と数えるのはおかしいよね。

でもそんなことは解ってるけどさ、2個並んでる姿を見たら、

2羽って感じちゃったんだから
仕方ねーじゃん。

ってゆーか、そもそも同じ鉛筆削りを2個買うこと自体おかしいですか。腑に落ちねーですか。

2羽居た方が楽しいと思ったんだもん。
仕方ねーじゃん。

ってゆーか、だいたい白鳥が赤いことに疑問を持たねーのかよ、って思ってますか。腑に落ちねーですか。

白鳥が赤くて悪いかよ。
赤い白鳥も綺麗じゃん。

----------------------------------------

大人になると、ついつい夢も希望もないことを言ったり思ったりしちゃうけどさ、ふと思ったんですよ。

子供たちはどうなんだろう、って。

子供たちの中には、赤い白鳥が好きって言う子も居れば、黒い白鳥が好きな子だって居ると思う。白鳥は黄色だってピンクだって、自分の好きな色の白鳥が居ればいいなって、純粋に思うのかも知れない。

僕が赤い白鳥を、2羽持ってるのをうらやましがる子だって居ると思う。

子供にとっては、白鳥の色も、2羽持ってることも、とっても興味津々の出来事なんだよね。

----------------------------------------

っつーか、
おめーは子供じゃねーだろ。


そうかも知れないし、そうじゃないかも知れない。

この鉛筆削り、
かなり好きだし。

(実はもう1羽居てもいいかな、なんて思ってるし)

確かに、大人になれば、そんなことよりもっと楽しいことを知って行くわけだから、白鳥の色なんて、どうでもいいことになってしまう人が多いのかも知れない。

でもちょっと待ってよエブリバディ。

----------------------------------------

例えば白鳥の事なんてもうどうでもいい大人が居たとします。
仮にA君としましょうか。

僕もA君も大人になって、お互い100個の楽しいことを経験するとしましょう。

A君はもう、白鳥の色も、2羽居ることもどうでもいい。
僕は今でも、白鳥の色も、2羽居ることも楽しいと思う。

っつーことはですよ、

A君の幸せ、100個
僕の幸せ、  102個


お得でしょ。

って言いたいけど、実はそうじゃない。
だって僕のプラス2個は、A君にとってはどうでもいいことだから。

A君は僕をうらやましいとは思わない。
でもそれでいいんですよ。

幸せは、その内容も数も人と比較するものじゃないしね。
幸せは、心の中にそっとあって、そっと笑顔をくれるもの。

----------------------------------------

幸せはね、大きいものも小さいものもあって、そこらじゅうに転がってて、拾ってくれるのを待っているもの。

だよ。

声のする方を見てみると、2羽の赤い白鳥が僕にウインクしていた。



Banner_02_67
↑最後のロマンチックが鼻についた人。

----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

がんばらない

こんばんは。
ミサイル“タコライスのタコって蛸だと思ってた人、手あげて”クーパーです。

朝夕めっきり涼しくなりましたよね。
うっかり死鹿寝しちゃた日には、風邪引きますから気をつけましょうね。

ここで一句。

秋深し ミサイル失速 14位
(でも僕は君の友情を忘れない)

----------------------------------------

Ganbaranai

これは、僕の音楽&仕事仲間のナイスガイ「SKULLKING」にもらったライター。ナイスガイは持ってるライターもナイスだね(NICE & NICE)

がんばらない。

いい言葉だね。
いい加減な言葉に聞こえるかもしれないけど、聞き流さないで欲しい。

「がんばれない」じゃないんだ。
「がんばらない」なんだ。

ちゃんと意思を持った言葉なんだってこと。

---------------------------------------

頑張らなきゃいけない世の中だから
頑張ったのに
馬鹿野郎の不条理な態度に
頑張らねーぞこのやろうと怒ってみたり

頑張り疲れて
明日はもう頑張らねーぞ
って決めたら
気が楽になって頑張れちゃったり

頑張ってるのに上手くいかなくて
落ち込んでる人に
つい頑張れって言っちゃう
無責任さに気づかなかったり

何だかんだ言ってもさ
頑張らなきゃいけないし
頑張っちゃうわけよ
明日もあさっても

たまにはいいじゃん
がんばらないって思ってみても

たまにはいいじゃん
ほんとに頑張らない日があっても

張り詰めた糸が切れて
頑張りたくても
頑張れなくなるよりは
時々気を抜くのもいいじゃない

がんばらないライターで
一服するのもいいじゃない

頑張ってる合間にね。

Banner_02_66 ←頑張ろうか、気楽にね。

----------------------------------------

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »