« 鯖(帰り編) | トップページ | NO PC, not NO LIFE »

2006年11月23日 (木)

紅玉

こんばんは。
ミサイル“チャーシュー麺を注文して、チャーシューが不味かったら最悪だよね”クーパーです。

みなさん、

「りんご」って漢字で書けますか。

書けるよ!って得意気になってる人の中には、こんな人も居たりするよね。

「林檎」とか「憂鬱」とか「薔薇」とかは書けるけど、一般的によく使う漢字が書けなかったりする、

にせ漢字博士。
(類:にせウルトラセブン)

弊社の「弊」と、貨幣の「幣」の違いの方がよっぽど大事ですからね。

----------------------------------------

それはさておき、りんご好きですか。
僕は好きです。それも酸っぱいのが好き。

でも最近のりんごってさ、

どいつもこいつも甘くね?

甘くておいしいりんごが喜ばれる世の中なのかもしれないけどさ、僕は断然酸っぱいりんごの方が好きなんですよ。

Kougyoku_01

写真は、僕が好きな酸っぱいりんご「紅玉」

最近の酸っぱいりんごは紅玉くらいしかないのかな。
紅玉にはがんばって欲しいものです。

でもね、愕然とする出来事があったんですよ。
この紅玉にね、

アップルパイのレシピが付いてやんの。
(&ココナッツソース付き)

別に愕然とすることじゃねーじゃん、相変わらず大袈裟だなって思いますか。

愕然とすることだっつーの。
だって他の甘いりんごには、そんなレシピ付いてないんだから。

つまり、酸っぱいりんごっつーのは、そのまま食べるんじゃなくて、

アップルパイ用の食材っつーことですよ。

砂糖をふんだんに使ったアップルパイなら、酸っぱさも中和されて、ほどよい甘酸っぱさがいい感じなんじゃねーの?っていう考えなんでしょ。

ココナッツソース付きって何だよ。

そのまま食べると酸っぱいから、甘いソースで食えってか。

違うんだってば。酸っぱさが好きなんだってば。

----------------------------------------

でもまあ、そのまま食べればいいだけの話だよね。
レシピを製作したみなさん、ココナッツソースを製作したみなさんには申し訳ないけど、

アップルパイにもしねーし、
ソースも使ってやんねーから。

というわけで、僕は生まれたままの飾らない紅玉を食べました。

うんめー。

酸っぱさが、舌から口の中全体に拡がる至福の瞬間。
いいね紅玉。君は本当に素敵なりんごだよ。

と、ここでまたひとつ驚愕のできごとが。

あーだこーだと「紅玉論」を展開し、その真摯な酸っぱさを心待ちにした僕の口の中には、

そういや口内炎。

美味ぇーじゃねーか、紅玉。
痛ぇーじゃねーか、口内炎。
美味ぇーじゃねーか、紅玉。
痛ぇーじゃねーか、口内炎。

愛しの紅玉と過ごす泣き笑いのひとコマ。

それでも僕は君が好きだよ。

Banner_02_67_1_4

---------------------------------------

|

« 鯖(帰り編) | トップページ | NO PC, not NO LIFE »

コメント

アップルパイに紅玉って言うのはさ、中和するんじゃなくて、酸味を生かすんだよ!←偽林檎博士2号。

投稿: ナイス | 2006年11月25日 (土) 00:00

■ナイス“偽林檎博士2号”リーさん

>酸味を生かすんだよ!

甘さの中に見え隠れする酸味。
甘さ優先の世の風潮はけしからんね(笑)
紅玉をそのまま食べた時の、酸っぱさの中に甘さがある感じがいいだってば。アセロラみたいで(笑)

投稿: ミサイル | 2006年11月25日 (土) 04:42

わしも果物はなんでも青い硬いのが好きです。
でも、アセロラって「本物」食べたことない。
本当にすっぱいのかしら。

投稿: mochin | 2006年11月26日 (日) 02:47

■mochinさん

そういやアセロラそのものって食べる機会ないよね。

甘酸っぱいっていうのはジュース上の話で、実はレモンみたいにとんでもなく酸っぱいだけの果実なのかも。

それに比べたら紅玉は、そのままでも甘酸っぱくて本当に優れたりんごだな(あくまで紅玉びいき、注意)

投稿: ミサイル | 2006年11月27日 (月) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/12801334

この記事へのトラックバック一覧です: 紅玉:

« 鯖(帰り編) | トップページ | NO PC, not NO LIFE »