« アドンニーデ | トップページ | 鼻&華 »

2006年12月31日 (日)

大晦日は、銀杏&クラシック

こんばんは。
ミサイル“スーパーで「あたりめ」を買ったら、ようやく年末を実感しました”クーパーです。

大晦日いかがお過ごしですか。僕は、

銀杏食いました。
(寿司食ったあとにね)

故郷の仙台では大晦日に銀杏を食べる風習があるんですよ。

仙台には古くから伝わる、吟難(ぎんなん)という儀式があって、これは大晦日の夜に焚き火を炊きながら、その年のよくなかった事を即興の歌にして歌って、煙と一緒に清めて天へ返してしまうというもの。

つまり「難を吟じる」で「吟難」なんですね。

-----------------------------------------

っつうのは嘘。
(そんな儀式ないです)


たまたまマミーミサイルがお寺の境内で拾ってきたらしい。

犬の散歩ついでに。

夕食後にマミーミサイルがその銀杏を思い出して

「そこの缶に銀杏いっぱい入ってるよ」

と言うので、何だか懐かしいような気がして缶を開けてみたのですが、

くっせーよ、銀杏。

ほんとにくせーよ。食べ物とは思えないよね。
ってゆーか、こんなくせー木の実を食おうとした最初の人ってすごいよね。

----------------------------------------

とはいえ、銀杏はおいしいので、さっそくアルミホイルで包んでストーブの上に置いてみる。フライパンで炒るのもいいけど、ストーブの上ってのがいいでしょ。田舎風で。

ほら、だんだん漂ってきましたよ。

くっせー香りが。

もう、部屋中くせーっつーの。

いったい何でそこまで臭い必要があるんだっつーの。

スカンクが臭い屁をして、本能的に敵から身を守ったりするけど、もしかしてこれが銀杏の本能なんですかね。

その敵のひとつが人間なのかもしれないけど、その程度じゃ人間からは身は守れないよ。人間はね、臭いものだって「珍味」っていうカテゴリーに入れて食べちゃう欲深い生き物なんだから。

-----------------------------------------

その後はテレビで格闘技を一通り見た後に、NHKでクラシック。

モーツァルト生誕250周年の2006年のラストを飾る、モーツァルトコンサートのハイライト特集。いいねえモーツァルト。聴くのもいいけど、こうしてオーケストラを見ながら聴くのもすばらしい。

ピアノ協奏曲って、聴いてるだけでも充分ピアノのすごさが伝わって来るけど、こうして指の動きを目の当たりにすると、その感動も倍増するね。もちろんピアニストだけじゃなくてオーケストラの一体感もすごい。こりゃ何百年も音楽家たちが追い求める音楽だなと納得。

指揮者を見てるのも楽しい。個性が様々で見てて飽きない。
指揮者だから指揮棒を振りまくると思ったら大間違いで、むしろほとんど振らない指揮者も居たりして楽しい。

そういや、よく名前を目にしてたアーノンクールという指揮者の映像も始めて見たんだけど、

Harnoncourt01

恐ぇーよ、顔。
(初夢に出るっつーの)

鬼気迫るというか、ほんとに魂の入った顔で指揮をする人だね。
顔で指揮。でもこれも大事な指揮のひとつだよね。あの眼力で演奏の指揮を取ることはオーケストラも頼もしいんじゃないかな。

俺は目そらすけど。

去年まではクラシックに何の興味もなかったけど、今年はこんな年末の番組も至福の時間。何だか得した気分ですね。

----------------------------------------

色々あった2006年でしたが、嫌な思い出も、過ぎてしまえば笑い話ですよね。

とか言う人居るけどさ、

嫌なもんは嫌だっつーの。

別に嫌なことに対してお人よしになる必要はないと思う。

ただ、来年はそれを繰り返さないように、あるいは繰り返さなきゃいけないならば、嫌な思いをしないための作戦を練ればいいと思うんですよ。

どうせ明日は来るんだから楽しいほうがいいに決まってるもんね。
来年もそんなことを頑張って考えてみます。

「かにブログ」を読んでくれるみなさんのために。

っつーか、自分のために。

それでは、みなさんよいお年を!

-----------------------------------------

|

« アドンニーデ | トップページ | 鼻&華 »

コメント

新年あけましておめでとうございます。

仙台には銀杏にまつわるそんな風流な儀式が…と思って読んでいたら、ミサイルさんの創作だったとは。新年早々やられました。

私も大晦日から元日にかけてクラシック三昧でした。
しかし指揮者を正面下から撮るというカメラアングルはどんなものでしょうか。ほんと、こわい。
それにピアノ協奏曲やら歌やらのソリストの顔もこわい。
皆神経を集中させているからなんだろうけど、クラシックのテレビ放送はコンサートで観るのとは違う光景を目の当たりにして、色々考えさせられます。
ミサイルさんもひとつ、こわい顔でボーカルなんてどうでしょう。顔で歌うぜ2007。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ミケランジェロ | 2007年1月 2日 (火) 08:41

■ペスカちゃん

2007年初コメントだね。

儀式「吟難」いいよね。書きながら本当にやってみようかと思った(笑) 歌にして天に帰す。そのくらいの心の余裕が欲しいものですね。

ペスカちゃんが加入してバンドも色々刺激を受けているので、2007年世界かに化計画、一緒に頑張りましょう(ゆるく)

今年もよろしく!

投稿: ミサイル | 2007年1月 2日 (火) 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/13287305

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日は、銀杏&クラシック:

« アドンニーデ | トップページ | 鼻&華 »