« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

今日の夢

こんばんは。
ミサイル“マスタードとからしって色は似てるけど辛さは全然違うからね”クーパーです。

僕は眠りが深いのか、あまり夢を見ないんですよね。
もしくは見てるんだけど覚えてないのか、まあとにかくあまり夢を見ないんですよ。

やっぱいつも夢を追い続けてる
ロッカーだからなのかなハニー。

それはさておき、今日久々に夢をはっきり覚えてたのでご報告いたします。

----------------------------------------

以下、僕の夢。


何だかよくわかんねーけど、僕と友人2人、計3人でフードコートのようなとこに行ったんですよ。3人ともうどんを食べることにしました。

僕が運ぶので、2人は先に行って席を取っといてっていう話になったわけです。

うどんが出来たので、まずは2人のうどんを1個づつ両手に持って席まで運んだんですよ。そしたら席に行くまでの間に

何故かガードレール。
(いいねえ、いかにも夢って感じで)

しょうがねーから、またぎましたよ。
でね、ふと気がついたら片方のうどんが、

すっかりこぼれてんの。

ありゃ~って思ってたら、気づいた店員が駆け寄って来てくれて、

「すぐ新しいのお持ちしますね」

って言ってくれて、とりあえずセーフ。

新しいうどんを受け取って席へ。

そしたらね、どういうわけか、いつの間にかまたすっかりこぼれてんの。

(さすがに2個目は取り替えてくれねーだろうなあ)

と思ったところで目が覚めた。

-----------------------------------------

店の中にガードレールが唐突にあるあたり、夢らしくて痛快なんだけど、

最後のモヤモヤ感はどうよ。

2杯目もこぼしたっていうのも嫌~な感じだし、結局2杯目は取り替えてくれたんだか、くれなかったんだか結末がわからないままの目覚めも嫌~な感じだよね。

この夢のおかげで、今日一日憂鬱な気分で過ごしました。

なんつって、
さっきまで忘れてました。

もしかすると神様が、夢を通じて何か僕にメッセージを送ってくれたのかも知れないですね。でもね神様、

ごめん。
全然気にしてなかった。

というわけで、かにブログをご覧の「夢鑑定士」のみなさん、僕のこの夢を鑑定してくれてもいいし、

してくれなくてもいいです。

------------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

誕生日システム

いつも「かにブログ」を見てくださっているみなさん、

おめでとうございます。

今日2/25は、

ミサイル・クーパーの誕生日です。

みなさん、1秒だけお時間をください。

HAPPY BIRTHDAY ,
Mr. MISSILE COOPER


ありがとう、みなさん。

この1文を読んでくれただけで、このブログを見てくださってる方から

バースデーメッセージを
頂いたのと同じこと。


インターネットはすごいよね。
ブログってすごいよね。

いつも顔を合わせてる方、まだ一度も会ったことのない方、今日初めて「かにブログ」を見た方、そんな方々からもメッセージをもらえちゃうんだから。

しかもインターネットはワールドワイド。
日本のみならず他国の方からもメッセージを頂いたことになるのかもしれませんね(例:ロシアの方々)

あいかわらずおめーはポジティヴシンキングだな、

くだらねーことばっかに。

と思ってますか、みなさん。

はい。そうです。
どうしても、くだらねーことにまず反応しちゃうんだよね。

でも、ちゃんとした目標も立ててみようかと思いますよ。

でもまあ、

それは、おいおい
(S.O.O)

っつーことで。

それではみなさん、本日は本当に

おめでとうございます。
(どっちがめでてーんだよ、注意)

---------------------------------------

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

福岡ベイビー

最近スパムトラックバックが後をたちません。その都度ニフティに通知して削除していますが、一向に減らない状況です。

英文のトラックバックのほとんどは悪質なサイトですので、くれぐれもアクセスしないようにしてください。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

悪質なトラックバックを送信する馬鹿業者に告ぐ!
確かにこのブログの管理人はきらびやかなスーパーロックスターだけれど、

そんなにアクセスないし
送信しても効果ねーから。


----------------------------------------

さて、今日から2泊3日で福岡出張に行ってきます。

1日目は、昼からライブのリハーサルと音楽雑誌の取材、夜はライブ。

2日目はエッセイ集『ミサイル・クーパー I』の出版記念サイン会というスケジュールです。

ちなみに今申し上げたスケジュールは2日とも、

妄想です。

----------------------------------------

いつも、忘れ物がないようにチェックリストを書くのですが、今回は2泊なので、

□ シャツ x 2
□ パンツ x 2
□ くつ下 x 2

と書いた後に、勢い余って

□ メガネ x 2

と書いちまいました。
メガネは2個もいらねーだろ。

何に使うんだよ、メガネ2個。

いや、あると意外に便利かな。

嘘だよ、使わねーよ。

----------------------------------------

いやいや、何だかパンツだとかくつ下だとか、スーパーロックスターらしからぬ、やたらと生活感あふれた側面をお見せしちゃいましたね。

「ミサイルさんのそんなところ見たくないわ」

というかにレディたちの嘆きが聞こえて来そうですね。
でもお言葉を返すようですが、

くつ下くらい履くっつーの
(素足に革靴、注意)

それじゃみなさん、

もつ鍋食うぜベイビー
(もつ鍋イビー)

---------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

3/21 かにクラブワールドツアー

こんばんは。
ミサイル“パーカー着て寝ると、フードが邪魔だよね”クーパーです。

さて、全国のかにクラブファンのみなさまお待たせいたしました。

かにクラブワールドツアー
次回公演が決定しました!



■3/21(祝)下北沢 VOICE FACTORY にて

■OPEN 18:00(予定)

■出演 

T.A.N.S / skullking / かにクラブ / TRAJO (出演順未定)



3/21は水曜日で祝日ですね。

1週間のど真ん中の水曜日、かにクラブのライブを見て、

中だるみするっつーのは
どうですか。


----------------------------------------

久しぶりに曲を作ってみました。次回のライブでお披露目できる予定です。

そういや、かにクラブって、ミサイル“愛の伝道師”クーパーが居る割にはラブソングが無いじゃん、ってことに気づいて、今回はラブソングを書きました。

どんな歌かっていうと、

恋人にふられて
未練いっぱいのすげー悲しい歌。


いいねー、週のど真ん中にテンション下がるね~。
いいねー、春分の日、これから春だっつーのにね~。

---------------------------------------

はっきり言って女々しい歌詞ですよ。
どんだけ女々しいかって言うと、

僕が毒りんごをかじって眠る
救えるものが君の愛の言葉なら
君は困るだろう
僕は死ぬだろう


あー女々しい。

確かに新しい道を歩もうとしている彼女に「僕は君の幸せを祈ってるよ」とか言って、涙を飲んで身を引くのが男らしいのかもね。でもさ、

そんなの奇麗事。

めちゃくちゃ好きな彼女が居なくなるんですよ。
めちゃくちゃ悲しいに決まってんじゃん。
俺の人生もう終わりだっつーくらい悲しいじゃん。

そんな時に「君の幸せを祈ってる」なんて

かっこつけてる余裕ないっつーの。
(いっぱいいっぱいだっつーの)

----------------------------------------

大好きだった彼女の幸せを祈る。それが美しいことははわかってますよ。理屈ではね。でもそれはいつかそうなれるように努力すりゃいい話で、ふられた直後なんて、

ぶっちゃけ、
戻ってきてくんねーかなハニー。


っていうのが本音だと思うんですよね。

まあ多くの場合、そういうことを影で想いながら、ぐっとこらえて何食わぬ顔で日常生活を送らなきゃならないのが辛いところだよね。

でもさ、これは歌詞だから、歌だから。

別に無理する必要ねーし。

本気で好きだった証に、とことん深く悲しむ。

それも正直でいいんじゃないかなと思うんですよね。

その最後の証を君が見る事は、もうないんだけど。




(注)

まじでミサイルふられたんじゃねーの?と思ってるみなさん。歌詞はフィクションです。「おならブー」とか言っちゃうくらい元気です。

-----------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

「告白」 万年筆の書き味

こんばんは。
ミサイル“あー明日からまた仕事かよ、爪。あ、爪切んなきゃ”クーパーです。


さて、僕は去年の誕生日に心惹かれていた万年筆「LAMY2000」を使い始めました。

LAMY2000万年筆 25th Feb 2006」なんていう仰々しい記事も書きました。誕生日に初めて筆を下ろす時のために、わざわざ「座右の銘」まで作ったりして。

ところがどうよ。仰々しく言ってたくせに、結局この1年間、

あんまり使い込んでねーし。

万年筆っていうのは、使い込めば使い込むほどに、書き味が自分のものになっていくもの、

かどうかも、まだ実感してねーし。

------------------------------------------

でもね、僕は目隠しをした状態でもサファリとLAMY2000の違いが解りますよ。

書き味じゃなくて
胴軸の持ち味の違いでな。

(そりゃそうだっつーの、注意)

文具関連のブログを見ると、みなさんペン先のしなやかさの違いなどを書いていて、

正直、すごいと思います。

一応僕も「サファリ」に比べて「LAMY2000」の方がやわらかな書き味だということは何となく感じてはいます。でも正直なことを言うと、それはブログから得た情報のインプットでそう感じてるだけで、実はその本当の違いを感じてはいないんじゃないかと思うんですよね。

例えば服の「着心地」だったら、着た時の暖かさや軽さ、素材の感触なんかを直に感じるものなので僕にもわかりますけど、それに比べて「書き味」というのは、指先というごく限られた部分で感じる微妙な感覚ですからね。

自分もそういう繊細な感覚が欲しいとうらやましく思います。

文具好きのくせに
万年筆の書き味の違いもわかんねー
ミサイル・クーパー。


ですよ、僕は。

でもね、わからないなりにとにかく使い込んでいけば、書き味が自分のものになっていく過程を自分なりに感じられるようになれるんじゃないかなという気がするんですよね。

わかったふりをせずに万年筆と向き合う。そんな気持ちでいれば万年筆の方から語りかけてくるものがあるのかも知れない。書き味に敏感な人たちは、そんな風に万年筆を大切にしているような気がするんですよ。

いつしか、指先を超えて、脳みそから全身へその書き味が伝わる繊細な感覚を持った、

スーパーロックスターを目指して。

というわけで頑張ります。その前に今は、

書き味の違いがわかんねー組の
代表として。

(あんまり胸張れねー代表者、注意)

気がつけば、誕生日までもう1週間じゃん。
約350日間、何やってたんだ。

なんて事言ってないで、毎日使うぞLAMY2000。

----------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

BASSHI

こんばんは。
ミサイル“坦々麺食うなら中目黒の「鶏舎」だぜ”クーパーです。

今日、ふとこんなことを考えてたんですよ。

去年1年間、1回も口にしてない
言葉って何だろう。


って言っても、そんな言葉いっぱいあるんだけど、
とりあえず、いちばんに浮かんだ言葉がこれ。


抜歯。


いや~久しく口にしてねーよな「抜歯」

---------------------------------------

まだあるぜ、去年1年間1度も口にしてねー言葉。


ぼんのくぼ。


意外にないものだよね、ぼんのくぼに関する用事。

でもね、今年はちょっと縁あって、

すでに、5~6回口にしてます
ぼんのくぼ。


--------------------------------------

というわけで、あなたが「去年1年間1度も口にしなかった言葉」を募集します。

ふるってご応募ください!

応募しても何も当たんねーけど。

--------------------------------------

| | コメント (16)

FISHER R88F/OFFICE PEN

Fisher_04 

FISHERと言えば宇宙でも書けるという「スペースペン」が有名ですね。
窒素ガスでインクに圧力を加え、無重力状態でも書けるボールペンリフィルを作ったのがFISHER。写真の「BULETT」のクローム、かっこいいなあ。

クリップのないその姿は正に「弾丸」。

って言うとかっこいいんだけど、現実問題として、

すぐ失くしそうな形だよね。
(早けりゃ買ったその日にね)

ましてや宇宙になんて持って行った日には、

無重力でペンが持ちにくいんじゃねーの。

って形だよね。

そうは言っても美しいデザインに、文具店で見かけるたびに見とれること早2年。
未だに買ってない憧れのペンのひとつ。

----------------------------------------

そんな恋焦がれる「BULLET」を横目に、初めて購入したFISHERのペンがこれ。

Fisher_03_1

FISHER「R88F」

¥210。安いぜハニー。
僕はブラウンのインクを選びました。ボールペンでブラウンって、ひと味違う感じがいいよね。

地味だけど、見慣れた黒でもブルーブラックでもない「ちょっとだけ特別」な色って感じでなかなか楽しい。それからこのペン、インク色がそのままボディカラーになってるのも楽しい。

ちなみにこいつは「スペースペン」ではないので、

宇宙へは行けません。

と言うより、
宇宙へ連れて行けねーこともないけど、

連れて行っても、書けません。
(その前に俺が宇宙に行けません、注意)

こいつは「OFFICE PEN」として仕事ユースに作られているもので、スペースペンのようなインクを繰り出す特殊な圧力機能はないし、中身は普通の油性インク。

それを知ってても何だか惹かれるこのデザイン。
だってさ、どう見てもこのペン、

様子おかしくね?

おかしいよね、クリップ付近の様子が。
ご覧のとおり、クリップの位置が普通よりかなり下。
クリップから上が、

異様に長いよね。

ちなみにこれをポケットに挿すと様子がおかしいのが歴然です。

僕のアルマーニじゃないスーツを使って実験してみました。

Fisher_02_1

クリップの上が出すぎだろ、
どう見ても。

かがんだ拍子に鼻の穴に刺さったり、目ん玉に突き刺さりそうなはみ出し方だよね。

----------------------------------------

しかし、このクリップ位置には何か理由があるはずだ。

野生動物的皮膚感覚でそう感じた僕は、その秘密を突き止めるべく、日々かがむたびに鼻の穴に突き刺さったり、目ん玉に突き刺さったりする痛みに耐え、またジーンズの尻ポケットに挿してみては座る時の尻の違和感に耐え、あらゆる試行錯誤を繰り返しました。

そして、ついにその秘密を突き止めたのです。

服のポケットじゃなく
鞄のペンホルダーに
挿してみろエブリバディ。


それが何だよって思いましたか。
いいから挿してみろって。

Fisher_05_1

ほらね。

そうなんですよ。
鞄のペンホルダーに挿したペンって、普通のペンだとクリップの上が短くてちょっと取り出しにくいよね。でもこの形状だとどうよ。胸ポケットに挿すと邪魔だった部分が、鞄の中にちょっと手を入れるだけで

すぐにつかめて取り出しやすい。

Fisher_06
この差はでかいぜ。

にくいね、FISHER。

スペースペンじゃないから宇宙で書くことはできないけど、こいつは鞄の中という空間で威力を発揮する、

スペース(空間)ペンだね。
(おあとがよろしいようで、注意)

----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

HE IS NOT GOD

こんにちは。
ミサイル“何だか今日は天然パーマのカーブがきついな、と思ったら夜から雨が降りました”クーパーです。

この間、製品開発の担当者Yさん(仮名)が電話で話してる横を通りがかったとき、こんな会話が聞こえてきたんですよ。

僕も神様じゃないんでね…

おそらく電話の向こうの用件は、開発に関するタイトなスケジュールのリクエストだったんでしょうね。

そっちの都合で無理にせかされても、自分も神様じゃないので、そう次から次へとアイデアが湯水のごとく沸いてこねーよ、ハゲ。

ってな内容だと思います。

でもまあ、相手の声は僕には聞こえてないわけで、話の内容は想像の域でしかないんですけどね。

でも、ひとつだけ確実に言える事があると思うんですよ。
それはね、

Yさん(仮名)は神様じゃねーってこと。

それが解っただけでも、通りがかった甲斐があったってものです。

----------------------------------------

今、全員僕のこと馬鹿だと思ってるでしょ。
みんなが思ってることは解りますよ。

確かにYさん(仮名)は
神様じゃねーことは解ったよ。
でもそれが何の役に立つんだよ、
ミサイル君、君はノータリンかね。


でしょ。こりゃまた抜き差しならないな。


×=抜き差しならないな。
○=聞き捨てならないな。

---------------------------------------

いいですか、みなさん。
もしこんな質問をされたらどうするんですか。

Yさん(仮名)って何。

ね。
どうよ、このあまりにも漠然として要領を得ない質問。

でも僕はうろたえませんよ。
だって僕はもう既に事実をひとつ手にしてるわけですから。

少なくともYさん(仮名)は
神様じゃねーっつう事実を。


消去法で考えると、ひとつ選択肢が消えたわけですよ。
つまり僕はもう、他の人と違って、

もしかしたらYさん(仮名)は
神様なんじゃねーの
なんて考える無駄な時間を
使わなくて済むということ。


ああ効率的。1歩リード。

でも、まだ馬鹿にしてんだろ。

-----------------------------------------

確かにひとつ選択肢が消えたところで、答えの解明にはまだ程遠い。そりゃそうだよね、雲をつかむような漠然とした質問だからね。解明までの道のりは長いですよ。

でもね、だからこそ消えた選択肢1個には重みがあるわけです。

解った事実はたったの1個。でもそれは言い換えると

真実に一歩近づいたっつーこと。

これは事実だからね。

エブリバディ、悪いけど

俺は先に行くぜ。
(行けよ)

----------------------------------------

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

ヘヴィ・ローテーション

こんばんは。
ミサイル“パクチーを噛むなら、舌噛む方がましです。”クーパーです。

嬉しいことがあったんですよ、みなさん。
何というか、

嬉しいことがあると、嬉しくなりますね。

以前かにクラブのCD「The Best of KANI CRAB I」と「The Best of KANI CRAB II」を購入してくれたAさん(仮名)から、またメールが届いたんですよ。

メールの内容は、

>「The Best of KANI CRAB III」を下さい。

あー嬉しい。
CDを購入してくれることはもちろん嬉しいことです。

そして何よりも、

「I」と「II」を聴いたら
「III」も聴いてみたくなった

っていうのがとっても嬉しいじゃないですか。

頑張ってレコーディングした甲斐があったよね。
かに冥利に尽きるよね。
かに冥利って何だろね。

--------------------------------------

書き添えてあったメッセージも嬉しかったなあ。

>Ⅰ、Ⅱ、「風」とも
>マイ・へヴィ・ローテーションとなっています。


※「風」=購入特典のライブアルバム(非売品)


ちょっと待ってよハニー。

僕たちの曲が、ヘヴィ・ローテーションになってるんですよ。
こんな嬉しいことはないですよね。

Aさん(仮名)は神戸にお住まいなのですが、遠くの空の下で僕らの曲が流れてるって、すごく素敵なことだと思うんですよ。

かにクラブやっててよかったなと思う瞬間。
かに冥利に尽きるよね。
だから、かに冥利って何だろね。

---------------------------------------

そして今回メールを頂いて、僕には驚きの発見がありました。

かにクラブをヘヴィ・ローテーションにしてるのって、

俺だけじゃねーんだ。
(家にも車にもiPodにもかにクラブ、注意)

Aさん(仮名)ありがとう。
そして今までCDを買ってくれたみなさんもありがとう。

今年も頑張るからね、かにクラブ。

----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

勝又材木店~その後

もう1年以上前のことになりますが、2005年の9月に僕は「勝又材木店」という恐ろしい記事を書きました。

あの時僕を襲った、身の毛もよだつ悪霊「又广霊」が、また僕の前に姿を現したのです。

これから書く恐ろしい記事は事実です。
もし過去記事の「勝又材木店」をお読みでない方は、まずお読みになってください。


----------------------------------------

お読み頂けましたでしょうか。

実は、あの数ヵ月後に戦慄の出来事があったのです。
あまりの恐ろしさに、書くことを控えていたのですが、そのときの出来事を勇気を出して書きたいと思います。

「又」と「广」を新調した勝又材木店ですが、その数ヵ月後、

また「又」と「广」が取れてるし。

また出たんですよ、又广霊。
またもや勝又材木店の看板は、

勝 材木占

-----------------------------------------

恐ろしいですね。
これはもう何と言いますか、

悪霊と材木店の、いたちごっこ。

さすがにもう店主もあきらめてしまったのか、1年近く看板はそのまま。
そうそう何回も「又」「广」ばっか新調してたんじゃ、その内

又广破産するし。

僕のほうも、いつしか「勝 材木占」の文字を脳内変換して「勝又材木店」と読めるようになってしまいました。

----------------------------------------

もう、すっかり脳みそが慣れていたのですが、今日僕は、恐るべき怪奇現象を目の当たりにしてしまったのです。

何と驚くべきことに、かろうじて残ってた「勝 材木占」の文字が、

全部ねーし。

ああ、何と言うことでしょう。

霊界に精通している僕は直感的にすぐ解りました。
これはまさしく悪霊

勝 材木占霊のしわざ。

ああ、ついにその店は、何と「又广霊」と「勝 材木占霊」のふたつの悪霊によって、すべての文字を失ってしまったのです。

ふたつの悪霊が1軒の店を襲う。こんな不吉な事があるんですね。

これは小説の世界でも、映画の世界でもありません。
あなたの身近な現実の世界で起こっているのです。

こうしている今も、私の背後にも悪霊が迫っているのではないか。そんな恐怖がつきまとうことでしょう。

しかしみなさん、怖がることはありません。
悪霊から身を守る方法を僕は知っています。

安心してください。
ふたつの悪霊から身を守るその方法とは、

店名を勝又材木店にしねーこと。


----------------------------------------

○=勝又さんなのに佐藤材木店
×=勝又さんなので勝又材木店

○=佐藤さんなので佐藤材木店
×=佐藤さんなのに勝又材木店

○=材木屋じゃねーのに佐藤材木店
×=材木屋じゃねーのに勝又材木店

○=材木屋なのに勝又文具店
×=材木屋なので勝又材木店


----------------------------------------

| | コメント (4)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »