« 西馬込 | トップページ | ヘヴィ・ローテーション »

2007年2月 4日 (日)

勝又材木店~その後

もう1年以上前のことになりますが、2005年の9月に僕は「勝又材木店」という恐ろしい記事を書きました。

あの時僕を襲った、身の毛もよだつ悪霊「又广霊」が、また僕の前に姿を現したのです。

これから書く恐ろしい記事は事実です。
もし過去記事の「勝又材木店」をお読みでない方は、まずお読みになってください。


----------------------------------------

お読み頂けましたでしょうか。

実は、あの数ヵ月後に戦慄の出来事があったのです。
あまりの恐ろしさに、書くことを控えていたのですが、そのときの出来事を勇気を出して書きたいと思います。

「又」と「广」を新調した勝又材木店ですが、その数ヵ月後、

また「又」と「广」が取れてるし。

また出たんですよ、又广霊。
またもや勝又材木店の看板は、

勝 材木占

-----------------------------------------

恐ろしいですね。
これはもう何と言いますか、

悪霊と材木店の、いたちごっこ。

さすがにもう店主もあきらめてしまったのか、1年近く看板はそのまま。
そうそう何回も「又」「广」ばっか新調してたんじゃ、その内

又广破産するし。

僕のほうも、いつしか「勝 材木占」の文字を脳内変換して「勝又材木店」と読めるようになってしまいました。

----------------------------------------

もう、すっかり脳みそが慣れていたのですが、今日僕は、恐るべき怪奇現象を目の当たりにしてしまったのです。

何と驚くべきことに、かろうじて残ってた「勝 材木占」の文字が、

全部ねーし。

ああ、何と言うことでしょう。

霊界に精通している僕は直感的にすぐ解りました。
これはまさしく悪霊

勝 材木占霊のしわざ。

ああ、ついにその店は、何と「又广霊」と「勝 材木占霊」のふたつの悪霊によって、すべての文字を失ってしまったのです。

ふたつの悪霊が1軒の店を襲う。こんな不吉な事があるんですね。

これは小説の世界でも、映画の世界でもありません。
あなたの身近な現実の世界で起こっているのです。

こうしている今も、私の背後にも悪霊が迫っているのではないか。そんな恐怖がつきまとうことでしょう。

しかしみなさん、怖がることはありません。
悪霊から身を守る方法を僕は知っています。

安心してください。
ふたつの悪霊から身を守るその方法とは、

店名を勝又材木店にしねーこと。


----------------------------------------

○=勝又さんなのに佐藤材木店
×=勝又さんなので勝又材木店

○=佐藤さんなので佐藤材木店
×=佐藤さんなのに勝又材木店

○=材木屋じゃねーのに佐藤材木店
×=材木屋じゃねーのに勝又材木店

○=材木屋なのに勝又文具店
×=材木屋なので勝又材木店


----------------------------------------

|

« 西馬込 | トップページ | ヘヴィ・ローテーション »

コメント


当初、オチは「まさるさん」の「ざいもくうらない」の店かとおもったんですが。全部なくなっちゃうとは。。。

身近でこんなことが起こるなんてゾゾゾ。。。
今日は怖くて眠れなくなりそうでふ。

投稿: くしゃまろ | 2007年2月 5日 (月) 20:30

■くしゃまろさん

>今日は怖くて眠れなくなりそうでふ。

ふたつの悪霊を目の当たりにして怖くて仕方ない反面、何かとてもすっきりした自分も居ます(笑)

投稿: ミサイル | 2007年2月 6日 (火) 01:21

そう言えば先月の恐怖新聞に又广霊と勝 材木占霊の記事が載っていました。
とても恐ろしい悪霊の存在にくるぶしがこむらがえりを起こし、危うく三半規管をやられるところでした。
今、この事実をこんな間近でしってしまい、すでにぼんのくぼが・が・が・・がぎ・・ご・・げ・・がぐ・・ぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿: skullking | 2007年2月 6日 (火) 12:35

■skullkingさん

ぼんのくぼ!(笑)
悪霊がいかにも狙いそうな部位だよなあ(笑)
やわらけーし。

投稿: ミサイル | 2007年2月 7日 (水) 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西馬込 | トップページ | ヘヴィ・ローテーション »