« PILOT FRIXION BALL:追記(ミサイル・クーパーを読む) | トップページ | 粋曲 »

2007年5月13日 (日)

ライブレポート 5/6(日)四谷OUTBREAK!

070506_outbreak01_1 

こんばんは、ミサイル“そろそろ冷蔵庫に麦茶欲しいよね”クーパーです。

さて、早いもので5/6(日)に行われた“かにクラブWORLD TOUR 2007 東京公演”から1週間たちました。

1週間後にライブレポートっつーのも、随分のんびりした話ですよね。これが仕事のレポートだったら上司に怒られるところですが、仕事じゃねーし。

本来ならライブの興奮が冷めないうちに勢いに乗って書くのがいいんでしょうけど、

まだ冷めてねーし。

そうなんですよ、この1週間ずっと楽しい気分が持続してるんですよ。それもこれも僕たちと一緒に楽しんでくれたオーディエンスのみなさんのお陰です。しあわせな時間をありがとうエブリバディ。

---------------------------------------

今回のライブはGWの最終日の夜。
つまりほとんどのオーディエンスにとって「あーあ、明日から仕事かよ」っていう

最もテンションが低い時間帯。
(しかも雨だぜエブリバディ)

というわけで、

無理して頑張んねーで、
普通に行こうぜ!


という、またしてもロックバンドとしてあるまじき掛け声をかけさせていただきました。

でもいいよね。ほんとにそうなんだから。
次の日から、またきっとみんな頑張るわけだしね。
だからいいんですよ、のんびり普通で。

----------------------------------------

今回は、何人かの方がmixiでメッセージをくれたり、日記に感想を書いてくれたり、しかもその内容がとっても嬉しかったので、ちょっと引用させていただいちゃいますね。


>“日常とロックサウンドの融合”ですよ!
>歌詞は“日常のひとコマ”だったりするのだけれど、
>それが見事なサウンドに相まって。



嬉しいね~。
歌詞まで聴いてもらえるのって、ボーカリストとしてはとても嬉しいことです。

例えば「世界平和」とかね、そういう大きなことを歌うより、等身大のことを歌っていたいんですよ。しあわせって、けっこう日常の他愛ない出来事の中にあったりするものだしね。それをみんなで共有できたら、小さなしあわせはそれだけで大きくなる。

そんな他愛ない歌詞を、完璧なロックサウンドにしてくれるメンバーの演奏センスも素晴らしい。僕のバックで鳴り響いてる音は力任せの爆音じゃない。メンバーの繊細な演奏が融合した「かにクラブ」という音なんだよね。この心地よさったらないですよ、

世の中のカラオケ技術が
どんなに進化しても
勝てねーな。

かにメンバーの演奏、最高!
サンキュー、ナイス、チョイス、セーフ&ミケランジェロ!

--------------------------------------

こんな感想も。

>歌詞のあくせくと頑張っていない感じが、自分にはしっくり

のんびり頑張るのがいいんだよね。

やっぱいいよな、音楽は。
頑張ってないことを褒められるなんて、

普通の仕事じゃありえねーし。

当たり前のことだけど、かにクラブのライブという空間は仕事じゃない。だから「こうじゃなきゃいけない」って頑なに目指さなきゃいけないものは無いんですよ。

「楽しい」っつーのは
楽(らく)と書くわけだし。


楽に楽しく、脳みそとハートが赴くままに。

のんびりだけど、大きな歩幅で。
(海の底を悠々と歩くかにのようにね)

その先にあるものが本当にしっくり来るしあわせだったりするもので、そのあたりを表現できたら嬉しいなと思います。

何だか「歌詞を書く」っていう目線になっちゃって、ライブレポートって感じじゃないけど、まあいいよね。ボーカリストのブログっつーことで。

----------------------------------------

嬉しい感想は更に続きますよ。


>メンバー(5人)が自然体なのだが、
>でもロックとしか言えないステージングだった。
>あ~言葉がもどかしい


とか、

>見たことのない人に
>「象」というすごい生き物を説明するが如し・・


なんていう感想もいただきました。

たとえ言葉に出来なくても、何かを感じていただいたことが、僕らはとっても嬉しい。

すべて言葉で理論的に説明しなければいけないのが社会人の生活かもしれないけど、

言葉にできないものが
あってもいいの、かにクラブは。


この、言葉に出来ないもどかしさがいいんですよ。
それが人間のハートのリアルな姿だもん。

言葉にはできないけど、ハートはめちゃくちゃ反応してることってあるよね。それは言葉にしてしまうと月並みになってしまうかもしれない。でもきっと、ハートの中を直接のぞくことが出来たら、その人はすごく素敵な感じ方をしてるんだと思う。で、のぞいた方もその素敵さを言葉で表現できなかったりして。でもお互いちゃんと共感してる。

そんな曖昧な部分を持ってるのが、人間のハートの面白さでもあると思うんですよ。

----------------------------------------

そんなハートで感じる色々な反応を、客席の皆さんからもらえるのが楽しいんですよ、ライブは。

その心地よさが1週間たっても僕の心をほぐし続けてくれるんだからね、言葉には出来ないものも、きっと大切なことなんだろうね。

というわけで、みなさんありがとう!

NICE ROCK WITH LOVE !


♪それが なんだ
♪これが そうだ
♪かにクラブ LOVE
♪ありがとう
♪ありがとう


(かにクラブのテーマII の歌詞より抜粋)

----------------------------------------

|

« PILOT FRIXION BALL:追記(ミサイル・クーパーを読む) | トップページ | 粋曲 »

コメント

楽しい→楽(ラク)が、しかも音『楽』だものね。
お疲れさまでした。改めまして。
1週間後にレポートを読んだおかげで
「あれ、まだ連休終わったばっかだっけ?」と嬉しい錯覚で、
へぼかったウィークデイを忘れることができました。

なんだかんだで、ここ最近欠かさずライブをみておりますが
今回は特にイチイチきまっていて、抜けていて、滑っていて
ちょと悔しいくらいでした。
スタ丼のテーマ、また聴かせてね~。

投稿: mochin | 2007年5月13日 (日) 22:49

■mochinさん

いつもライブに来てくれてありがとうございます。
mochinさんが微笑んで見てくれてる姿、ステージから見えてますよ~。

ともすれば、お客さんに対して失礼なんじゃねーの?っていう僕のMCを「微笑んで」見てくれてるのって実はすごく嬉しいことだったりするんですよ。いつも感謝してます。これからも頑張ります!

投稿: ミサイル | 2007年5月18日 (金) 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/15050463

この記事へのトラックバック一覧です: ライブレポート 5/6(日)四谷OUTBREAK!:

« PILOT FRIXION BALL:追記(ミサイル・クーパーを読む) | トップページ | 粋曲 »