« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

最悪ーパー

こんばんは。
ミサイル“くじ運最悪”クーパーです。

略して「ミサイル・くじ運最悪ーパー」と呼んで頂いても頂かなくても結構です。

-----------------------------------------

さて、どれだけ僕がくじ運が悪いかというのは、過去記事「ハサミが今日もV(ビクトリー)」に書きました。

そんな僕に奇跡が起こりました。

すげー欲しかった
Roland EDIROL R-09
当たっちゃった。

実はね、ちょっと前に書いた「Roland EDIROL R-09」って記事はですね、MusicMaster.jpが企画した、R-09が当たる「トラッバックキャンペーン」応募のための記事だったんだよね。

そんなこと、その時一言も書いてなかったじゃねーかよ馬鹿ミサイル、って思いましたか。

実はキャンペーン実施に触れずに「R-09」の紹介文に徹したのには訳があるんです。

だって、下手にそのこと書いて、

みんなも応募したら
俺の当選確率下がるし。

-----------------------------------------

いや~スーパーロックスターともあろう者が、ケツの穴の小せえ事しちゃったよね。でもしょーがねーじゃん、

俺、くじ運悪いんだから(涙)

すごく欲しかったんだもん「R-09」

すごくいいだもん「R-09」

「R-09」を使ってもっといいボーカリストになりたかったんだもん。

というわけで自分だって「R-09」が欲しかったのに、というみなさん、

ごめんなさい、うひひ。

-----------------------------------------

しかしアレですね。
今回の応募を通じて、僕はひとつの欠点を克服出来たと思うんですよ。

いつもなら弱気にあきらめちゃうんだけど、今回は本当すごく欲しくて、

俺は絶対当選する。

って強気に思って記事を書いたし、書いた後も強気をずっと通してたんですよ。

そしたらほんとに当選。

何だかね、これってとっても大切なことを手にした気がするんだよね。

願いは叶うもの。

信じて強く願うことって大切なんだなって。

そりゃね、いつもこううまく行くとは限らないけどさ、また何か願い事が出来た時も、最初からあきらめずに、信じて願うことができそうだよね。

その結果、たとえ願いが叶わなくても悲観しちゃいけない。

すべての願いは

願わなきゃ叶わないんだから。

そんなことを教えてくれた

MusicMaster.jp最高。

僕はMusicMaster.jpから、

ふたつのプレゼントを
もらったようなものだね。

-----------------------------------------

いやいや今日は何だか綺麗にまとまっちゃったな。

でもこう思う人もいることでしょう。

確かに、何だかミサイルいいこと言ってるっぽいけど、

おめーのケツの穴の小さい事は
忘れてねーぞ。

それからこう思う人もいることでしょう。

くじ運や当選確率とか言ってねーで、
そんなに欲しかったんなら最初から

買えよ。

そりゃそうですよね。
そうですけど、

高かったんだもん。

ちょっと高い。でもR-09はそれに見合う魅力を持った機器なんですよ。でもちょっと高い。でもR-09はそれに見合う魅力を持った機器なんですよ。でもちょっと高い…


ってゆーか、「ミサイル・くじ運最悪ーパー」というよりも、むしろ、

「ミサイル・金運最悪ーパー」
なのか、俺?

----------------------------------------

ともあれ、もうすぐ僕の元にやってくる「R-09」。

次回、9/9(日)の「かにクラブワールドツアー2007東京公演」に向けて、ばっちり活用するぞ。

使い始めたらまた「馬鹿ミサイルのR-09使用レポート」をアップしたいと思います!

MusicMaster.jpさん、ありがとう!

-----------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

すっぽんスープ

先週末、久しぶりに風邪ひきました。

何だか節々が痛ぇーし、だるいし、間違いなく熱がある。
とにかく早く寝るのが一番の薬だっつーわけで、定時で仕事を終えて家路へ。

「すっぽんスープ」が効くぞっていう、耳より情報を仕入れ、帰りにスーパーで購入。

Murakami_suppon_soup_01
村上の「すっぽんスープ」

いいよね、この


効かなそうな書体。


----------------------------------------

もう明らかに熱があるし、それもけっこう高熱なのが体感的に分かってる時って、体温図りたくないんだよね。あえて体温計を使って目の当たりにしてしまうと、かえって気合がくずれそうなんだもん。

でも結局、恐いもの見たさで計ってみることに。

まあ38度くらいかなあ、なんて皮膚感覚で想像していたのが、38.1…38.2…38.3…と、どんどん表示があがって行くじゃないですか。

止まんねーし。あー俺もうだめ、死ぬ。と思ってうなだれかけたところで、39.1度でストップ。
もうちょっとで40度ですよ。

でも、気合を入れて、シャワー。
こういう時こそ普通に振舞うのだ、普通に。

鼻歌まじりでシャワー浴びたりして。
ってゆーか、鼻歌まじりでシャワーは


普段もしねーけど。


----------------------------------------

熱いシャワーで、何だかさっぱりした後は、初体験の万能薬、


すっぽんスープ(S.P.S)


『お好みでネギやしょうがを加えていただきますと、より美味しく召し上がれます。』

なんて事が書いてあるんだけど、


そんなことより、早く寝ねーと。


というわけで、素早く器に移してレンジでチン。


男ミサイルの男の料理、完成。


で、お味の方はと言いますと、すっぽんスープなだけに、鳥系でもなく、カツオ系でもなく、


すっぽん味。


旨いかどうかはよくわかんねーけど、何だか効きそうな味&効きそうな香り。

------------------------------------------

でもさ、寝なきゃいけない時に、すっぽんスープなんて飲んだら、


寝れないんじゃない、ハニー?


風邪の時は十分な睡眠が第一だからね。
飲んで体があったまったところで寝たいもの。

ってゆーか、寝れねーって言うより、


寝かせねーぜ、ハニー。


なんて事になったらどうすんのよ、俺。
スーパーロックスターの、俺。

-----------------------------------------

なんて事は、実は今思いついた話で、その時はもう、一刻も早く横になりたい気分でそれどころじゃなかったんだよね。

体調のいい時は、すっぽんパワーがすべてプラスαなんだろうけど、弱ってる時はすっぽんパワーでプラスマイナス0ってゆーか、それでもまだマイナスなんだろうね。

すっぽんスープを一気に飲んで、ふらふらとベッドへ。
一応枕元までiPodを持って行ったものの、聴かずに就寝。

ああ、かにクラブを聴かずに眠る夜。

-----------------------------------------

翌朝。

相変わらずだるい。


すっぽんも名ばかりだな、ハゲ。
(すっぽんに向かってハゲ、注意)


と思いながら、幸い食欲はあるのでちょっと食事。
食べ終わったら病院行こう。

------------------------------------------

着替えて病院へ。
病院まで徒歩5分くらいでよかった。


外に出ると、目がくらむような晴天。


病体に強い日差しなんて、勘弁してくれ。
と思いながらトボトボ歩き出すと、


何だか意外に気持ちいいし。


何だか普通の休日気分じゃん。
こりゃもしかしたら気合いで持ち直すかな、なんて思いながら、気分転換にベンチに座って缶コーヒー、


& 調子こいてマールボロ。


-----------------------------------------

いいねえ。休日の午前中は。
と思いながらのんびり歩き始めてふと気づく。


何か、体軽くね?


もしかして風邪治った?
体が軽くなってきたというか、体が目覚めてきたというか。

なるほどそういうことか。
さっきの朝のだるさって、風邪のだるさじゃなくて、


寝過ぎのだるさじゃん。


そういや、いつもよりかなり早く寝たし。
寝てる間に治ってたわけだね。いやいや恐るべし、


すっぽんパワー(S.P.P)


ってゆーか、


すっぽんスープパワー(S.P.S.P)


風邪の時は風邪薬と併用して高めのユンケルが効くぜ、とかいうけど、これからは


すっぽんだな。
(すっぽん、すっぽん、うるせーよ)


値段も約450円。(熱あったからうろ覚え)
スープとしては高めだけど、風邪に効くなら安いよね。

---------------------------------------

ちなみにこの「村上」は、すっぽんの老舗で、すっぽん関連食品の販売をしている店なんだけど、その場で「すっぽん雑炊」が食べれるらしい。


ただし、昼間のみ。


昼間のみっていうのがまた、あっさりしてていいよね。
風邪を治してくれた感謝の気持ちを込めて、ぜひ一度訪問してみたいね。

その時はまた「ミサイル・クーパーのグルメレポート:すっぽん編」をお届けしたいと思います。

が、


ブログなんて、
書いてる場合じゃないぜ、ハニー。



って事になるかも知れねーけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

7/15(日)ライブ終了!

7/15(日)東高円寺ロサンゼルスクラブにて「かにクラブワールドツアー2007東京公演」が行われました。

台風4号の影響で週末は雨続き。

ライブ当日はまさに東京上陸と言われていた中、幸運にも昼間から晴れ空も垣間見られ、たくさんの方々にご来場頂けました。

----------------------------------------

今回のオープニングは、衝撃的な幕開けにしよーぜ、っつーことで、1曲目は、

「衝撃のテーマ」
(太陽にほえろ!サントラより)

インストルメンタルなので出番がなかった僕は、客席から「衝撃のテーマ」を鑑賞。

いや~ラッキーだったね、

かにクラブを客席から観る
かにクラブのミサイル・クーパー。


なかなかないよね、こういうチャンス。

----------------------------------------

かっこよかったなあ「衝撃のテーマ」。

わざわざ全員
Ray-Banをかけて演奏。


っていう馬鹿馬鹿しさもいいけど、演奏もいいね。

4人全員でのユニゾンプレーもばっちり。
音の塊をガツンと放ってましたよ、かにクラブさん。

って他人事みてーだけど。

ちなみに、初めてやる曲なので、当日のリハーサルでやっとこうかと思ったのですが、セーフ・ウゲレステが拒否。理由は、

疲れるから。

確かに、ドラムはパワー&集中力全開の曲だもんね。
セーフちゃんをはじめ、みなさんお疲れ様でした。

-----------------------------------------

ライブ中盤では、CD完成間近の「スタ丼のテーマ」を演奏。
ライブでやるのは今回が2回目。
かっこいい曲になったなあ、この曲は。

レコーディングをすると、曲の細部まで自分たちのものになってくるんですよね。メンバーが一体になった手ごたえを感じますね、今は。

歌詞が「スタ丼」じゃなかったら、
「かにクラブのテーマIV」に
したいくらい。


でも、あくまで愛するスタ丼への讃歌として演奏し続けるのだ、俺たちは。

これが俺たちのスタ丼への愛。

-----------------------------------------

そしてラスト3曲は、前からやってみたかった

かにクラブのテーマ I ~ IIIを
続けて演奏。


あらためて3曲演奏してみると、歌詞はすべて、かにクラブのコンセプトを詞にしてるんだけど、曲調は3曲とも違うタイプで面白い。お客さんもコンセプト抜きでも楽しんでいただけたんじゃないかなと思います。

ちなみに、テーマを3曲続けてやると、

「かにクラブ」って言葉が
14回出てくるんだよね。


ちなみに「かに」って言葉だと、

29回。

会場のお客さん全員の脳みそに「かにクラブ」と「かに」って言葉を刷り込んでやったぜ、ふふふ。

「世界かに化計画」着々と進行中。

----------------------------------------

そして今回はMCも冒険しちゃったなあ。
こんなお願いをお客さんにしちゃいました。

僕が「みんな盛り上がってるか?Yeah !」って言いますから、

誰も何も答えない
っていうの、やってもらえますか?


って。

ライブの一体感が売り物のロックバンドとして「お客さんの反応ゼロ」という最も恐ろしい環境を、自ら作ってしまうという

馬鹿実験。

いや~お客さんみんないい人だったなあ。

僕が「みんな盛り上がってるか?Yeah !」って叫んだら、

ほんとに誰も答えねーの。

すごいね、この寒さ。
普通は少なくとも数人は反応してくれるのに、

水を打ったような静けさ。

---------------------------------------

でもね、こんな馬鹿実験をやろうと思ったのは理由があるんですよ。

Yeah!という投げかけに全員答えるのが一体感であるならば、

答えないでくれという投げかけに
全員答えないのも一体感。


そんな一体感もあるんじゃねーの?
と思って一度やってみたかったんですよね。

でも肝心なことを忘れてた。
逆の「全員Yeah!って答えてくれ」っていうパターンをやらなかったので、

もしかしたら、
ただスベッただけかもしれねーけど。


----------------------------------------

ともあれ、無事ライブ終了。楽しかった!
いつもに観に来てくれるみなさん、ありがとう!

かにクラブワールドツアー2007はまだ続きます。

・9/9(日)  四ツ谷アウトブレイク

・11/3(土) 東高円寺ロサンゼルスクラブ


これからも、かにクラブをよろしくお願いします!

-----------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

Roland EDIROL R-09

こんばんは。
ミサイル“伸ばしてたあごヒゲを剃ったのに誰も気づきません”クーパーです。

あのね、今こいつが、すっげー欲しいんですよ。

Roland_edirol_r09

わざわざ書かねーで、黙って買えばいいじゃん、
って思っただろ。

エブリバディ、言っとくけどこいつは、

髭剃りじゃねーぞ。

髭剃りだったら、わざわざ記事なんて書かずに黙って買いますよ。

ドン・キホーテとかで。

----------------------------------------

そうなんです。
こいつは髭剃りサイズのくせに、手軽に高音質な録音が出来ちゃうWAVE/MP3レコーダー、

Roland EDIROL R-09


ミュージシャンにはたまんねー最新機器ですよ、これは。

このR-09の記録フォーマットは高音質なWAVEとMP3。
WAVEなら24ビットでも録音できる。24ビットって言ったら、音楽CDの音質を超える高音質ですからね。

WAVEだとかMP3だとか、

何だかコンピューターの香りが
プンプンしますね。


そうなんですよ、こいつで録った音は、USBで接続して簡単にPCに取り込める。

「R-09」で録音したスタジオでの演奏を、さっとPCに取り込んで、メンバーにメールで配信なんてことも簡単。高音質で演奏の記録を共有したり、チェックできたり、まさに音楽ライフのフットワークを軽くしてくれるわけです。

ライブの演奏も簡単に録れる。
不意な大音量の前でも、オートゲインコントロール機能が余計な歪みを調整してくれる。

手軽にライブ録音が出来て、翌日には電車の中で、

またライブ気分。
(今日から電車も、俺のステージさ)

-----------------------------------------

どのくらいいい音で録れるのかは、音楽制作情報ポータルサイト

MusicMaster.jp」で聴けます。

何と、このサイトで配信しているポッドキャスト番組は「R-09」で録音されているらしいんだけど、

すげーいい音。
すげー臨場感


「R-09」は記録メディアにSDカードを使用していて、ディスクドライブのようなモーター駆動音もないから、音がすごくクリアに再現されてるのがわかる。

唇が動く音まで聞こえるぜ。
(ほんとに聞こえるから聴いてみて)

これが手に入ったら僕らもポッドキャスト番組作りたいね。

メンバーみんなで集まって、くだらねー話をするトーク&音楽番組。
楽しいですよ、みなさん。あなたのPCから、

ナイス・リーのちょっと高めの肉声。

------------------------------------------

音楽以外にビジネスでも活躍しちゃうんだろうな。
大切な打ち合わせの詳細をもらさずクリアに記録。

&クリアでリアルな上司の声。

ぜひ湖畔にも連れて行きたくなるよね。
揺れる水面の音。鳥の声。

空の色や雲の形まで伝わってきそうな音が録れそう。

海にも行こう。波打ち際に一緒に行こう。
寄せる波と引く波の音を録音してみようか。

「引く波の音って淋しいね」

そうつぶやく僕のそばには君がいて、

実は淋しくないしあわせを
かみ締める。


そんなハッピーな使い方もできて、そこからまた曲が生まれたりして、

ハッピーの無限ループ。

ってどんどん話が脱線してしまうほど、魅力が詰まった「R-09」でした。

----------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

七夕に関する疑惑 2007

こんばんは。
ミサイル“「がらんどう」と「ギャランドゥ」って似てるよね”クーパーです。

さて、みなさん。
年に一度の七夕の日はどんなふうに過ごしましたか。

僕は新曲『君を忘れない(君は忘れても)』のレコーディングのボーカル録りでした。

年に一度、織姫と彦星が再会する夜に、

別れの歌を歌うミサイル·クーパー

真逆なことしてんじゃねーよって思いましたか。
ってゆーか、みなさん。お言葉を返すようですが、

怪しいもんですよ、七夕も。

----------------------------------------

年に一度、空の上で再会を果たす織姫と彦星。
今年は晴れてよかったですね。
きっと無事ふたりは出会えたことでしょう。

何てことを思うのって、一年のうちで、

七夕の日、一日だけだよね。

所詮、ふたりの再会なんて他人事なんですよ。
ぶっちゃけ、織姫と彦星のことなんて、

残りの364日は
忘れてる人がほとんどだし。


こういう下界の僕らの無関心さって、実は織姫と彦星も、いい加減気づいてるんじゃねーかと思うんですよ。

彼女たちにしてみれば、長年の伝説を変えちゃ悪いと思って我慢してるのに、関心を持ってもらえるのは一日だけ。馬鹿馬鹿しい話ですよね。

ってゆーわけで、最近は織姫と彦星も馬鹿馬鹿しくなって、

実はちょくちょく会ってたりして。

どうせ下界は無関心だから、ばれねーし。

----------------------------------------

疑惑は他にもありますよ。

織姫と彦星は年一回しか会えない生活を、もうかなり長い間続けてるわけですよ。一説によれば弥生時代にはもう日本に七夕の伝説があったらしいですからね。

愛し合ってるふたりが、長年そんな生活を続けてるのも不自然だと思いませんか。

年に一度しか会えないなんて、普通は耐えられないじゃないですか。それを長年続けられてるのって、実は七夕の日以外は、

お互いよろしくやってたりして。

-----------------------------------------

なんて、せっかくのロマンチックな伝説を台無しにしてしまうようなこと言っちゃいましたね。
でも台無しついでに、もうひとついいですか。

雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず彦星も彼女に会うことができない。なんてことも言われていて、多くの人は織姫と彦星が無事会えるように、七夕の日が晴れることを願いますよね。

でもね、

心配しなくても
雲の上は晴れてるから。


日本が大雨でも、別に関係ない話だったりして。

------------------------------------------

と、まあこんな風に、七夕に関することをあれこれ考えてみたら、色んな話が思い浮かんだので、せっかくなのでライブのMCにでもしようかと思ったのですが、

次のライブは7/15だし。

七夕の話をしようにも、1週間過ぎちゃってるしね。

というわけで、今回もミサイル·クーパー、ライブを1週間後にひかえて

MC白紙状態。
(七夕関連の雑念は、全部無駄)

----------------------------------------

でもね、MCの進捗はさておき、今度のライブはすごいですよ。

オープニングからいきなりすごい。
(意表を突くオープニング、注意)

中盤でやる新曲「スタ丼のテーマ」もレコーディングを終えて、更にパワーアップ。

ラスト3曲もすごいことに。

とにかく楽しい企画なので、

すげー話してえ。
でも話せねえ。


というわけで、7/15(日)東高円寺ロサンゼルスクラブでお会いしましょう。

19:40頃出演予定です!

-----------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

ねかぎ

こんばんは。

今日、帰りのホームで女の人が大声でケータイで話してました。
電波が悪いらしく、ついつい大声になってしまうらしい。
よく居るよね、そういう人。

でもね、聞こえづらいのは声量のせいじゃなくて、電波のせいだからさ、

大声出しても
聞こえねーものは聞こえねーから。

しかも、この人が叫んでる言葉がすげー面白かったんですよ。

鍵開けといてね、鍵。

この一言を何度も何度も叫んでんの。
そりゃ大変だよな、鍵開いてなかったら。

しかも、相当電波が悪いらしく、10回くらい叫んでましたよ。

でもね、僕が思うに、この人の言い方にも原因があると思うんですよ。

「鍵開けといてね、鍵」って、

何で最後にもう一回
「鍵」って言うんだよ。

多分ね、電波が悪くて、相手には途切れ途切れにしか聞こえてないんですよ。そんな状態だから、相手には最後の

ね、鍵

だけしか聞こえてねーとか、
そういうことじゃねーかと思うんですよ。

相手にしてみりゃ

「ねかぎ」って何だよ。

っつう話ですよ。

最後にもう一回「鍵」って繰り返しちゃう癖さえなければ、

相手も断片から想像つくんじゃねーの。

そんなアドバイスを心の中で送りながら電車に乗り込んで、5分後位にはすっかりそのことを忘れて爆睡(爆発睡眠)して帰ってきました。

あーこりゃこりゃ。

---------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »