« 遥かなる想いースタ丼のテーマ | トップページ | さばカレー »

2007年8月21日 (火)

缶詰クーパー

Karafutomasu_01

「さけ缶」って言葉、子供の頃からよく耳にしてたけど、何だかすごく特別な缶詰のような気がしてたな。大人しか食べれない特別な食べ物のような。

結局、子供の頃に「さけ缶」を食べたような気もするけど、食べてない気もする。味を覚えているような、いないような。食べたけど忘れてるのか、食べてないのか、記憶が曖昧。

なんてことを、スーパーの缶詰コーナーの前でしばらく考えてました。

それにしても、見慣れたデザインだよね、この缶。
思わず手にとってじっくり眺めてみました。

あけぼの さけ(からふとます)

ふーん、からふとますなんだね。

「さけ」じゃねーじゃん。

何だか長年だまされてたような気になって、インターネットで「あけぼの さけ」のメーカー「ニチロ」のサイトをチェック。

ますって「さけ科」だから、まあ「さけ」の仲間だし、「オホーツクサーモン」って呼ばれてるのも、この「からふとます」なんだね。

だまされてねーや。

----------------------------------------

まあ、そんなことがきっかけで、色々と缶詰を眺めている内に、ふと気がついたら、

ミサイル、すっかり缶詰のとりこ。

色んな缶詰があるんだね~。なんつって、

知ってたけど。

そりゃ知ってたけど、別に気に留めてなかったよね、今まで。

でも改めて眺めてみると、実に楽しいんだな、これが。

「かに缶」も随分と種類があって、値段の幅もすごい。

¥300~¥10,000まであるんですよ。

幅ありすぎだっつーの。

ほとんどの人は、¥10,000の缶詰を買うなら、¥10,000の生のかにを買うんじゃないかと思う。それが現実だろうけど、それでも缶詰を¥10,000で売ってるっていう、

気合がすごくね?

でもさ、多分¥10,000のかに缶には、生のかにじゃ味わえない「缶詰ならではの旨み」みたいなものがあるんだろうね。

旨みをほんの少しも逃さずに凝縮した感じの、

とんでもねー旨みが。

--------------------------------------

まあさすがに¥10,000の缶詰には手が出ないけど、とにかく「缶詰」という存在がやたら気になって、今まで気にしてなかった缶詰というものを、

気にして食ってみたい

と思ったわけですよ。

で、入門編というか、おさらいというか、今まで何回か口にした事のある缶詰を、あらためて味わってみよう、ということで買ってみたのが、

Yakitori_tare_01
ほていの「やきとり たれ味」


すげーなつかしい絵だよね、この絵。
缶の裏側には「つまようじ」が標準装備。
この辺の気配りもすばらしいね、ホテイフーズさん。

で、じっくりほおばってみると、

うんめー。

ちゃんと炭火焼の香りもするし。

--------------------------------------

やばいなあ、缶詰。
はまるね、缶詰。

次に買ってみたのが、

Saba_ajitsuke_01

これもうんめー。

身が引き締まってるくせに柔らかい絶妙な食感。
そして何といっても、骨まで食えるし。

骨の食感も独特だよね。
噛むと簡単にクシュってつぶれる感覚。

通常、ありえない食感だよね。

すげーな、缶詰。

---------------------------------------

というわけで機会があるごとに、今まで食べたことのある缶詰からおさらいしながら、

満喫していこうかと思います、
缶詰ライフ。

(意味ねーけど、倒置法)


はまりついでに、この本も買っちまいそうだぜ。

Boken_kanzume_01

「冒険缶詰」 ¥1,500
(ちょっと高ぇ。でも欲しい)

缶詰さんよ、俺をそんなに冒険させたいのかい。

--------------------------------------

ちなみに、こいつも気になるよね、かなり。

Vienna_01

両切りの煙草もロマンだけど、

両切りのウインナーも
ある意味ロマンじゃね?


ウインナーなんて普通に食えばいいんだけどさ、缶詰じゃないと味わえない香りがあるよね。それに何つっても、

両切りの部分からはみ出してる
身が気になってしかたねーし。


食うぞ、缶詰。

---------------------------------------

|

« 遥かなる想いースタ丼のテーマ | トップページ | さばカレー »

コメント

奥が深いッスね、、、缶詰。
「サバ缶」は好きですねー!あの、骨まで食べれちゃうとこも、、。
あとは、「オイルサーディン」と「コンビーフ」が好きです。コンビーフの缶は開ける作業もワクワクして、あのJUNKさもたまりません!どちらも、そのままは塩分高すぎなので「オイルサーディン」はパスタの具に、「コンビーフ」はキャベツと炒めて食します。

投稿: チャッピー | 2007年8月22日 (水) 13:56

さけ缶、子供のころよく食べました。
骨がおいしいんです!
身より骨が好きだったなあ。
さば缶は食べたことないんですけど、骨の食感は似ているのかも?
さけ缶のデザインってずっとこれだったかな。って写真見ながら記憶をたどっています。
朝日がでる感じの背景だった気もするのですが、思い違いかも…
とりあえず、赤と白の背景にサケ(マス?)という組み合わせは変わってないような気がします。

投稿: ゆすらうめ | 2007年8月22日 (水) 19:57

■チャッピーさん

コンビーフもいいよね~。あの鍵みてーな金属の棒で切り開けるメカニック感(笑)

コンビーフはその後に「料理」という大仕事をしなきゃいけなくて、まだ手を出してません(笑)

投稿: ミサイル | 2007年8月23日 (木) 08:57

■ゆすらうめさん

身より骨が好きな気持ち分かるなあ(笑)

いつかたどり着くであろう骨の食感を心待ちにしつつ身をたしなむのも缶詰ロマンですよね~(笑)

缶詰の絵に絵心を刺激されたら、是非描いて下さいね!

投稿: ミサイル | 2007年8月23日 (木) 09:05

缶詰・・・あ~・・・

我が家には、万が一何かあっても二週間は食いつなげるくらいの缶詰があります。
(昔は一か月分くらいあった・・)

うっかり気を抜いていると、賞味期限を超えていたりします。
もったいないので、時々気にして食しております。

もちろん、写真アップされた缶詰は全て取り揃えておりますです。

何故このようなことになるかと言いますと・・・

だめだ・・書けない・・・

投稿: たあじまはある子 | 2007年8月29日 (水) 12:57

■たあじまはある子さん

>だめだ・・書けない・・・

書いてくれ~、聞きてえ~。

缶詰屋かよ!っていうくらいの品揃えなんですね。
うらやましいなあ。

缶詰とあったかいご飯。
僕にとっては充分なごちそうです。

ミサイル"ジャンクグルメ"クーパー

投稿: ミサイル | 2007年8月30日 (木) 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/16198093

この記事へのトラックバック一覧です: 缶詰クーパー:

« 遥かなる想いースタ丼のテーマ | トップページ | さばカレー »