« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月23日 (日)

かにクラブのテーマ

かにクラブの曲の中に「かにクラブのテーマ」という曲があります。

ってゆーか「かにクラブのテーマII」もあるし「かにクラブのテーマIII」もあります。

おめーらは、そんなに「かにクラブ」が好きなのかよ!って呆れられそうですが、ただ今

「かにクラブのテーマIV」製作中。

-----------------------------------------

「テーマI」はロックに、「テーマII」はポップに、「テーマIII」はファンキーに。作るたびに色んな曲調に仕上がっていて、演奏するのもなかなか楽しいんですよね。

というわけで、今度のテーマIVは、

マーチ。

「サンバ」もいいなと思ったんだけど、どうせなら「III」がサンバだったらよかったよね。

III(3)だから、サンバ。

でも「III」はもう作っちゃったしね。
無理矢理IVをサンバにしたところで、

ヨンバだし。

------------------------------------------

いい曲に仕上がりそうな予感ですよ。
かにが、力強く縦横無尽に突き進んで行く感じ。

失礼、

横無尽に。

かにって、横にしか進まない。
それだけに「横」にはとても意味があると思うんですよね。

そんな、かにクラブの「横哲学」を描けたらいいな。

乞うご期待!

-------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

感無量。

こんばんは。
ミサイル“スタ丼イッツマイラブ”クーパーです。

スタ丼、スタ丼って
うるせーよ、馬鹿ミサイル。


って思われるかもしれないけど、言わせてくれ。
悪いけど、言わせてくれ。

今日の俺、感無量。

早速行ってきたんですよ。
オープンしたばかりの、

伝説のすた丼屋 明大前店。

かにクラブの広報、ミケランジェロ・ペスカトーレ(スタ丼好き かにクラブ第2位)と一緒に、店長さんにCDを渡しに、

という名目で、

スタ丼食いに。

-----------------------------------------

Sutadon_meidaimae_01

いいですね~。たくさんの花で飾られた新店。
残念ながらオープン初日には行けませんでしたけど、僕にはとても感動的。
このタイミングに行けるということは、

新たな歴史の証人みてーなもの。

ミサイル“スタ丼”クーパーとしては、それだけで感動なんですよ。

大袈裟だな、馬鹿ミサイル君

と思われよーが何だろうがいいんですよ。

しょーがねーじゃん、
好きなんだもん、スタ丼。


-----------------------------------------

店の前で、ちょうど来ていた部長さんに遭遇。
今日も最高の笑顔で迎えてくださって、食う前から、

まず幸せ1回。

笑顔は人を幸せにするよね。
そして、スタ丼を食って、

幸せ2回目。

スタ丼は本当に幸せにしてくれるよね。

そして、帰り際には店長がわざわざ来てくれました。
既に「スタ丼のテーマ」のCDを聴いてくださっていたようで、「CD聴いてかっけーって思いましたよ」と言ってくれました。

幸せ3回目。
(かっこいいじゃなくて、かっけーって表現が幸せ感増量)

どこの馬の骨だかわからない、かにクラブだっつうのに、
ほんと、いい人ばっかりで感動しちゃいますよね。

そして、もらっちゃったぜエブリバディ。
オープン記念の、

Okite_goods_01

掟グッズ。

伝説すた丼の店を象徴する「掟」の文字が刻まれた、

高級御塗箸(こうきゅうおぬりばし)

これを使えば、どんなものでもスタ丼に変わる魔法の箸だったらいいな、と妄想しながら、

幸せ4回目。

こんな短時間で幸せ4回って、

俺を殺す気ですか、
アントワークスさん。

(死因:幸せ死)

-------------------------------------------

幸せの弾丸に風穴を開けられながら店を後にして、駅前のドトールへ。

あーでもねーこーでもねーとスタ丼談義を交わしている所に、ある方と偶然合流。せっかくなのでスタ丼を食べて頂こうと、もう一度お店へ。

すると何とそこには、幸せのクライマックスが!

早川社長が居るじゃん!

世界でいちばんスタ丼を食べ、世界でいちばんスタ丼を愛している男「早川秀人」が、

世界で2番目にスタ丼を食べてはいないけど、世界で2番目にスタ丼を愛しているといってもまんざら大袈裟ではない男「ミサイル・クーパー」の目の前に!

その早川社長が、握手の手を差し出してくれました。

感無量。
(もう幸せ何回目かわかんねーや)

社長の手から、眼から、全身から、近い将来全国制覇を実現する男のパワーが伝わって来ましたね。

店が混雑していてあまり言葉は交わせませんでしたけど、充分感動的な時間でした。

いつか、

社長の作ったスタ丼が食いたいっす。

そんな夢がかなったら最高ですね。
早川社長、すげーかっこいい人でした!

-----------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

ラミーサファリ2007限定カラー「ホワイト」

こんばんは。
ミサイル“祝!伝説のすた丼屋 明大前店オープン”クーパーです。

最近ミクシィのLAMYコミュで知ったんですけど、ラミーサファリ2007限定カラー「ホワイト」が出たんだってさ。

馬鹿にしてもらっちゃ困るね、LAMYさん。

ホワイトは廃盤カラーでしたよね。
他のカラーに比べて人気がなかったから廃盤カラーなんだと思うんですよ。それを「限定」って言い直せば、

俺がだまされるとでも思ったか。

と、けしからん気持ちで詳しくネットで調べてみたんですよ。

一応気になって。

-----------------------------------------

ふうん、なるほどね。廃盤になったラミーホワイトはマットホワイトだったけど、限定の方は「艶ありホワイト」ですか。

クリップは黒じゃなくてシルバーね。で、ペン先も黒じゃなくてシルバー、と。

いいじゃん。
グロッシーなトータルコーディネート。

正直、踊らされてんじゃねーの感もあるけど、そんな贅沢を言えるのも、今はまだ手に入る状況であるが故の贅沢かも知れない。

つまり今はまだ、コーディネートはやっぱり、

こうでねーと。

なんていうダジャレのひとつも言える余裕があるけど、うかうかしてると売り切れちゃって、コーディネートはやっぱり、

ああでねーと。

と手の届かないところを指さすはめになるかも知れない。

3990円(税込)だもんね。一生後悔するなら買っとくべきだよね。
というわけで

Lamy_2007_white_01_5    

結局ゲッツ。
(K.K.G)

---------------------------------------------

今回の企画はボールペンとの抱き合わせ販売という、ちょっぴりやくざなラミーさん。

ところが銀座伊東屋では万年筆単体で買えるという情報を小耳にはさみ、はさんだまま伊東屋へ。

ペン先はMをチョイス。カートリッジインクのカラーも選べるっつうことで、未体験だった「ターコイズ」をチョイス。

ペン先Mっていいですね。たっぷりさらさらな筆記感。

無垢な白ボディの先に輝く銀のペン先から流れ出るターコイズ色の河。ターコイズってインクの濃淡がよく出てすげー表情豊かなんだと知る。

ああ死ぬ。

買ってよかったなあ。
僕のサファリコレクションの中で一気に上位にランクインだね。

----------------------------------------------

というわけで、同時発売の限定「ブラック」も、買っちゃうんだろうな、俺。

ラミー馬鹿万歳!
(L.B.B !)

----------------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

「スタ丼のテーマ」がスタ丼のBGMに!

こんばんは、ミサイル・クーパーです。
世界中のかにクラブファンの皆様へ大ニュースです!

過去記事「遥かなる想い-スタ丼のテーマ」でお伝えしましたように、「スタ丼のテーマ」をライブで演奏すること、CDの販売を快く承諾してくださり、その上ライブまで観に来てくださった(株)アントワークス(伝説のすた丼屋)さんの、

粋なはからい第2弾。

何と、我がかにクラブの「スタ丼のテーマ」が、(株)アントワークス(伝説のすた丼屋)の公式サイトにある「求人プロモーションビデオ」の、

BGMに採用されました!
(やべー、すげー)

「伝説のすた丼屋」の男気あふれる映像がかっこいい!
効果音も、タイミングもかっこいい!

僕らの曲も歌詞も効果的に活かされていて、緻密な計算を感じさせる素晴らしいメイキングです。必見ですよ。

-----------------------------------------

伝説のすた丼屋の合言葉は

「掟」

絶対の
「掟」が在す領域
宇宙最強を至上とせし
伝説の「すた丼」
此処に在り

なんていう男気あふれるキャッチフレーズなんかもあるんだけど、映像の中には社員の笑顔がたくさん出てくる。そこがとてもいい感じ。

サイトには、すた丼を生んだ先代の口癖が載ってるんですけど、これがまたいいんですよ。

「すた丼を食ってしあわせになろう」

ですよ。

スタ丼っていうのは、単なる「丼」ではなくて、食べた人を幸せにしてくれるパワーがあると思うんですよね。

そんなスタ丼のBGMに採用していただいた僕らも、かにクラブの曲を聴いて幸せになってくれるバンドになれたら最高ですね。

-----------------------------------------

ところで、その「求人プロモーションビデオ」ですが、(株)アントワークス公式サイトの、こちらのページから見ることができます。

http://www.antoworks.com/job-lead/

PC環境によっては一部見れない場合もあるようですが、You Tubeでも公開されていますので、下記のURLからも見ることができます。

http://youtube.com/watch?v=wpWaLbBQirU

とにかくかっこいい仕上がりなので、必見です。
スタ丼の魅力に引き込まれますよ。

応募したくなるぞ。

------------------------------------------

全国制覇に向けて快進撃を始めた「伝説のすた丼屋」ですが、今週9/19(水)には、明大前店がオープン!

オープン3日間は、各日先着300名に「掟グッズ」プレゼント。

掟グッズって、

よくわかんねーけど、
すげー欲しい。

近々、かにクラブのメンバー全員で、リハの後に視察ツアーも計画中。

ってゆーか、個人的には

さっそく今週行きたいんですけど。
(掟グッズもらえるかもしれねーし)

お近くの方はぜひ!
ってゆーか、お近くじゃなくても、

わざわざ行けエブリバディ。

スタ丼食って幸せになろうぜ!

-------------------------------------------

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ライブ大成功!9/9 四谷アウトブレイク

こんばんは、ミサイル・クーパーです。

9/9のライブすごかったですよ。
楽屋からステージに出た瞬間、あせったね~。

超満員じゃん。

ステージにかぶりつきの人から、会場の後ろまで、人、人、人。
SEに合わせて、のっけから「かに!かに!」コール。

照れるっつーの。

1曲目「タカアシガにと高橋君」の演奏のあと、お客さんと挨拶を交わしたところまではいつも通り。でもあまりのリアクションの良さに、

その後話すこと、
全部忘れちゃったぜ。

(あれ、演技じゃないからね)

でも、僕が話すこと忘れても、噛んでも、何言っても盛り上がってくれるお客さんのお陰で、

超リラックス。

ありがとうね、みんな。
最高だったよ。

--------------------------------------------

今回は、NEWシングル「スタ丼のテーマ」発売ライブという事もあって、ちょっとしたイベントを計画。

ただ「スタ丼のテーマ」を演奏するだけじゃなくて、

本物の「スタ丼」を
ステージで紹介したい。


というわけで、本番前にメンバー4人で「伝説のすた丼屋 早稲田店」へ。

お持ち帰りの「スタ丼」を買いに。

&スタ丼を食いに。
(来れなかったナイス君、ごめんね)

--------------------------------------------

店に着くと、かにブログにコメントを下さった早稲田店の店長さんが「かにクラブさんですね」と声をかけてくれました。

いきなり感動。

そりゃ僕らはスーパーロックスターですけど、最高のスタ丼を提供してくれる店長は、

僕らにとってのスーパースター
だからね。


みんなでスタ丼を食べて、ステージお披露目用にお持ち帰りのスタ丼を買いました。
そして完成したばっかりのNEWシングル「スタ丼のテーマ」を店長にお渡しして、再びライブハウスへ。

スタ丼食って、
スタ丼渡して、
スタ丼歌いに帰るかにクラブ。


--------------------------------------------

さて、話をライブに戻しましょう。

とにかく超ノリノリのお客さんと一緒に、最高のスーパーロックショーは進み、本日のクライマックス「スタ丼のテーマ」へ。

先ほど買ってきたスタ丼をステージでお披露目。

これが
伝説のスタ丼だぜエブリバディ。


お客さんも興味津々で、身を乗り出してスタ丼を凝視。

一通りスタ丼の説明をして、

ミサイル、ひとくち試食。

みなさんに一言いっておきたいね。

冷めてもうめーぜエブリバディ。

そして「スタ丼のテーマ」を演奏!

さっきスタ丼食ったくせに
またスタ丼食ってから
スタ丼を演奏。


----------------------------------------------

そして、おなじみの「かにクラブのテーマII」そして「かにクラブのテーマIII」を演奏して、大歓声の中、ショーは幕を閉じたのでした。

客席から「スタ丼食わせて!」という声があったので、スタ丼をプレゼント。

「うめー!」という声を背中に聞きながら、楽屋に帰るかにクラブ。

何だか不思議な感覚なんですけどね、スタ丼を「旨い!」って言ってもらえると、何だかすっげー嬉しいんですよ。

僕らがスタ丼を作ったわけじゃないんだけど。

------------------------------------------------

そしてこの日は、(株)アントワークス(伝説のすた丼屋)のスタッフの方が2名、僕らのライブを観に来てくださいました。そして「スタ丼のテーマ」のCDもお買い上げいただきました。ありがとうございます!

店舗開発担当の方と、部長さんが来て下さったのですが、部長さんは自ら厨房に立ってスタ丼を作ることもある方で、1度部長さんの作ったスタ丼を食べたこともあったんですよ。

炎の前で黙々と手際よくスタ丼を作っていたあの男、

の手には今、「スタ丼のテーマ」

もう何だかよくわかんねーけど、とにかく感動ですよ。

18歳の頃から慣れ親しんだスタ丼の店のスタッフ方々が、僕らの「スタ丼のテーマ」のCDを手にしている光景。ほんとに嬉しかったんですよね。

しかもライブ中も終始笑顔で、他のお客さんと一緒に前の方で聴いて下さっていて、ほんと嬉しかったなあ。

エブリバディ、何度も言うけど、

この人柄が、
スタ丼には詰まってるんだぜ。


-------------------------------------------------

そんな、かにクラブにとって感動的な裏話も含みながら、たくさんのお客さんに盛り上げて頂いた9/9のライブ、

本当に最高の夜でした!

客席からのパワーが、僕らのパワーを引き出してくれた、そんな心から楽しめる時間を作ってくれた、みなさんに心から感謝します。

かにクラブ、これからも頑張ります!

次は11/3(土)、東高円寺ロサンゼルスクラブでお会いしましょう!

ありがとう!

-------------------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

かにクラブワールドツアー2007 四谷アウトブレイク!

ミサイル“どん兵衛の天そばの天ぷらってありえねーほどサクサクだよね”クーパーです。

さて、みなさん。
明日は、かにクラブWORLD TOUR 2007 東京公演、四谷OUTBREAK!ですね。

ハンカチ、ちり紙、財布、定期、カメラ、色紙、携帯、眼鏡。
忘れ物はありませんか?

台風も去って、いい天気。
去り行く夏のひとコマを、かにのメロディーで彩るご機嫌なステージへレッツゴー。

-----------------------------------------

ってゆーか、少し前まで、大変だったんだよね。
風邪は治ったんだけど、咳が止まらなくて。

今はかなりおさまったんだけど、念のため昨日はコンビニで、

Nodoame_01
エスタックのど飴、購入。

ちなみにこれは「青りんご味」。

だったら青りんごなめりゃいいじゃん。

なんてことも思ったんだけど、この飴はなかなかですよ。

実際なめてみると「青りんご味」を中心に、その奥に明らかな薬用成分の味を感じる。

そうだなあ、僕の皮膚感覚で言うと、

塩化セシルピルジニウム:6mg
グリチルリチン酸ニカリウム:15mg
キキョウ流エキス:1200mg
っぽい味がするね。

(皮膚感覚だけどね)

いいですよ、これは。
薬用成分が浸透して、ほんとに楽になる。

-----------------------------------------

そうそう、「エスタックのど飴」と一緒に、もう1個買い物したんだ。

マールボロミディアム。

ってゆーか、馬鹿ミサイル君。
そもそも煙草が咳を長引かせてる原因じゃないのかね。

って思いましたか。
まったくもって、ごもっともです。

確かに、せっかくのど飴が効いても、煙草の煙で台無しのような気もしますね。
のど飴買った意味がないですよね。

つまり僕は「エスタックのど飴」を買ったんだけど、

買ってねーっつうか。

というわけで、天才ミサイル・クーパーの「買い物日記」じゃなくて、

「買ってねー物日記」でした。

------------------------------------------

なんて、くだらねーこと書いてる内に、肝心なこと忘れてないですよね、みなさん。

明日9/9(日)は

かにクラブのLIVEですよ。

みんな来てね。
出演は20:30頃の予定です!

-------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

銀座クーパー

こんばんは。
ミサイル“銀座なのにランチは吉野家”クーパーです。

銀座のモンブランショップに行ったときのこと。

文具ファンのみなさんは、きっと銀座の伊東屋に行かれると思います。その時はぜひモンブランショップにお立ち寄りくださいね。

-----------------------------------------

まず入る前から気になって仕方ねーのが、ガラス越しにも見える店員さんの、

片手だけ白手袋。

高級品を取り扱う証なんだろうけど、あの白手袋って

バスガイドっぽくね?

空間と光を体感できる1階から3階までが吹き抜けになった店内。
吹き抜けのビルの中央には、3Fまで続く透明な階段。

この階段すごいですよ。

段がすべて透明。
3Fに居る僕の足元からは、何と1Fが見下ろせるのです。

それはもう開放感っつーか、

絶叫マシーンだね。

高所恐怖症の人は間違いなく足がすくむので注意。

-----------------------------------------

開放感と高級感あふれる空間に整然と並べられたモンブラングッズの数々。

筆記具以外にも色々あるんですね。

鞄、手帳、時計、ジュエリー、革製品 などなど。

ああ、筆記具メーカーであるモンブランのトレードマークが光る、

筆記具以外の数々。

ごめんね、僕にとってそれらは、

ZIPPOのサンダルみてーなもの。
(サンダルじゃ煙草吸えねーし)

---------------------------------------

でもね、そうは言ってもモンブランのロゴはかっこいいね。

Montbrank_diary

モンブランのロゴが型押しされた綴じ手帳の前では思わず立ち止まってしまいました。

すると女性の店員さん(正にバスガイド)が、ショーケースから手帳を取り出して見せてくれました。

毎年リフィルを交換して使えるタイプのレザーカバー。
作りがとてもしっかりしていて、年月とともに深みを増す風合いを楽しみながら、長年使えそうな手帳でした。リフィルもしっかりした作りで、1年間頼もしいパートナーになってくれそう。

値段をたずねてみると

¥21,000

軽く衝動買いできる価格じゃないけど、せっかくなので非常にすばらしい作りであることを伝えると、店員さんもリフィルの裏写りなど、細かな点まで色々と説明をしてくれました。

文具好きのハートに火をつけられながらも、僕にはちょっと高すぎる手帳を丁寧にお返しして、店を後に。

--------------------------------------

いや~楽しいね。

やっぱり良質な文具に触れると、心が豊かになるよね。
熱心に説明をしてくれた店員さん(バスガイド風)にも、僕の文具熱が伝わったのかな、ふふふ。

なんて思いながら、店の外で一服しようとポケットに手をかけた瞬間、

オーマイガーッ。

ブログを読んでくださってる方はご存知のとおり、僕は文具好きです。

モンブランの万年筆こそ持ってないけれど、LAMY2000やペリカンスーベーレーンを愛用してたり、モールスキン相手に人生を語り合っちゃったりしてるわけですよ。

モレスキンとは呼ばねーけど。

しかも、万年筆はもちろん、ボールペンやローラーボールやシャープペンシル、はたまた鉛筆も手放せないほど、ペンの書き味中毒なわけですよ。大好きなんですよ、ペン。

それなのに、事もあろうにですよ、
その日の僕のポケットに挿さっていたペンは、

SARASA
(税込み¥105)

この銀座モンブランショップにおいて、まったくもって

不似合いな客。
(税込み¥105だからね)

店員さん、実は思ってたのかな。
こいついろいろ質問するけど、

絶対買わねーな、って。
(っつーか買えねーけど)

------------------------------------------

まあ、今年の猛暑は、連日僕の天然パーマ内をスチーム状態にしてくれるお陰で、その日店員さんと話してる時も、僕の髪の毛は、

驚くほどウェービー
&毛先はすべてあらん方向へ。

そっちの方が気になって

SARASAに気づいてねーかも。
(天然パーマおとり大作戦)

天然パーマも時には役立つもんだね。(立たねーよ)

-----------------------------------------

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »