« カレーラムネ | トップページ | かにクラブワールドツアー2007 四谷アウトブレイク! »

2007年9月 7日 (金)

銀座クーパー

こんばんは。
ミサイル“銀座なのにランチは吉野家”クーパーです。

銀座のモンブランショップに行ったときのこと。

文具ファンのみなさんは、きっと銀座の伊東屋に行かれると思います。その時はぜひモンブランショップにお立ち寄りくださいね。

-----------------------------------------

まず入る前から気になって仕方ねーのが、ガラス越しにも見える店員さんの、

片手だけ白手袋。

高級品を取り扱う証なんだろうけど、あの白手袋って

バスガイドっぽくね?

空間と光を体感できる1階から3階までが吹き抜けになった店内。
吹き抜けのビルの中央には、3Fまで続く透明な階段。

この階段すごいですよ。

段がすべて透明。
3Fに居る僕の足元からは、何と1Fが見下ろせるのです。

それはもう開放感っつーか、

絶叫マシーンだね。

高所恐怖症の人は間違いなく足がすくむので注意。

-----------------------------------------

開放感と高級感あふれる空間に整然と並べられたモンブラングッズの数々。

筆記具以外にも色々あるんですね。

鞄、手帳、時計、ジュエリー、革製品 などなど。

ああ、筆記具メーカーであるモンブランのトレードマークが光る、

筆記具以外の数々。

ごめんね、僕にとってそれらは、

ZIPPOのサンダルみてーなもの。
(サンダルじゃ煙草吸えねーし)

---------------------------------------

でもね、そうは言ってもモンブランのロゴはかっこいいね。

Montbrank_diary

モンブランのロゴが型押しされた綴じ手帳の前では思わず立ち止まってしまいました。

すると女性の店員さん(正にバスガイド)が、ショーケースから手帳を取り出して見せてくれました。

毎年リフィルを交換して使えるタイプのレザーカバー。
作りがとてもしっかりしていて、年月とともに深みを増す風合いを楽しみながら、長年使えそうな手帳でした。リフィルもしっかりした作りで、1年間頼もしいパートナーになってくれそう。

値段をたずねてみると

¥21,000

軽く衝動買いできる価格じゃないけど、せっかくなので非常にすばらしい作りであることを伝えると、店員さんもリフィルの裏写りなど、細かな点まで色々と説明をしてくれました。

文具好きのハートに火をつけられながらも、僕にはちょっと高すぎる手帳を丁寧にお返しして、店を後に。

--------------------------------------

いや~楽しいね。

やっぱり良質な文具に触れると、心が豊かになるよね。
熱心に説明をしてくれた店員さん(バスガイド風)にも、僕の文具熱が伝わったのかな、ふふふ。

なんて思いながら、店の外で一服しようとポケットに手をかけた瞬間、

オーマイガーッ。

ブログを読んでくださってる方はご存知のとおり、僕は文具好きです。

モンブランの万年筆こそ持ってないけれど、LAMY2000やペリカンスーベーレーンを愛用してたり、モールスキン相手に人生を語り合っちゃったりしてるわけですよ。

モレスキンとは呼ばねーけど。

しかも、万年筆はもちろん、ボールペンやローラーボールやシャープペンシル、はたまた鉛筆も手放せないほど、ペンの書き味中毒なわけですよ。大好きなんですよ、ペン。

それなのに、事もあろうにですよ、
その日の僕のポケットに挿さっていたペンは、

SARASA
(税込み¥105)

この銀座モンブランショップにおいて、まったくもって

不似合いな客。
(税込み¥105だからね)

店員さん、実は思ってたのかな。
こいついろいろ質問するけど、

絶対買わねーな、って。
(っつーか買えねーけど)

------------------------------------------

まあ、今年の猛暑は、連日僕の天然パーマ内をスチーム状態にしてくれるお陰で、その日店員さんと話してる時も、僕の髪の毛は、

驚くほどウェービー
&毛先はすべてあらん方向へ。

そっちの方が気になって

SARASAに気づいてねーかも。
(天然パーマおとり大作戦)

天然パーマも時には役立つもんだね。(立たねーよ)

-----------------------------------------

|

« カレーラムネ | トップページ | かにクラブワールドツアー2007 四谷アウトブレイク! »

コメント

モンブランは、使う人を恍惚の世界へいざなってくれます。
モンブランショップは、いわばそこへ行くためのバス。
だから、店員はバスガイドなんですね。

私もそろそろモンブランショップへ行く用事があるのですが…ミサイルさんを意識して、100円ペンを胸ポケットに挿して行こうかな(笑)
SARASAとかsignoとか、クリップも優秀なのでつい胸ポケットに挿したくなりますよね〜。

投稿: ミケランジェロ | 2007年9月 8日 (土) 11:00

■ミケランジェロさん

>モンブランショップは、いわばそこへ行くための
>バス。だから、店員はバスガイドなんですね。

なるほど、そうだね。
素敵な小噺だなあ。(笑)

ミケさんはモンブランユーザーだもんね。
あえて胸にはSARASAを!またはオレンジのBICを!
耳には赤鉛筆を!

投稿: ミサイル | 2007年9月 8日 (土) 14:29

心には花束を!唇には火の酒を!(byジュリー)

そして

晩飯には「スタ丼」を!

# なんとなく繋げてみたくなっただけです(_0_)

投稿: やまかつ | 2007年9月 9日 (日) 03:10

■やまかつさん

そして、スタ丼のヘビーユーザーになると、

「朝食にもスタ丼を!」も可能になります(笑)

投稿: ミサイル | 2007年9月10日 (月) 03:42

透明な階段、、、しかも3階まで!
読んでいるだけで、がくがくしてきますw

高所恐怖症なばかりに、行けない場所多い!

投稿: チャッピー | 2007年9月10日 (月) 13:37

■チャっピーさん

↑ひらがな混じっちゃったけど、直さねー(笑)

モンブランショップの階段、こわいよ~。
昇りは割りと気にしないで行けるんだけど、降りる時がほんとに怖い!

そのために行ってみるのもいいね。
意味ねーけど(笑)

投稿: ミサイル | 2007年9月11日 (火) 03:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/16377810

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座クーパー:

« カレーラムネ | トップページ | かにクラブワールドツアー2007 四谷アウトブレイク! »