« 木々のように | トップページ | 赤鼻のトナカイ »

2007年12月 1日 (土)

ひとりロマン(リクライニング編)

新幹線に乗って座席をリクライニングしながら思ったことを。

ほんのちょっと角度が変わるだけで不思議と心までリラックスするものだよね。

息の詰まりそうな会議も、みんな椅子をリクライニングした状態でやってみるってどうよ。

議題は深刻なのに、全員すげーリラックス。

リラックスしていいアイデアが出てくるかもよ。

ただ困ったことに、どんなに謙虚な意見を言っても

偉そうな姿勢だよね。

逆に、偉そうな姿勢で怒られてみるってのも面白いね。
怒る方も怒られる方も偉そうなの。

怒り倍増させて、会議が長引いちゃかなわねーから、一応頭下げとこうかって思うんだけど、 リクライニングした姿勢から頭下げるのって、

腹筋に効きそうだよね。

--------------

なるほど、リクライニングっていうのは

頭を下げるのには向かない姿勢

ってことなんだね。

つまり、リクライニングしてる時っていうのは頭を下げる必要のない平和な時間でもあるわけだな。

たかがリクライニング、されどリクライニング。
ちょっとした平和な時間を意識して楽しんでみるのもいいね。

後ろの人には軽く頭を下げてからね。

---------------

|

« 木々のように | トップページ | 赤鼻のトナカイ »

コメント

ついこの前、「会議リクライニング」している人に遭遇しました。

もちろん、会議室の椅子にリクライニング機能などついているはずもなく、
「自分で腰の位置をずらして」のリクライニング・・

しかも、「椅子を二つ使っての一人リクライニング」状態でした。

周りはどん引きでしたが、本人は依頼のときでもその姿勢・・
もはや「お願い」でなく「命令」でした。


結論・・「会議リクライニング」できる人は、決して頭を下げない・・つまり
「腹筋は使わね~」ってことです!!

投稿: たあじまはある子 | 2007年12月 5日 (水) 09:41

■たあじまはある子さん

「腰位置ずらしリクライニング」は簡易リクライニング法の庶民的な方法のひとつとして広く浸透しており、そのバリエーションとして「椅子二脚法」があるわけですが、会議じゃやんねーな。

でも「みんなも上着を脱いでリラックスして」と勧めてくれる上司みたいに「みんなも椅子二脚使ってリラックスして」って勧めてくれる上司なら、むしろナイスな上司ですね(笑)

そういうてきとうな会社ねーかな~(笑)

投稿: ミサイル | 2007年12月 6日 (木) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/17244358

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりロマン(リクライニング編):

« 木々のように | トップページ | 赤鼻のトナカイ »