« 穴 | トップページ | ビームステーショナリー:BEAMSTATIONARY »

2008年4月14日 (月)

着接話法

今日は、秒刻みで働いているビジネスマンのみなさんへ、
ミサイル・クーパーからの提案です。

みなさんは同僚をランチに誘うときに何と言って誘ってますか?
おそらく多くの人は無意識に

「これからランチ行かね?」

という感じで誘っていると思います。

しかし、実はそこに時間の無駄が生じていることに気づいていない方が多いことも事実です。

---------------

秒刻みのビジネスマンなら「これからランチ」などとのんびりしたことは言ってはいられません。
さっそく今日から言い方を変えてみましょう。

これからンチ。

この話法を私は言語学的な見地から「着接話法」と定義しています。
「着接話法」の定義はいたって簡単です。
同じ文字が重なるときに、最初の文字のみを活かし後の文字を省略する。もしくは

省略しる。

それだけです。
この「着接話法」を用いることで、発音がしやすくなるのは勿論のことですが、同時に「時間短縮」という大きなメリットがあることも、現代のビジネスマンにとって見逃せないポイントだと言えます。

1文字短縮。たった1文字ではありますが、この一瞬の時間こそがビジネスチャンスを左右すると言っても過言ではないでしょう。

---------------

ここで、着接話法の応用編にも少しだけ触れておきましょう。

着接話法を用いた「これからンチ行かね?」を更に短縮するための応用編がこちらです。

これからンチかね?

2文字短縮。
あなたのビジネスチャンスはまた更に大きく広がることでしょう。

実際に口に出して言ってみてください。
あまりに自然な響きにきっと驚愕されることでしょう。

--------------

さて、特別に今日は、もうひとつオプションをご紹介してしまいましょう。ご紹介するのは「語尾下げ」と呼ばれるテクニカルな話法です。
これを使うことによって、更に違ったシチュエーションへの応用が可能となります。

まずはさっそく語尾を下げて実際に言ってみましょう。
皆さんご一緒に。

これからンチかね。

どうですか。
さっきまで同僚同士の会話だったのが、この「語尾下げ」のオプションを用いると、上司が部下に向かって「これからランチかね?」と穏やかに尋ねるシチュエーションにも応用できることがおわかりいただけるはずです。

--------------

・飯食いに行かね? → 飯食いにかね?

・早く逢いたい   → 早かいたい

・仕事終わった?  → 仕事わった?

色々ありますね!
さあ、忙しいビジネスマンのみなさん、「着接話法」をマスターして、時間の有効利用、そして深みのある日本語表現を体感してみてはいかがでしょうか。

---------------

|

« 穴 | トップページ | ビームステーショナリー:BEAMSTATIONARY »

コメント

着接話法、早速ためしてみましたのでレポートします。

「スモモも桃も桃のうち」→「すものうち」
なんと40%に圧縮!!
おまけに言い易い!!

なんと早口言葉を簡単に言えるという効用まであることが明らかになりました。ビバ!着接話法!!

投稿: やまかつ | 2008年4月18日 (金) 20:47

■やまかつさん

>「スモモも桃も桃のうち」→「すものうち」

これは気づかなかった!(笑)
早口言葉の歴史を塗り替えるとんでもねえアイデアだ(笑)
ブラボー。

投稿: ミサイル | 2008年4月20日 (日) 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98972/40893422

この記事へのトラックバック一覧です: 着接話法:

« 穴 | トップページ | ビームステーショナリー:BEAMSTATIONARY »