2005年9月16日 (金)

徒然なるままに、釣る

今夜、仕事が終わったら釣りに行こう。
決めた。急に決めた。
----------------------------------------

河口湖へ。狙うはブラックバス。
と言ってもスナイパーみたいに命を狙うわけじゃない。
遊んでもらったらまた湖へ帰す。見送る。

一期一会。

さよなら、また。

----------------------------------------

湖畔まで、片道2時間~2時間半。
奥田民生を聴こう。ジョンレノンを聴こう。

かにクラブを聴こう。

----------------------------------------

着いたら深夜。
まだ起きてるバスを誘ってちょっと遊ぶ。
ちょっと遊んだら寝る。

----------------------------------------

宿は愛車。
と言っても貧乏旅行ではない。
フルフラットになるシートはセミダブルベッド並みに快適だ。

至福の自由空間だ。

ギターを弾くかもしれないし、弾かないかもしれない。
その時の気分次第でいい。

---------------------------------------

寝転んで考える。
色んなことを考える。
色々なことをリセットする。

月明かりと星空を見つめて、
楽しいような淋しいような気持ちで

眠る。

おやすみ、また。

----------------------------------------

5時に起きよう。
起きれたら釣る。起きれなかったら起きたときに釣る。

少し釣ったら少し休む。
水面を見ながら、景色を見ながら、空を見ながら。
そして煙草を吸う。

火をつけた瞬間から、火を消すまで、
煙はずっと漂うのだろう。
そして想いも煙のように絶え間なく
浮かんでは消え、浮かんでは消え

大切な何かが浮かんだら
大好きなロディアにメモしよう

-----------------------------------------

僕はロディアと頭と心の中に
多分とても大切なものをメモして
都会の喧騒の中に帰る

湖、空、木々、ブラックバス

さよなら、また。

----------------------------------------
【釣果速報】

bass050917ひんやり涼しい夜とは一転して、昼間は快晴。また釣り焼け(笑)
バスの反応は厳しかった。朝からゲットしたのは2匹。

3連休なので、14時には河口湖を出発しなければ大渋滞にハマる。残りの1時間は餌つりに変更してブルーギルを釣る。立て続けに11匹ゲット。居ればすぐ食う。いやしい魚だ(笑)

ブラックバスは2匹だったけど、この景色。水、空、雲、木々。バス釣りっていうのは、そのすべてを釣るんだと思う。

最高の休日でした。


----------------------------------------

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

夏の釣り師

昨日は夏季休暇を取って、ギターのナイスと「かにクラブフィッシングクラブミーティングin河口湖」(語呂の悪さ最強)に行ってきました。狙う獲物は黒い相棒「ブラックバス」です。ってホントは黒くないんだな、ブラックバスって。

日焼け止めを塗ったのですが、手首より先の塗りが甘かったらしく、そこだけ嫌~な焼け方になってます。

ルアーフィッシングは、生命感の無いルアーに生命を吹き込む「アクション」を作るのが肝なので、基本的に「常に投げて巻き続ける釣り」です。つまりエサ釣りのように「竿置いといて日陰で一服すっかなあ」みたいな場面は無く、腕は常に太陽の下にさらされているわけです。

で、ルアーフィッシングの基本フォームの都合上「左手首側面内側」と「右手甲」だけが妙によく焼けるわけです。これをバス釣り業界では「バス焼け」と呼んでいます(嘘)

落ち着くまでの赤さってかっこ悪いんだよね。
僕は万年筆はサファリのイエローを愛用してますが、筆記時なんてヤバイですよ。サファリが黄色で、手の甲が赤で、甲以外が肌色で、自分でツッコんでしまいそうです。

俺の手は、チンドン屋かよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)